たもぎ茸の栄養成分の健康効果、免疫力を高める効能の特徴

たもぎ茸の栄養成分の健康効果、免疫力を高める効能の特徴
今回のテーマは、

たもぎ茸の栄養成分の健康効果、
免疫力を高める効能の特徴

について紹介します。

たもぎ茸には免疫力を高める
働きだけでなく、

黄色い色素には高い
抗酸化作用があります。

茸はおいしいだけでなく、
健康維持にも大変役立つ食材です。

そんなキノコの中でも
最近出回り始めて注目されているのが

たもぎ茸です。

形はしめじや舞茸に
似ているのですが、

笠は小ぶりでやや平べったく、
小さな房に分かれています。

特筆すべきはその色で、

初めて見る人はちょっと
びっくりするような鮮やかな黄色をしています。

スポンサーリンク

色の濃い作物は高い抗酸化作用を
持つと考えられています。

植物の色素は、紫外線の
害から自身を守るためのものだからです。

たもぎ茸の黄色も、
身体の酸化を防ぎ、

老化を送らせる働きがあるのでは
ないかと考えられています。

また、たもぎ茸は免疫力を高め、

抗ウィルス作用、
抗腫瘍作用の高いβグルカンが、

キノコの中でも非常に
多く含まれています。

注目されたばかりのキノコで、
現在も様々な研究が行われている
ところですが、

抗がん物質を含んでいる
可能性も示唆されています。

そしてなんと言っても美味しいのです。

うまみ成分である遊離アミノ酸の
含有率が他のキノコに比べて高く、

こくのある深い味わいとなっています。

さらにアミノ酸にも抗がん作用が
あるのではないかと思います。

たもぎ茸は、美味しく食べて
健康になるキノコです。

たもぎ茸の栄養成分の健康効果、
免疫力を高める効能の特徴を良く知り、

生活習慣予防に、ぜひ毎日の
食卓に取り入れてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。