笑いは免疫力、デトックス力がアップする病気予防の最高の方法

笑いは免疫力、デトックス力がアップする病気予防の最高の方法
今回のテーマは、

笑いは免疫力、デトックス力が
アップする病気予防の最高の方法

について紹介します。

笑いは、便秘を解消したり、
血圧、血糖値を下げたり、

さらに免疫力を高めて
ガンなどの病気を予防する
働きがあります。

喜怒哀楽と言った感情の動きは

脳から自律神経に伝わり、
私たちの身体の各部に
変化を起こします。

笑うのにお金もかからず
手間も労力もかかりません。

幸せな気分になれて
健康にもなれる。

笑うだけで免疫力、デトックス力が
アップするわけです。

病気予防の最高の方法と言えるの
ではないでしょうか。

スポンサーリンク

笑いと自律神経の関係

自律神経は、

興奮を作る交感神経と、
逆に興奮を鎮める副交感神経
から成り立っています。

怒りや悲しみ、不安やストレスなど
ネガティブな感情は交感神経を刺激し、

心臓の鼓動や呼吸を速め、
血圧を上げます。

また交感神経は肝臓に対して
直接的に、

またホルモン分泌を通じて間接的に

糖の新生を促し血糖値を上昇させます。

さらにその交感神経の緊張が続くと
胃腸が十分に機能しなくなり、

その結果、胃炎や胃潰瘍、便秘を
引き起こす事になります。

逆に笑う事は副交感神経を刺激し、

全身の筋肉の緊張を解きほぐします。

血圧や血糖値は安定し、
十分な血液が胃や腸に流れ込み
働きを活発にします。

笑いで免疫力、デトックス力がアップする

笑いの効果はそれだけでなく、

笑う事は、口を開て
息を思い切り吸い込み

声を出し、お腹をよじったり
手足をばたばたさせたりと言った
身体の動きが伴います。

これらの動作は、意外に筋肉を使い
特に腹筋が鍛えられます。

排便は腹筋によって便を
押し出す訳なので、

笑う事で腹筋を使う事は、
すなわち排便力をアップさせる
デトックス効果もあるのです。

ではなぜ笑いがなぜ免疫力を高めて
病気を予防する効果があるのでしょう。

ストレスは、免疫力を低下させます。

メカニズムはまだ解明されていませんが、
実験の結果から、

人間はストレスを受けると、
NK(ナチュラルキラー)細胞が
減少する事が分かっています。

NK細胞と言うのは
特にガンのような腫瘍化した
細胞を破壊する免疫細胞です。

つまりストレスを受けると、
ガンになりやすくなるのです。

このストレスの解消に大いに
効果があるのが笑いなのです。

このように笑う事は免疫力を
高める上に、

排便がスムーズに行われる事で
体内の毒素も排除できます。

長く腸にとどまった便が、
発がん物質を発生させる事は
良く知られています。

つまり笑いは様々な意味で
免疫力を高め病気を予防する
効果があると言う事なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。