モーツァルトの音楽の効果でストレス解消、免疫力を高める方法

モーツァルトの音楽の効果でストレス解消、免疫力を高める方法
今回のテーマは、

モーツァルトの音楽の効果で
ストレス解消、免疫力を高める方法

について紹介します。

これまで運動や栄養などで
免疫力、デトックス力を高める
方法について紹介しましたが、

ここで興味深いテクニックがあります。

音楽療法と言って、

音を聞いて心身に影響させるものがありますが、

中でもモーツァルトの音楽を聴くと、
副交感神経を活性化させ、

ストレスを和らげ、免疫力を高めます。

スポンサーリンク

音楽の効果でストレス解消

古代エジプト人は
音楽を魂の医者と呼び、

ギリシャ時代には、ピタゴラスが
音楽の治療効果を説いています。

現代の日本でも
音楽療法の効果が認められ、

多くの医療施設で
患者のリラクゼーションなどに
導入されています。

特にモーツァルトの曲は
世界中で音楽療法や胎教に
活用されています。

その理由のひとつは多くの
曲の中に高音、

つまり高い周波数の音が
ゆらぎと和音とともに
豊富に含まれている事です。

フランスの耳鼻咽喉科医の
アルフレッド・A・トマティス博士は

モーツァルトの音楽を研究し、
曲中の周波数の高い音が耳から
入ってくると、

脳神経系が刺激される事を
見いだしました。

中でもヴァイオリン曲やピアノ曲は
高周波数を豊富に含むので

脳神経系を刺激して大脳神経系、
免疫系の働きを高める事が
わかったのです。

モーツァルトの音楽でストレス解消

音楽は波動として生物の細胞内に
水や分子に様々な形で作用するので、

人間に限らず動植物にも有効です。

例えば鶏に音楽を聴かせれば
卵を多く産み、

牛なら牛乳の出がよくなる例が
報告されています。

モーツァルトの音楽は
世界中で研究されており、

副交感神経を活性化する事が
分かってきました。

いわばストレスを和らげるのです。

副交感神経が活性化すると、
出発点である延髄からでている
顔面神経や舌咽神経が刺激されます。

すると、唾液や涙も良く
分布されるようになり、

そこに含まれる免疫物質の
IgA抗体や消化酵素の分泌濃度が
増加する事も実験的に明らかになりました。

体表面の免疫力が増し、
インフルエンザウィルスや花粉抗原
などを撃退する力が強くなるのです。

さらにモーツァルトの音楽を
聞く前後にリンパ球の数を比較すると、

聞いた後は数が増加し、
なかでもNK細胞の数が増加する事、

インターフェロン-γの産出が
高まる事も判明しました。

モーツァルトの音楽はガンや
アレルギーへの効果が期待できるのです。

音楽の効果で免疫力を高める方法

現代社会では、環境の悪化に
伴って体内では

交感神経が過剰に働いて
ストレスを蓄積させ、

免疫機能の低下を招いています。

交感神経優位にブレーキを
かけるには、

音楽などで副交感神経を
適度に刺激する事が必要なのです。

免疫力の観点から、
モーツァルトの音楽の効果を高めるには
次の点に気をつけましょう。

まず他の余分な感覚を極力
シャットアウトする事です。

よけいな騒音や視覚、嗅覚は避けて
両耳を覆うヘッドホンで

1回につき30分程度を
1日2~3回聞くのがオススメです。

また聞く前にコップ1杯の水を飲み、
深呼吸すると、血流が促され、

免疫力がさらに高まります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。