免疫力を高める効果的なヨガの呼吸法でストレス解消のコツ

免疫力を高める効果的なヨガの呼吸法でストレス解消のコツ
今回のテーマは、

免疫力を高める効果的なヨガ
の呼吸法でストレス解消のコツ

について紹介します。

免疫力が低下した身体の回復には、
自律神経を調整する呼吸法が効果的です。

ヨガの健康への効能は知られていますが、

道具も何もいらず、
適度な空間さえあれば誰でも始める
事ができるのも魅力のひとつです。

ストレスまみれの現代社会、

しっかりと身体を動かし、
酸素を身体に取り入れる瞬間を
日常に入れることには、

大きな恩恵があります。

スポンサーリンク

免疫力を高める効果的なヨガの呼吸法

ヨガには身体に負担をかけずにできる
優しいポーズもたくさんありますし、

そういったポーズが困難でも、
ただ呼吸を意識で気だけでも、

ヨガの持つ体内浄化のパワーを
十分に得る事ができるのです。

なぜヨガの呼吸法はこうした効果が
あるのでしょうか?

良く言われる意見は、
ヨガの腹式呼吸で身体をリラックスさせて、
ストレスを解消できると言う事、

確かに腹式呼吸では、

身体がリラックスをした状態を作る
副交感神経に働きかけて、
これを優位にします。

すると筋肉の緊張がほぐれ、
血管が拡張して血液の流れが
スムーズになるため、

酸素や栄養素が全身に
十分行き渡るようになり、

全身のガス交換が活発になって
冷えやむくみ、関節炎、肩こりなどを
はじめとした不快症状を解消する効果があります。

つまり、呼吸法によって
免疫力をアップさせる事ができると言う事です。

ヨガの呼吸法でストレス解消のコツ

腹式呼吸のメリットの二つ目が、

深い呼吸によって、
横隔膜を上下させるので、

周囲の内蔵に圧力がかかり、
マッサージと同じような効果があると言う事。

特に横隔膜の下にある腸を刺激して
蠕動運動を促し、便秘の解消になります。

つまり、呼吸法によって
デトックス効果があると言う事です。

免疫力アップとデトックス効果と言う
相乗効果があり、

呼吸法は健康になるために
素晴らしい運動なのですが、

また、ヨガの世界の考えでは、

息を吐くときに
体内の余分なエネルギーを外へ出し

吸う息で酸素とともに
宇宙にある生命の気(プラーナ)を
取り込む事ができると言うものがあります。

健康で長生きするためには
この気を身体に満たす事が必要と言う考えです。

ヨガの呼吸法:舌丸め呼吸法

されそんな呼吸法ですが、
様々な種類のものがあります。

一番シンプルな腹式呼吸でも
効果はありますが、

ここでは免疫力が低下した身体の
回復のために効果のある、

舌丸め呼吸法(ヨーガではシータリと呼ぶ)を
紹介します。

・舌丸め呼吸法

ステップ1.丸めた舌から5秒で吸う

舌を丸めるようにして、
舌の先を1cmほど出します。

舌の間からお腹にためるように
息を吸います。

ステップ2.舌をしまって2秒ほど息を保つ

ステップ1.で息を吸いきった後
舌をしまって口を閉じ、

冷たい息を味わうように
2秒間ほど息を止めます。

ステップ3.鼻からゆっくり7秒で吐きます

口は閉じたまま、
鼻から7秒で息を吐ききります。

ここまでを7回繰り返して1セットです。

この呼吸法には、

暑さを緩和してイライラを解消する、
消化を助ける、
ストレスによる過食を防ぐ

などの役割があります。

免疫力、デトックス力を高める呼吸法

呼吸するときのポイントは、

ひとつ目に、

姿勢を正して胸を開く事

これだけで内蔵への圧迫もとれるので
お腹まで空気を入れやすくなり、

横隔膜も動きやすくなり
デトックス効果が向上します。

二つ目が、

呼吸は吐く息を吸う息よりも
長くとる事です。

特に、息を吐くと言う動作には
脳から気持ちを安定させるホルモンを
分泌する作用があると言われるので、

長く息を吐いて身体の中の
空気を出し切ってから
次の呼吸を入れるようにしましょう。

仕事や家事、勉強の合間、
適宜ストレス解消の為に
ヨガの呼吸法を取り入れましょう。

以上の呼吸法を無理をせず、
続ける事で免疫力も上げる事ができます。

ぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。