トウモロコシのひげ茶の薬効成分のデトックスの効果、効能

トウモロコシのひげ茶の薬効成分のデトックスの効果、効能
今回のテーマは、

トウモロコシのひげ茶の薬効成分
のデトックスの効果、効能

について紹介します。

排出や排便などデトックスの効能が高いのは
トウモロコシのひげ茶です。

あなたはトウモロコシを食べるとき
ひげをどうしますか?

通常は捨ててしまうと思いますが、

実は効果抜群なのです。

特に韓国では普段から飲まれる
健康茶と言う事で、

徐々に日本にも伝わり、
今では若者の間でも人気です。

今回はそんなトウモロコシのひげ茶について
詳しく紹介していきましょう。

スポンサーリンク

中国漢方で重宝するトウモロコシのひげ

実はこのひげは「南蛮毛」といい、

その薬効成分から中国では昔から
漢方薬として利用されてきました。

トウモロコシ自体に
むくみ解消効果があるとされましたが、

中国政府が発行する薬典
『中華人民共和国薬典』では、

トウモロコシのひげ(南蛮毛)は
利尿薬、利胆薬としての他、

腎臓病、肝炎、脚気、糖尿病など
様々な病気の治療薬としても
有効であるとされています。

ちなみにトウモロコシは
唐から来た中国産のように思えますが、

南蛮(外国から来たもの)というのは
意外ですね。

トウモロコシのひげ茶のデトックスへの効能

中でもとりわけ期待できる効能が
デトックス、利尿効果です。

実際に、南蛮毛を煎じた
「トウモロコシのひげ茶」を飲むと

人によってはその日から尿量が
増すほどの効果が現れます。

さらにトウモロコシのひげ茶を
飲んだ多くの人が

「胃の調子が良くなった」
「便秘が治った」

など便通を良くする効能も
体感するようです。

漢方では元々、身体に溜まった
毒素を出す生薬として用いられてきました。

腎臓の働きを活発にして
利尿を促したり、

肝臓のデトックス効果を高めたり、

汚れた血液を浄化したりと、

様々な働きの相互作用によって、

トウモロコシのひげ茶は

身体の毒を外へと追い出す
デトックスへの効能が高いと
考えられています。

なので、胃腸の働きが
活発になって便の出が良くなるというのは
ごく自然な話と言えます。

トウモロコシのひげ茶に含む栄養素

このデトックスへの効能を
もたらす物質として着目したいのが、

トウモロコシのひげ茶に
含まれる薬効成分フラボノイドです。

フラボノイドは、
野菜や果物に多く含まれる
水溶性の植物色素ポリフェノールの一種で、

その種類は4000以上も
あるといわれています。

この膨大な数のフラボノイドの中から
可能性のある物質を絞り込んで調べた所、

現在までにトウモロコシのひげ茶特有の
4種類のフラボノイドが、

糖尿病の合併症の予防に
効能を持つことがわかりました。

より詳しい効果の解明のため、
今後もさらに研究に期待です。

トウモロコシのひげ茶は
漢方薬局でも市販されていますが、

トウモロコシを食べるときにも
捨てていた毛を集めてよく洗い、

天日干しにして使うのもいいでしょう。

これからは、ともろこしのひげも
健康のために大いに活用してください。

トウモロコシのひげ茶の作り方

市販のトウモロコシ茶を買って
飲むのも良いですが、

大量生産されたものは
それほど効能は期待できません。

できれば自作でお茶を作る方が
デトックス効果は期待できます。

ここではしっかり作り方を学んでおきましょう。

・トウモロコシのひげ茶の作り方

材料(約600ml、1日分)

・水…1リットル
・トウモロコシのひげ…30g

作り方

やかんに水とトウモロコシのひげを入れ
水の量が2/3程度になるまで煎じます。

一日に数回にわけ、
喉が渇いたときなどに飲みましょう。

冷やしても温めても
効能はあまり変わりません。

トウモロコシのひげ茶は
冷蔵庫で3日間は保存可能です。

以上、トウモロコシのひげ茶の
薬効成分のデトックスの効果、効能を
ぜひ取り入れてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。