キュウリを加熱する時の薬効成分の免疫力、デトックスの効果

キュウリを加熱する時の薬効成分の免疫力、デトックスの効果
今回のテーマは、

キュウリを加熱する時の薬効成分
の免疫力、デトックスの効果

について紹介します。

夏野菜として有名なキュウリですが、
今ではハウス栽培のおかげで
年中入手する事ができます。

サラダとしてキュウリは生で
食べる人も多いですが、

加熱する事で新たな薬効が
加わる事になります。

デトックスのために、
素晴らしい効果がありますので、

キュウリの健康的な食べ方を
ここでは紹介したいと思います。

「利尿効果の高い食べ物」として
注目されているキュウリですが、

スポンサーリンク

キュウリに含まれる栄養分

キュウリの95%は水分です。

実はキュウリ自体の栄養、
薬効成分は少ないのですが、

水分の代謝を促すカリウムは
大量に含まれているのが特徴です。

キュウリに含まれるカリウムは

細胞内の余分な
水分を腎臓に集める働きがあり、

また、カリウムによって
腎臓に運ばれた水分を尿として
体外へ排泄するシトルリンも豊富です。

体内にたまった不必要な水分を
出すデトックスの薬効の詰まった、
最適の野菜と言えます。

キュウリの漢方としての薬効

キュウリの利尿効果は
中国でも古くから知られており、

漢方の薬膳にも取り入れられています。

体内の水はけをよくし、
身体にこもった余分な熱をとって冷ます、

「涼性」という性質に分類され、

身体が水っぽい、熱っぽい、
水太り、だるさなどに効果があると言われています。

またきゅうりは外用薬として
打身や切り傷の回復のために

薄切りのきゅうりを貼り付けるという
使われ方がよくされていたようです。

そんなキュウリを日本では
生で食べることも多いのですが、

中国では盛夏以外は加熱して
食べるのが一般的です。

キュウリの薬効の一つである
「身体を冷やす」は

漢方ではあまり良いとされません。

身体が冷えると血液の流れが悪くなり、
新陳代謝の悪化を招き、

それが病気の原因になると考えられているからです。

特に冷え性の人や胃腸が弱い人は、
食べる季節や食べ方に気をつけないと、

キュウリは逆効果になる事もあります。

キュウリを加熱するメリット

このため、身体を冷やす必要のある
夏以外は加熱調理をするのです。

こうすれば薬効成分が
免疫力、デトックスの効果を
サポートしてくれます。

カリウムもシトルリンも
加熱によって、壊れたり、
流れ出たりしにくい成分なので、

キュウリを煮たり炒めたりしても
利尿作用は変わりません。

さらに他にもキュウリを加熱すると
いくつかメリット、利点があります。

ひとつは、かさが減るので、
たくさん食べられること、

もう一つは、
アスコルビナーゼという厄介な酵素の
働きをストップさせられることです。

キュウリに含まれるアスコルビナーゼは
ビタミンCを破壊する酵素なので、

ビタミンCが豊富な野菜と一緒に
生のキュウリを食べると、

せっかくのビタミンCが
壊れてしまうのです。

しかしキュウリを加熱することで
これを防ぐことができます。

生で食べる事も良いですが、
このように加熱する事によるメリットもありますので、

料理法を使い分けて
工夫を加える事が、

健康的なキュウリの使い方と言えます。

キュウリのおすすめ調理法

キュウリを加熱調理することで
このように薬効が高まります。

特におすすめなのが、
キュウリでスープを作り、

くず粉を加えてとろみをつけたものです。

くず粉でとろみをつけることで
最後まで冷めにくく、

温かいスープを飲むことで
臓器を暖め、それぞれの臓器の働きを
高める効果もあるのです。

このキュウリのスープは
夕食の前に飲むといいでしょう。

他の料理の前に食べることで、

後から吸収される食べ物の
糖分や脂肪、塩分などを一緒に絡めとり、

対外に排出するデトックスがしやすくなります。

キュウリを加熱する時の薬効成分
で免疫力、デトックスの効果が高まります。

ぜひお試しください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。