スイカの煮汁の薬効成分の免疫力とデトックスへの効果、効能

スイカの煮汁の薬効成分の免疫力とデトックスへの効果、効能
今回のテーマは、

スイカの煮汁の薬効成分の免疫力
とデトックスへの効果、効能

について紹介します。

夏の果物の代名詞で、
スイカ割りやキャンプのお供として

生のままスイカをかじりつく姿は
夏の日本の風物詩とも言えますが、

スイカの煮汁に含まれる
シトルリンとポリフェノールは
毒素を排出するデトックス効果のある

すばらしい食材です。

スイカを火で煮ると言う工夫を加える事で
意外なデトックス効果が生まれるのです。

スイカの健康への効果とともに
スイカの煮汁の効果を

今回は紹介していきましょう。

スポンサーリンク

スイカの薬効成分のデトックス効果

尿をスムーズに出し、
体内の余分な水分を排出するために
おすすめなのが、

スイカなのですが、

スイカに含まれるカリウムは
利尿作用があり、

よけいな水分をデトックスしてくれる
効果があります。

また、スイカには神経毒の代表とも言える
アンモニアを無毒な尿素に変えて尿として出す

シトルリンという薬効成分が
含まれています。

このシトルリンは、
体内で別の物質に変化し、

腎臓内の血管を広げます。

腎臓は血液の汚れを濾過する
臓器ですから、

血管が広がれば、アンモニアだけでなく、
他の毒素をデトックスするのも
スムーズにしてくれます。

スイカのポリフェノールでアンチエイジング

またスイカには、
老化や生活習慣病を引き起こす
活性酸素を除去する効果のある物質

ポリフェノールも豊富に含んでいます。

アンチエイジングに効果のある
ポリフェノールですが、

さらにデトックス効果も優れています。

つまり、体内の毒をスムーズの排出し、

同時に各器官の働きを活性化して、
代謝を高めるのです。

さらに、糖質の吸収を防ぐ
酵素(エンザイム)も含まれているので、

余分なエネルギーの吸収を阻止し、
肥満を防ぐという効果もあります。

スイカの煮汁のデトックス効果

ただ、ひとつだけでメリットがあるとすれば

スイカは水分が多いので、
そのまま食べるとすぐ満腹になります。

なので栄養成分をぎゅっと濃縮した
スイカの煮汁にするのが良いのです。

・スイカの煮汁の作り方

材料(約100ml分)と道具

・大玉スイカ…1/4個
・大きめのフライパン
・おろし器
・ガーゼ

作り方

ステップ1.

スイカを手で持ちやすいサイズにカットします。

種が入ると苦みが出て、
飲みにくくなるので

スプーンなどで取り出します。

ステップ2.

実をすり下ろします。

果肉の白い部分が少し
残る程度まですります。

ステップ3.

擂り下ろしたスイカをガーゼで濾します。

残った果肉は食物繊維の塊で
スイカの煮汁作りには必要ありませんが、

食べても問題はありません。

ステップ4.

フライパンに移して、弱火でゆっくり
灰汁が出てもとらずに約20分煮ます。

ややとろみが出たら火からおろします。

時間はフライパンの大きさによって
違うのでこげないように様子を見ながら、
別容器に移し替えます。

以上デトックス効果の
あるスイカの煮汁は

冷蔵庫で3日間は保存可能です。

冷凍すればもう少し持ちます。

さらっとして甘いので
1回50mlを水で割って
1日2回ほど飲むといいでしょう。

子供にも大人気のスイカの煮汁

免疫力とデトックスの薬効成分を
期待しつつ、

ぜひ家族の健康のためにも
試してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。