運動前30分にコーヒーを飲めば脂肪燃焼・ダイエット効果

運動前30分にコーヒーを飲めば脂肪燃焼・ダイエット効果
今回のテーマは、

運動前30分にコーヒーを
飲めば脂肪燃焼・ダイエット効果

について紹介します。

運動はダイエットにも
アンチエイジングにも大切ですが、

なかなか成果が目に見えないと
続けるモチベーションも低下します。

できれば効果を高めたいというのが
本音ではないでしょうか。

ここで興味深いテクニックがあります。

運動前30分にコーヒーを飲めば、
体脂肪がみるみる燃え、

ダイエット効果があります。

ストイックな体調管理をして
海を越えアメリカで活躍するダルビッシュ有投手も

運動前に行っているのは
コーヒーを飲むことといいます。

彼のインタビューを見ていて
球場に入る前にコーヒーを飲みながら
入っていく姿が印象的でしたが、

私たちも彼ほどストイックに
体調管理をするのは難しいかもしれませんが、

コーヒーを飲む習慣は真似できます。

スポンサーリンク

コーヒーに含まれるダイエットへの効果

コーヒーに含まれている
苦味成分のカフェインは、

眠気の防止、利尿の促進、
消化の促進などの作用があることが
良く知られています。

さらにもう一つ、
大変役立つ作用があります。

それが脂肪燃焼を助ける効果です。

つまりコーヒーにはダイエット効果があるのです。

簡単に言えばコーヒーに含まれる
カフェインは、交感神経を活性化させ、
細胞にある脂肪をエネルギーとして
使われるようになります。

もう少し専門的に解説すると
カフェインには特殊な脂肪燃焼酵素が
存在するのです。

カフェインが脂肪を燃焼させるメカニズム

体脂肪を分解する体内酵素
「ホルモン感受性リパーゼ」
の働きを活性化します。

実際に酵素を刺激するのは
「サイクリックAMP」という
情報伝達物質ですが、

これが「AMP」と言う物質に
分解されてしまうと働きをなしません。

ところがコーヒーを飲んでカフェインを取ると、
この物質の分解が抑えられ、

ホルモン感受性リパーゼが
活性化するのです。

ホルモン感受性リパーゼによって
脂肪の分解が進むと、

脂肪から血液中に脂肪酸が出て、
筋肉に運ばれます。

これが活動のためのエネルギーとして
使われるので、

効率よく、脂肪を燃焼させることが
できるようになるのです。

身体を動かす前にコーヒーをとろう

このサイクルを効率よく働かせるには、
エネルギーをたくさん使う前に、

カフェインを取ることが重要です。

つまり身体を動かす前に
コーヒーを飲む事で

体脂肪がみるみる燃えていきます。

例えば掃除やウォーキングなど
身体を動かす前にコーヒーを飲んでおけば、

脂肪がスムーズに消費されるので
より効果的と言う訳です。

ただしコーヒーに砂糖やミルクを
たくさん入れてしまえば、

摂取カロリーが増えてしまい、
カフェインの効果もあまり意味をなさなくなります。

できるだけブラックコーヒーを
飲むようにしましょう。

またコーヒーは、わざわざコーヒー豆から
入れなくても構いません。

インスタントのもので十分です。

運動前30分にコーヒーを飲めば
脂肪燃焼・ダイエット効果を望めます。

ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。