自宅でできるデトックス、水平足踏み運動のやり方、健康の効果

自宅でできるデトックス、水平足踏み運動のやり方、健康の効果
今回のテーマは、

自宅でできるデトックス、
水平足踏み運動のやり方、健康の効果

について紹介します。

高血圧や狭心症など
慢性疾患が次々と好転する

水平足踏み運動

というものがあります。

運動で全身の血液の流れを
良くする行為は、

免疫力を高め、健康になるために、

またデトックスをスムーズにし
全身の毒素を排出する上でも大切です。

高血圧や高脂血症、糖尿病などの
生活習慣病を治療するには、

薬を使うよりも、

食事や運動、デトックスなど
自然療法による症状の改善を
目指すべきと私は思います。

ただしこういった方法には
難点があるのも事実です。

スポンサーリンク

運動嫌いにオススメの運動

運動は健康にとって素晴らしい

…とはいえ、運動嫌いの人に
運動を進めても、

なかなか続かないのが現状です。

そこで自宅に居ながら、誰にでも
手軽に続けられる運動法、

太腿を地面と平行になるまで上げる、

水平足踏み運動という
運動をここではおススメします。

これなら老若男女、
いつでもどこでも簡単に出来ます。

ウォーキングなどは素晴らしいですが、

旅行中や雨の日などは外に出にくくなって
出来ない事もあります。

そういった際に部屋にいて出来る
さらに効果的な運動を知っておく事は
かなり重要です。

水平足踏み運動の効果

自宅でできるデトックスのやり方として

水平足踏みという運動は

太腿の前部にある大腿直筋、
お腹の内臓のさらに後ろにある大腰筋、
腰骨の内側にある腸骨筋などを中心に

下半身の筋肉をダイナミックに使います。

すると普段は内臓に流れている
血液の多くが筋肉を動かすために回され、

これらの筋肉に大量の血液が流れ込みます。

心臓にも多くの血液が流れ込み、
全身の血行が活発になります。

これが病気や症状を改善へと導くのです。

水平足踏みの足踏みの回数の目安は、

最初の1カ月は10~20回、
次の1カ月は30~50回、
3カ月後の100回、

そして半年から1年後には300回

と順を追って回数を増やし、
最終的には3,4分で300回という
スピードと回数を目標にしましょう。

もちろんこれが絶対という目安ではないので、

自分のペースで続けていって構いません。

水平足踏み運動のやり方

ステップ1.

肩の力を抜き、顎をやや引いて、
胸を張ってまっすぐ立ちます。

ステップ2.

まず右足を太腿が
床と水平になるようにあげます。

左手を前に大きく振り、
右足をつま先から着地させます。

ステップ3.

右足が着地したらすぐに、
今度は左足を水平になるように上げ、

太腿がしっかりあげられるようになってきたら、

右、左、右、左、

とリズミカルに足踏みします。

腰痛があったり、高齢の人の場合は、
椅子の背もたれなどにつかまりながら行ってもいいです。

慣れるまで自分の好きな回数を行い、
少しずつ増やして行って下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。