ゴーヤ味噌汁の薬効成分の免疫力、デトックスへの効果、効能

ゴーヤ味噌汁の薬効成分の免疫力、デトックスへの効果、効能
今回のテーマは、

ゴーヤ味噌汁の薬効成分の免疫力、
デトックスへの効果、効能

について紹介します。

血圧を下げる成分が多く含んだ
意外な健康の効果のある組み合わせが、

ゴーヤ味噌汁です。

苦瓜としても知られる
沖縄の代表的食材のゴーヤ

今では全国的に広がっていますが、

沖縄の長寿の秘密の食材としても
脚光を集めています。

そんなゴーヤをみそ汁に使うのは、
一風変わった調理法ですが、

実は健康にとっての効能が高い
素晴らしい食べ物なのです。

スポンサーリンク

塩分を控えるためにみそ汁を控える?

塩分が多い食べ物として、

味噌や醤油、漬物などを
思い浮かべる人も多いと思いますが、

時々

「自分は血圧が高いので
味噌汁は辞めています」

「塩分を控えるために
みそ汁は控えるようにしています」

という話も耳にします。

ただ、実際の所、

発酵食品である味噌は

大豆を麹菌の力で
発酵させて作りますが、

このプロセスで
大豆タンパク質が分解されて
ペプチドになります。

そしてこのペプチドには

血圧を抑制する働きがあることが
近年の研究で分かってきました。

さらに味噌は発酵食品ですから、

免疫力、デトックスへの
効果、効能が高いと言う事です。

ゴーヤみそ汁の効能

しかし、確かに味噌には10%程度の
塩分が含まれており、

味噌をたくさん取ってしまえば
当然、塩分も一緒に取る
ことになっていしまいます。

こうした塩分の取りすぎの害を
カバーするのにおススメなのが

ゴーヤとの組み合わせ、

つまりゴーヤ味噌汁なのです。

ゴーヤの薬効成分には、
塩分の取り過ぎのバランスを
整えてくれる成分があります。

減塩みそを使ったり、
塩分対策をする工夫は大切ですが、

ゴーヤみそ汁なら
美味しくみそ汁を楽しめます。

ゴーヤの免疫、デトックスの効能

沖縄の特産として知られる
ゴーヤ(ニガウリ)はカリウムが豊富ですが、

ゴーヤには一酸化窒素の材料となる
シトルリンというアミノ酸も含まれています。

一酸化窒素は血管拡張作用があるため
血圧にも良い影響があると考えられています。

またビタミンCはレモン以上にあり、
夏バテ予防にも効果を発揮します。

ゴーヤ味噌汁の薬効成分には
免疫力、デトックスへの
高い効能があります。

具だくさんのみそ汁をとって、
バランスのとれた食生活をすることが、

生活習慣病を予防するにも
つながりますので、

健康に効能のある食事として
ゴーヤ味噌汁をおススメします。

ゴーヤ味噌汁の作り方

・材料

ゴーヤ、豆腐、玉ねぎ、味噌、鰹節

・作り方

ステップ1.

たっぷりの鰹節でだしをとります。

血圧を下げるペプチドを取るために
豚肉を入れるのもいいです。

ステップ2.

薄切りにしたゴーヤとタマネギを軽くいためます。
ゴーヤは火を通し過ぎない方がおいしいです。

ステップ3.

ステップ2.をだし汁に加え、
くたっとならないようサッと煮込みます。

海藻などを入れれば
さらにヘルシーです。

ステップ4.

イソフラボンたっぷりの豆腐を
小さめの角切りにして加えます。

ステップ5.

味噌を溶かして入れます。

味噌に血圧効果作用があり、
減塩タイプがおススメです。

以上、ゴーヤの薬効成分は
素晴らしいものですが、

免疫力、デトックスの為に
味噌汁との組み合わせも
チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。