鰹節と納豆の成分は免疫力、デトックス効果のある組み合わせ

鰹節と納豆の成分は免疫力、デトックス効果のある組み合わせ
今回のテーマは、

鰹節と納豆の成分は免疫力、
デトックス効果のある組み合わせ

について紹介します。

納豆と鰹節(おかか)は

日本の食文化が誇る伝統的な
健康効果のある発酵食品です。

発酵食品の健康への有益な作用は
良く知られていますが、

発酵の際に、

鰹節の中では鰹節菌が
納豆には納豆菌が働いて、

健康に有用な栄養素や成分を
増やしています。

この古来からの知恵である
日本を代表する二つの発酵食品を
組み合わせて使う事で、

デトックスや健康にとって
非常に大きなパワーを発揮するのです。

今回はそんな二つの
素晴らしい食材について解説します。

スポンサーリンク

納豆の免疫力、健康への効果

納豆の健康への効果は
様々な場所で言われていますが、

そもそも大豆には良質のタンパク質が含まれるなど
栄養万点の食材です。

しかしその大豆も生のままでは硬く,
消化されにくいという欠点があり

この大豆の欠点を納豆菌による
酵素分解の働きによって解消した上,

優れた食品として作られました。

納豆には、血管をつまらせる血栓を溶かす
「ナットウキナーゼ」や、

女性ホルモンの不足を補う、
「大豆イソフラボン」

優秀な植物性たんぱく質などの
成分を含み、

しかも茹で大豆よりも消化吸収が良い

という素晴らしい健康食品です。

鰹節の免疫力、健康への効果

さらに鰹節にも
高血圧を改善に導くなど
特筆すべき健康成分が含まれています。

日本人は古来から食べ続けてきた鰹節は

日本料理に無くてはならない物として
現代でも広く使われています。

鰹節と言うのは生のカツオに比べ
約3倍のもの栄養素が増すそうです。

特に特筆すべきなのは

鰹節に含まれる
たんぱく質の材料となるアミノ酸が
2つくっついた「ペプチド」や

鰹節のうまみ成分である
「イノシン酸」です。

これが、血液をサラサラにして
血圧を上昇させる酵素の働きを妨げ、

血圧を安定させてくれるのです。

鰹節と納豆の成分はそれぞれ
免疫力、デトックス効果のある
食材なのです。

鰹節と納豆が手を組んだら

そんな二つの効果を
相乗的にあげてくれるのが

鰹節納豆です。

つまり、鰹節の成分と納豆の
血栓溶解作用ががっちり手を組んだ、

「おかか納豆」は、
血管の中を掃除しながら、
血圧の安定を図ることができるのです。

ちなみに鰹節のイノシン酸には
遺伝子についた傷を修復すると言う、
優れた作用も秘められています。

また、鰹節の中には
麹菌の一種である鰹節菌が
存在しており、

この鰹節菌が作り出す
「アスペラチン」という成分は、

体内で抗菌作用を発揮して、
免疫力を高めると言う作用もあります。

さらに、生きた酵素が含まれている事も、
「鰹節納豆」のメリットの一つです。

酵素(エンザイム)は消化や代謝に欠かせない物質で、
良く取れば食べ物を消化しやすくなり、

エネルギーとして消費しやすくなります。

ただ、酵素は加熱すると働きを失うので、
加熱せずそのまま食べるようにしましょう。

「鰹節納豆」の作り方

鰹節納豆の作り方は簡単です。

あまり納豆に鰹節をかける人はいませんが、
パックの鰹節で良いので用意して
入れるだけです。

もう少し詳しく解説すると
以下のステップになります。

・材料(1杯分)

納豆…1パック(約50g)
鰹節…5g

・作り方

1.鰹節は消化、吸収されやすいよう
できるだけ細かくします。

鉢ですったり、個包装の場合は
パックでそのままもみほぐします。

2.鰹節を納豆にかけます

3.よくかき混ぜて出来上がりです。

カラシやしょうゆなどで味付けてもいいですが、
そのまま食べた方が塩分を控えれるのでおススメです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 波田純 より:

    鰹節おいしそうですね!
    納豆は毎日食べているのでチャレンジしてみます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。