タンポポの薬効成分は肝臓の解毒作用デトックスをサポート

タンポポの薬効成分は肝臓の解毒作用デトックスをサポート
今回のテーマは、

タンポポの薬効成分は肝臓の
解毒作用デトックスをサポート

について紹介します。

タンポポの煮汁は
内臓の大掃除をしてくれる

特に肝臓の解毒作用をサポートする
たいへんデトックス作用の高いものです。

日本では野原などに咲くタンポポですが、

子供のころに、タンポポの種を
ふーっと吹いて遊んだ人も多いでしょう。

しかし実は、健康に有益

という事実は知らない人も多いでしょう。

ハーブではダンデライオンと呼ばれ
デトックスに効果があるという事で
その薬効成分が重宝されていますが、

特に肝臓に効果があるとして
ハーブティーやチンキ剤などで売られています。

そんなタンポポの健康に関する
有益な作用を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

タンポポに含まれる有益成分

タンポポの主な有効成分と言うのは、

胆汁分泌を促進する
タラキサシン、

細胞を修復する
フラボキサンチン、

余分な水分を排泄して
ミネラルを補うカリウムを始め、

イヌリン、コリン、ビタミンA,B
鉄分などです。

身体に溜まった毒素を
尿を通じて出すためには、
タンポポに含まれるミネラルは有益です。

また、リウマチ、関節炎の痛みや
こわばりの原因となる老廃物の
代謝を活性化して症状を和らげたり、

肌荒れや肥満に効果があると言われています。

そして特に優れているのが
デトックス効果です。

タンポポの優れたデトックス効果

タンポポの薬効成分は優れた
デトックス効果があります。

また、肝臓の解毒力や
腎臓の機能が低下しているときは、

タンポポの浄化力が
全身に働いて体を強くしてくれるのです。

そんなデトックス効果の高い
タンポポですが、

道に生えているタンポポを
そのままに手飲めばいいかと言われると。。

そうでもありません。

日本に生えているものは
ほとんどが西洋タンポポですが、

現在の日本で汚染のない
安全な土壌に生えているものを
探すのは難しく、

さらに開花前のものでなければ
効果はありませんので、

デトックス効果を期待するなら、

健康食品店などで市販される、

有機ハーブやタンポポコーヒー
などの活用をおススメします。

タンポポを摂取する習慣を持とう

健康食品店などで
タンポポを入手したのであれば、

タンポポの根のハーブディーを

7,8つまみに対して500mlの熱湯を注ぎ、

3~5分加熱して飲みほします。

このタンポポの薬効成分が凝縮した
抽出液を飲む習慣を持てば、

毎日のデトックス効果が期待でき、
健康で快調な日々を送れるでしょう。

ただし、アレルギーがある場合、
治療中の病気がある場合などは、
主治医に相談して飲むようにして下さい。

特に肝臓は肝心要というくらい
非常に人体の重要な機能を司る器官です。

肝臓をきれいにデトックスして
健康レベルを上げるためにも

タンポポの恩恵を受ける習慣を持ちましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。