unnamed

唾液で測れるテストステロン、男性ホルモンの乱れとストレス


今回のテーマは、

唾液で測れるテストステロン、
男性ホルモンの乱れとストレス

について紹介します。

人のホルモンは、

血液の他にも唾液や
尿にも含まれています。

ただ、唾液中の
テストステロン値は、

血液中の遊離テストステロンと
ほぼ同じであるため、

血液検査をしなくても気軽に

活性化している
男性ホルモンの量を
計る事ができます。

唾液でテストステロンの
値を簡単に測る方法は、

欧米では既に一般化しており、

ジョージア州立大学
ダブス教授夫妻は

この唾液測定を使い、

数年間かけて、3000人を
超える学生や弁護士、アスリート、
建設労働者、俳優、レスラー

と言った様々な職種の
人々からデータを収集し、

それが人生の様々な
局面に影響を及ぼしている
という事を明らかにしています。

唾液で測れるテストステロン

もし最近疲れている
と感じる男性であれば、

(もちろん女性でも同じですが、)

それはただ精神的疲労や
肉体的疲労のみが原因ではなく、

男性にも訪れる
男性ホルモンの乱れによる
更年期障害、

或はテストステロンと言う
男性たる特徴づけを行う
性ホルモンが、

知らず知らずのうちに
失われた結果、

肉体と精神に大きな影響を
及ぼしているのかもしれません。

気になる人は、

専門家にホルモン値を
唾液や血液検査などで
チェックしてもらいましょう。

そしてなにより、

ホルモンバランスの乱れを
整える生活習慣を
持って欲しいと思います。

ただ疲れるだけ…

とタカをくくっては行けません。

テストステロンの減少は、

LOH症候群
「加齢男性性腺機能低下症候群」

という死にも至る病の原因
にもなっているのですから。

テストステロンの乱れとストレス

ではなぜ、中高年になれば、

男性ホルモンが減って
しまうのでしょうか?

その大きな原因の一つは

やはり「ストレス」です。

その仕組みを紹介すると、

人間には

交感神経と副交感神経が
備わっています。

ストレスを受けたとき、

それが解消されないと、

交感神経優位の状態が
体の中で続くことになり、

血管の平滑筋が緊張し、
血圧が上がります。

その結果、副腎皮質から
ストレスホルモン(コルチゾール)
が分泌され、

炭水化物の代謝を行う
インスリンの作用を止めて
しまいます。

このため血糖値が上がり、

この状態が長く続くと
糖尿病になりやすくなります。

交感神経優位状態が続くと、

睡眠もとれなくなり、

本来血圧が下がる
夜間も下がらない為

夜間高血圧となります。

すると酸化ストレスが
過剰になり、

過食から肥満へと繋がります。

酸化ストレスと男性ホルモン

酸化ストレスの
大きな原因となるのは、

交感神経の緊張、高血圧、
肥満、喫煙などです。

その結果、

血管が硬くなる血管病、
インスリン抵抗性が増す糖尿病、
神経のつながりが悪くなるうつ病、
膀胱が硬くなる排尿障害などの

生活習慣病が起こってきます。

一方、副交感神経は、

人間が食事やセックスなど
楽しい事をする時に
優位になります。

その時にでるのが
男性ホルモンです。

これは脳の視床下部を経て
脳下垂体から指令が出て、

精巣(睾丸)から
出るのですから、

ストレスがあると
出すなという指令に
変わってしまいます。

男性ホルモンが出ないと、

ストレスホルモンが増え、
扁桃体に働いて、

ウツや悲しみの度合いを
増してしまいます。

こうして元気がなく、

肉体的、精神的にも
追いつめられた危険な男たちが

次々と量産されていく
ことになります。

男性ホルモンの乱れを自然に整えよう

加齢によって

ただでさえ減って行く
男性ホルモンに加え、

日常の様々なストレスが
交感神経を張りつめる
だけ張りつめさせ、

男性ホルモンを余計に
出しにくくしてしまいます。

そしてストレスホルモンが増加して、

炭水化物の代謝を行う
インスリンの作用を止めて
しまいます。

すなわちインスリン抵抗性が高まり、

この高血糖の状態が
長く続くと糖尿病に陥る
という訳です。

これが中年男性の陥る
更年期症状の罠なのです。

でも、恐れる事はありません。

身体の不調の原因が
分かってきたら、

こんどはそれをどう
自分の健康をリセットし、

ストレスで傷ついた
心を立て直していくか、

と考えれば良いのです。

そしてそのヒントを提示するのが
このサイトの役目です。

男性ホルモン、テストステロン

だけでなく体中の
全てのホルモンバランスを
しっかり整えましょう。

それも自然な方法で、です。

新しい生活習慣、運動や
効果的な食生活も取り入れ、

サプリメントやハーブ
サポートも試していましょう。

こうしてそれまでの
「生き方」を変えることで、

以前の疲れやすい自分とは

まったく違う自分を
鏡に見る事ができるでしょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。