病院出産で胎盤を剥離する理由、後産は時間をかけて出るべき

病院出産で胎盤を剥離する理由、後産は時間をかけて出るべき
今回のテーマは、

病院出産で胎盤を剥離する理由、
後産は時間をかけて出るべき

について紹介します。

さて、今回はいよいよ

後産と呼ばれる胎盤の娩出
についてですが、

これまで見てきたように病院出産では、

とにかくなんでも性急に
処置すべく介入されます。

ここでも胎盤はなるべく早く出すべき
物であると考えられています。

そしてその本当の理由は、

分娩の済んだ患者には

分娩室からさっさと
出て行って欲しいからです。

表向きはもっともらしい
理由を述べますが、

実際はベッド数にもスタッフの
勤務時間にも限りがあるからです。

そのために、

赤ちゃんが出てきたすぐ後に、
或は赤ちゃんが出てくる直前に、

しばしば子宮収縮剤を投与するのです。

それでも胎盤が速やかに出てこなければ、

へその緒を引っ張ったり、
下腹部を圧迫したりします。

子宮の洗浄をする事もあります。

それでも出なければ、

医師が手を子宮に入れてつかみ出します。

これを用手剥離と呼びますが、

専門用語を使われれば何やら大切な
措置のように感じてしまいますが、

結局は無理矢理強引で
つかみ出すという事です。

一定時間を過ぎたら、
いきなり用手剥離、

という病院も珍しくありません。

赤ちゃんの娩出時間に
個人差があるように、

当然後産にも母子の状態
による時間の違いがあります。

しかし病院ではできるだけ
画一的にマニュアル通りに行われます。

工場で工業製品を作るように
お産が行われてしまうわけです。

平等思想の弊害がここにも
表れてしまっているのです。

スポンサーリンク

胎盤は「出す」もの?「出る」もの?

早急に胎盤を出す…

これは助産所でもたいていは同じ事で、

へその緒を引っ張ったり
腹部を手荒にマッサージしたり、
冷やしたりして出そうとします。

そしてそれでも出てこなければ
すぐに病院送りにしてしまいます。

生物の胎盤というのは、
母体が健康体である限り、

自然にしておけば必ず
いつか出てくる物です。

しかし、産科業界においては、
その法則をなぜか無視します。

いったい、胎盤というのは

「出す」ものなのでしょうか?

それとも「出る」ものなのでしょうか?

もちろん、「出る」ものなのです。

些細な言葉の違いに感じるかも
しれませんが重要な事です。

役割を終えた胎盤は、

自然な子宮の収縮に伴って

子宮壁から自ずから剥がれ、
自ずから排出されます。

ただ、

それが「いつ」になるかは
誰にも分からないだけです。

だから、スケジュールが
詰まっている病院機関では、

早めに出そうとしてしまい、

個々で母体に再び
問題や弊害のリスクを与えるのです。

赤ちゃんの娩出と同じく、

一回一回、予測できない経過で
胎盤は娩出されます。

産科学では、胎盤は産児娩出の後

5分から15分くらいで剥離し、
排出されるとしています。

けれども、この数字も病院医療
の過干渉に影響されています。

医療者が性急に手出しを
しないでさえいれば、

胎盤の娩出はもっとずっと
時間のかかる事が少なくないはずです。

病院出産で胎盤を剥離する理由

例えば、

大正9年に出版された
産婆学の教科書には

「後産期に三十分乃至二時間を要す」

と書かれています。

実際の所、自然に任せた場合、

胎盤は赤ちゃんの誕生直後
に排出される場合もありますし、

何時間、何十時間もたってから
排出される場合もあります。

赤ちゃんの状態にもよるし

産婦の姿勢や子宮の
収縮状況によっても左右されます。

それらは全て

お母さんと赤ちゃんの健康を守る
ための最適のタイミングを計る

神の采配のようなものです。

江戸時代の育児書にも、

胎盤の娩出がずいぶん遅くなりうる
事が記述されています。

香月牛山の

『小児必用養育草』には

「産後に胎盤がなかなか
降りてこない事がある。

半日とか、1、2日経って
から出てくる事もある」

とあります。

同じく江戸時代の医師である
『螽斯草』を記した稲生恒軒も
以下のように述べています。

「”胎盤は、たとえ何日も
出てこなくても、問題はない”

と、あらかじめ産婦に教えておく
のが良い。

そうでないと、娩出が遅くなったときに、
産婦が心配して動揺する。

するとますます遅くなってしまう。」

胎盤が出るのがいつに
なるか分からない、、

というのは、

病院ビジネスにとっては
大変不都合な事です。

経営上の問題があるからです。

病院としては、

赤ちゃんが産まれた後は、

胎盤も手っ取り早く始末して
しまう方が有利な訳です。

まして、会陰切開などで
出血が続いている場合には、

その処置をする為に、

なおさら早く後産を済ませて
しまわなければなりません。

そこで、人為的な手段で強引に胎盤を
剥離して出してしまおうとするのです。

病院が後産を急ぐ事による問題

ある出産体験記によれば

「切開した所からはダーダー
出血しているのに出てこない。

もう仕方ないので先生がお股に
手を突っ込んで手で胎盤を
剥がす事になった。

…胎盤はなかなか剥がれず、

生肉を剥がすのはこんなに痛いものか!

というくらい、陣痛より
痛くて大叫びをしてしまいました。

出血もひどくて、もう少しで
輸血をしなければならない所でした。」

この産婦が極めて危険な状態に
追い込まれていた事は明らかです。

会陰の切開や胎盤の
用手剥離などの強引な

産科的処置がこのような
事態を招いた訳です。

胎盤の強引な剥離には、
必ずそれなりの危険が伴います。

先ほどの例のように、

胎盤を手で取り出したり、
へその緒を引っ張ったり、
下腹部を圧迫するのは、

大変危険な行為です。

無理に胎盤を剥がす事で、

胎盤をちぎって子宮内に
残す可能性もありますし、

剥離中及び剥離後に大量の出血
をきたす危険も生じます。

子宮が内反して引っぱり
出されるなどという事もあります。

こうした危険を避ける為に
必要な事はシンプルです。

後産は時間をかけて
自然に胎盤が出るべき

これだけで良いはずなのです。

胎盤を剥離する事の弊害やリスク

子宮収縮剤による
不自然な子宮収縮も、

胎盤を子宮壁から無理矢理に
剥がそうとする物です。

その結果、胎盤の一部が裂けて
残ってしまう確率が高くなります。

また、子宮の急激な収縮によって、

剥離した胎盤が子宮内に閉じ込め
られてしまう危険も高くなります。

これがいわゆる
胎盤遺残(残留胎盤)です。

また、不自然な子宮収縮は、

産児への血液の供給を過剰にします。

これは、産児の血液循環システムに
大きなダメージを与えてしまいます。

この弊害を回避する為には、

一刻も早くへその緒を切断
しなければなりません。

そして、へその緒の早期切断は、

前回紹介したような多くの問題を
母子ともに与えてしまうのです。

まさに負のスパイラルです。

一つの選択の違いで、

地獄のようなリスクが
続く事を避けられなくなるのです。

産科では、分娩後の出血の予防に、

子宮収縮剤が有効だと考えられています。

しかしその理由には確固たる
証拠はありません。

ただし、ここで、

既に妊娠中の陣痛の段階から
陣痛誘発剤や陣痛促進剤が
使われていた場合は、

その「後遺症」によって、

子宮収縮の自然な機序が多少とも
狂ってしまっているはずです。

その場合には子宮の収縮を促す
為の投薬もやむを得ないと

言えるのかもしれません。

一方で、子宮収縮剤の副作用として、

産婦の血圧を上昇させる
という事は明白です。

子宮収縮剤の投与が、

脳や心臓に関わる重大な
副作用を招く事もあります。

産後のホルモン異常を招く事は、
もちろん避けられません。

病院出産に関する出血の真実

無理に胎盤を剥離させれば、

必ずと言っていいほど、
出血が多くなります。

場合によっては輸血が必要になり、

もちろん出血多量により
死亡という事故も考えられます。

輸血という医療措置には、肝炎などの
重大な後遺症の危険がある事は、

言うまでもありません。

出血に対しては、
もちろん止血剤が処方されます。

けれどもここで、

血は止めれば良い

という単純な物ではありません。

毎月の生理で出血する事を
無理に止める方が弊害があるように、

妊娠出産には必要な
出血という物もあるからです。

自然なお産ではこの必要な
出血を大切にするものですが、

例えば、

子宮を洗い流す為の出血を止めてしまえば、

その処置の影響はやがて重い後遺症
になって現れてくるかもしれません。

自然な成り行きのお産では、

胎盤の残留(稽留けいりゅう)や
大量出血はまず起こりません。

アフリカのバンツー族の出産に長期間
立ち会って調査した産科医によれば、

異常出産はあっても

「稽留胎盤だけはとても稀」で、

分娩後の出血で

「輸血した例は一つもなかった」

ということです。

ちなみに、バンツー族は
しゃがんでお産し、

しゃがんで後産を済ませる
ということです。

<参考文献>

ジュディス・ゴールドスミス著

『自然出産の智慧ー非西洋社会の
女性たちが伝えてきたお産の文化』
(日高陵好訳、日本教文社、1997年)

後産は時間をかけて出るべき

後産に関わる異常は、

病院出産の産科医療そのものが
生み出していると言えるでしょう。

仰向けの姿勢

陣痛誘発剤や陣痛促進剤
使用による自然な分娩態勢の破壊、

分娩後の子宮収縮剤の
使用による不自然な子宮収縮、

医師や助産師による強引な手技、

こういした強引で不自然な
介入の集大成と言えます。

病院での後産は、

病院出産のミニチュア版
と言えるかもしれません。

自然の成り行きに背を向けた
医療的介入が、

様々な問題を招き寄せます。

お母さんと子供を危険にさらし
将来の可能性を奪います。

そして、それらの問題に対処する為に、

さらに強引な医療的介入を
加えなければならなくなるのです。

日本における妊産婦死亡の症例を
ながめていると、

肥満を含む生活習慣病の
徴候(その典型が妊娠中毒症)

を認めている例が目立ちます。

妊産婦死亡の最大の原因である
出血も例外ではありません。

安産が出来る人の最大の特徴

これまで胎盤を剥離に関しても
その他の医療措置についても

病院を非難するような
ことも書いてきましたが、

実はそれだけでなく、

妊婦側にも問題がある、

つまり私たちの方にも
問題があるという事です。

日頃の健康な体を保つことを
怠ってしまっているのです。

検査値の上で生活習慣病の徴候が
見られなかったケースであっても、

実際にはその多くが生活習慣病
体質である事が推測されます。

大出血などが起きるのは、

体質(つまり血液性状)が
悪化しているからです。

体質の悪化した産婦が

帝王切開や分娩誘発、陣痛促進
などの処置を受けたときに、

致命的な出血やその他の合併症が
最も起こりやすくなるのです。

お産に置ける悲惨な事故は

医療側だけの責任ではなく、
患者側にも責任があります。

自分で自分の健康を守ると言う
考えを放棄した責任とも言えます。

日頃の母体の健康意識というのは
安全で自然な出産と関わります。

とにかく母子ともに健康で
安全でスムーズなお産を送るため、

どの場所を選択にするにせよ、

お母さんの健康レベルを
あげる事が間違いなくいちばん大切です。

不健康であればあるほど
医療介入のリスクが大きくなります。

生活習慣病体質は、

生活習慣の改善によって是正されます。

コンビニ、ファーストフード、
カップ麺、スナック菓子、

運動不足、ストレスまみれ、
昼夜逆転、不健全な心…

こうした生活の習慣の積み重ねが、

お産の問題を作ります。

特に食生活の根本的な改善によって

お産の安全性は確実に是正されるでしょう。

もちろん、産科医の多くは、

誤った栄養学的な
知識しか持っていませんので、

的外れな食事指導しかできません。

ここでも私たちは責任を持って

正しい栄養学の知識を得て
実践しなければ行けません。

(※今後栄養学についても詳しくこの
サイトでは紹介する予定です。)

薬剤で、検査値をコントロールして
本質をごまかしていても、

体質はますます悪化するばかり、

その上、産科にかかれば

悪質な体質のままお産に望む事に
なりがちです。

それは時として致死的な
出血や合併症に至るという訳です。

胎盤を取り出す介入の
危険性を理解するとともに、

母子ともに健康で安全な
出産を迎える為に

自分たちでできる事は
たくさんあるのです。

後産は時間をかけて出るべきですし、

健康も時間をかけて
作っていく物なのです。

日々の生活を大切にする事が、
将来の為のは必要な事なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。