人工破膜の目的と必要性、病院出産での細菌感染のリスクと問題


今回のテーマは、

人工破膜の目的と必要性、病院
出産での細菌感染のリスクと問題

について紹介します。

さて今回も自然で安全な
出産という観点から見た、

病院での計画出産の不自然さによる
弊害についてみていきましょう。

産科学の世界では、

破水には「正しい時期」
というものがあるようです。

子宮口が全開大となる
前後に起こる破水が正常で、

これを「適時破水」と呼びます。

それより遅い場合は
「遅滞破水」と呼ばれます。

なにをもって「適時」なのか、
おおいに疑問なのですが、

病院では、自然な破水を
待つという考えはないようです。

自然界を見てみると

どの世界でも分娩を急ぐという
ケースは見られませんが、

なぜか人間の世界の病院という場所では、

遅くとも、全開大になるまでに
破水しなければ、

人工破膜という処置が行われます。

少なからぬ病院で、

全開大を待たずに人工破膜をする
ことが標準処置になっています。

さて、ここでも
人工破膜の目的や必要性について
じっくり考えてみる事にしましょう。

スポンサーリンク

なぜわざわざ破水を急ぐのか?

人工破膜というのは、

通常、膣から針を差し込み
卵膜を破ってしまうものです。

これは一種の手術です。

この処置もやはり、
分娩の進行を早める事を
第一の目的として行われます。

そしてこうした人工的な処置が、

お産の自然な成り行きを狂わせる
ものである事は明白です。

このような手段で分娩を促進させる事は、

産婦にとっては、何の利益もない
ですし必要のないことです。

人工破膜をすると、

その刺激によって

子宮の収縮が不自然に早められ
強められます。

この不自然な子宮収縮は、

胎児を痛めつけ、悪くすれば
胎児仮死を招くリスクすらあります。

ちなみに「臍帯脱出」という
異常があるのですが、

これは破水後に、胎児より先に
へその緒ができてしまうケースです。

へその緒が産道と胎児の間で圧迫され、

胎児への血行が妨げられてしまいます。

最悪の場合は、

やはり胎児仮死を招きます。

それだけ危険で異常な事態が
この臍帯脱出という問題ですが、

これも、自然の成り行きでは
まず起こり得ない事象です。

人工破膜によるリスクと問題

臍帯脱出のほとんどは、

実は人工破膜によって引き起こされます。

自然に破水した場合には、
胎児の方が先に降りてきます。

しかし、人工破膜をすると、

まだ胎児の先を漂っていたへその緒が、
羊水とともに流れ出てしまうのです。

人工破膜手術自体にもリスクが伴います。

まず第一に、

膜を破る針によって、

胎児の頭が傷つく可能性があるのです。

また、母体の膣や子宮口が
傷つく可能性もあります。

そして、破膜手術を通じて、
細菌が侵入する可能性があります。

そのため、病院の措置として人工破膜や
内診による細菌感染を防ぐ為に

抗生物質が投与されますが、

この抗生物質の弊害も今後
詳しく紹介しますが、

ここで人工破膜の必要性に
大きな疑問が浮かびます。

そもそも、前回紹介したように

病院ほど菌やウィルスが
集まっている場所はありません。

そのような場所では

万が一にも傷がつかないよう
注意すべきではないでしょうか。

卵膜の役割、卵膜も羊水も敵ではなく味方

また、卵膜というのは、

卵の殻のようなものです。

羊水に浸る大切な胎児を
保護する目的で存在しています。

つまり胎児は、

膜が健在である限り、

外からの圧力や細菌から
完全に守られているのです。

大切な者を守るガードマン
セキュリティシステムのような
役割を持つ存在です。

それを勝手に破って良いのでしょうか?

また、膜が羊水を満たしている限り、

へその緒が圧迫されるという
事もありません。

いうまでもなく、

胎児はへその緒を通じて呼吸
しているのです。

へその緒が圧迫されるという事は
胎児にとってはまさに死活問題です。

その羊水を勝手に
医師が流してしまうから、

へその緒が邪魔をする
という事になり得るのです。

膜も羊水も、母子を邪魔し、

困らせる為に存在しているのではありません

むしろ守って大切にする為に存在
しているのです。

ですから、胎児にとっては、

できるだけ遅くまで膜に包まれたまま
でいる方が安全という事です。

その安全な形をわざわざ壊してまで
やる目的、必要性がどこに
あるのでしょうか?

膜が丈夫であれば、
最後まで膜は破られないで、

赤ちゃんは膜に包まれたまま
「袋子」として楽々と健康に
生まれてくる事もあります。

それで良いのです。

分娩の途中で自然に破水してしまう
場合でも、

遅ければ遅いほど、

赤ちゃんにとってはラクチンです。

わざと早くに針で刺して
膜を破ってしまう。。。

というのは赤ちゃんにとって
大迷惑な事なのです。

病院出産での細菌感染のリスク

また場合によっては、

破膜後に、胎児の柔らかい
頭に直に電極を刺し込む

という処置も病院出産では
行われる事があります。

この目的は胎児の心配を
監視する為ですが、

(※監視の目的は医療目的
でなく法的な目的ですが…)

この措置は、当然、胎児の
頭皮に傷を作るリスクが高いです。

この場合、一過性の傷だけでは
済まない事もあります。

細菌感染による膿傷ができ、
骨髄炎を併発し、

全身の感染性で死亡に至る事もあります。

これも赤ちゃんにとっては
ますます迷惑な行為です。

さらにこれは母体にもいっそう
細菌感染症のリスクをあげる行為
になります。

病院の中には、

胎児の頭に電極を取り付ける為に、
早くに人工破膜をする事もあります。

これではわざわざ心拍の異常を
誘発してから、それを監視しようと
するようなものです。

心拍の監視であれば、

聴診器やトラウベ(ラッパ状の聴音機)
で十分ではないでしょうか。

病院が考える人工破膜の目的と必要性

ここで産科学では

人工破膜の目的として

胎児の状態を判断するため

という意見もあります。

羊水の濁り具合によって
胎児の異常を察知する事ができる

というロジックです。

さて、これも冷静にこの目的や
必要性を考えてみましょう。

そもそももし、

胎児に異常があるのであれば、
破水させる事の方が、

なおさら危険ではないでしょうか?

破水によって、胎児への
血液の供給は妨げられるからです。

また羊水の濁り具合から
胎児の状態を判断する

という意義ですが、

どうやらこの検証も
疑わしいと言われています。

もちろん、

胎児が苦しんでいる場合
羊水の混濁が見られるという事は
あり得るケースでしょう。

しかし、わざわざ破水
というリスクを冒してまで

羊水の濁り具合を観察する
ほどの価値はあるのでしょうか。

そもそも、羊水の濁り具合の程度を

視覚によって正しく判断すること
自体、極めて困難なのです。

オランダの大学では、

大学院レベルのセミナーに参加した
ベテラン助産師さんたちを被験者として、

混濁度を判定する実験が行われました。

その結果、判定の正確性も一貫性も
極めて低いという事が明らかになりました。

助産師によって、
判定がまちまちであるばかりか、

同じ助産師でも同一の
サンプルを同程度に判定する
事ができなかったのです。

人工破膜により母体も胎児も問題が増える

また、

破水する方が産道の滑りが
良くなるという意見もあります。

これに関しては一般常識で考えれば
分かると思いますが、

それを言うなら、

いびつな形の胎児よりも、

丸っこくてヌメヌメした卵膜の方が、
よほど滑りが良いでしょう。

ホースに卵形の物と
人形を詰めて水を流すなら、

どちらが滑りが良いでしょうか?

普通に考えれば分かります。

些細な差と感じるかもしれませんが、

これは胎児に問題も起こり得ます。

胎児は狭い骨産道(骨盤の間)
軟産道(子宮頚管や膣)を
通って降りてきます。

その際に、

胎児を守る為に、

羊水と卵膜が先鋒の役割を果たすのです。

身を呈して犠牲となる役割があるのです。

そう言って素晴らしい仕組みを
自然に与えられているのです。

しかし破水した場合、

その過程で胎児の頭は強い圧迫を
どうしても受けてしまいます。

そうなれば産婦の姿勢によっては、

生まれてきた赤ちゃんの頭に
こぶ(産瘤)ができたり、

頭頂骨の不整列が
突出(モールディング、応形)
が生じるリスクも高まります。

産科学、病院出産の世界では、

こうした物は自然に消失するから
何も問題はない、と主張します。

産瘤やモールディングの胎児への影響

確かに問題なく元に戻る
というケースがほとんどです。

赤ちゃんもそれほどやわではありません。

しかし何しろ頭部への圧迫ですので、

産婦が仰向けに寝かされて
身動きができない状態にあると、

この圧迫は強烈になります。

果たして、

何もリスク、問題がないと
言い切れるでしょうか。

『バース・ライツー自然な
お産の設計の為にー』

をという本を書いたイギリスの
助産師さんサリー・インチさんは、

分娩に関する諸研究を参照しつつ、

著書で以下のように書いています。

「破水から晩出までの時間と
産瘤形成には密接な関係があって、

早期破水の34%の赤ちゃんに
産瘤があり、遅めの破水だと
5%しか見られません。

産瘤そのものには害がないと
されていますが、

赤ちゃんの脳組織にそれとに
通った循環障害が起こっている事を
示しているのかもしれません。

モールディングが著しいほど、

その部分の脳の膜や脳内の血管へ
障害が及んでいるかもしれません。

フレデリックとバトラーによれば、

破水から晩出までの時間が長いほど、

脳組織の断裂によって出血の
起こる率が高くなっています。

また、ミューラーの調査によっても、

破水から晩出までの時間が長くなれば、

子供の精神発達遅滞の現れる率も
高くなると言う結果が出ています。

フィリップ・シュワルツも
剖検の結果から、

やはり脳の機能障害の原因は
早期破水にあると主張しています。」

自己中心的な目的により病院出産は
様々なリスクのある人工破膜を行うのです。

自然な形の分娩では
とにかく破水は自然に任せます。

自然に破水した後の時間がいくら長くても
何の問題もないと考えられています。

この辺りもプライベート出産の
待つ事の重要性というテーマで
じっくり紹介して行くつもりですが、

まずは当たり前に受け入れている
処置に対して少しでも良いから

疑問を持つ、自分で考えてみるという
姿勢を持ってみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメント

  1. 匿名 より:

    興味深い見解だとは感じますが、胎児側からだけでなく母体側からの視点も取り入れていただかないと、このサイトを見られる方が偏った情報を得ることになると思います。
    管理者様はご理解なさってるとは存じますが、人工破水は何の目的もなく行うわけではなく予定日を過ぎた方、微弱陣痛が続く方などに対して分娩誘発や促進を目的として行っているわけですから、リスクだけを書き連ねるのは少々違和感を覚えます。
    妊娠期にある方やその家族がネットで不安なことを調べるわけですから、こういったことはメリットデメリットの両方を書いていなければただの医療に対する批判日記になってしまうのではないでしょうか。改善いただけることを願っております。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。