unnamed

病院出産で恥、ストレスとなる内診、浣腸、剃毛の意味と問題点


今回のテーマは、

病院出産で恥、ストレスとなる
内診、浣腸、剃毛の意味と問題点

について紹介します。

さて今回も、病院出産における
問題点について指摘していきたいのですが、

お産で入院してきた患者に対して、

医師による内診が何度も行われます。

この目的はもちろん、

お産の進み具合を見る為です。

そしてなぜお産の進み具合を見る
のかと言えば、

当然、分娩の経過に応じた
医療的対応をするためです。

分娩の各段階ごとに、

一定の医療措置を実施
するように決められているからです。

お産が速やかに進行していれば、

スタッフはそれに合わせて

晩出の介助態勢をとらなければ
なりません。

お産が進んでいないようなら、

医師はお産を進めるような
措置をとらねばならないのです。

そう言う意味では
内診は必要不可欠ですが、

母体にとってはどうしても
ストレスが生まれます。

ここは意見が分かれるところですが、

あそこや胸を他人に
ジロジロ覗かれたり

時に触られたりするのは
やはり恥ずかしいものです。

医師が女性ならともかく男性なら
なおさらではないでしょうか。

稀に研修医の研修で複数の人に
内診を見学させる事もあります。

やはりこれは女性にとって

心からリラックスはできない
のではないでしょうか。

もちろん、

安全な出産の為には仕方ない…

と思っていても、

本当にこれら措置が必要があり
意味のある内診なのかどうかは
疑問が残ります。

自然な出産VS病院出産

前回紹介したように、

病院では常に晩出を急ぎます。

分娩をできるだけ手っ取り
早く済ませる事が、

病院の至上命令の一つに
なっているというのも、

暗黙の了解になっています。

早い方が母子ともに有利だと
思い込んでいるお医者さんもいます。

スピードの価値観を持ち過ぎるのは
現代社会の一つの弊害でしょう。

中には露骨に、早い方が病院の運営に
有利だと計算している人もいるでしょう。

とにかく分娩が重なるのは大変ですし、

医師やその他のスタッフも
勤務時間があるのですから、

病院の思惑はどうしても

「分娩は早く終わらせるべし」

と考えるようになります。

ここでお産を巡り、

病院側と患者側に様々なひずみが
生じるのです。

お産の経過というのは
個人個人違い千差万別です。

実に様々な要素が、

分娩の進み具合を調整しています。

人体の神秘的な力が
実に様々な事が重なり合い、

分娩の最も適切な成り行きを
選択するのです。

そしてこうした自然の成り行きこそ、

本来お産のあるべき姿だと思います。

自然な成り行きに任せるのが、

最も健康で、安全な
お産のあり方なはずなのです。

とことが、病院では

この「自然な成り行き」自体が
早々と損なわれてしまいます。

出産の内診のストレスと問題点

そもそも、

病院という異質な場所で内診を受けたり、
陣痛室で一人で寝かされたりすることで、

産婦は大きなストレスを受けてしまいます。

こうしたストレスが、
産婦の身体を硬くしてしまいます。

そうなれば開くべき
子宮口も開かなくなります。

また、ストレスは、
陣痛のリズムを狂わせたり
抑制してしまったりします。

胎児への影響も気になります。

病院でのお産のひずみは
入院してすぐに始まります。

診察によるストレスは
既に妊娠診断から始まります。

その意味では、

医療によるひずみは妊娠初期から
始まっているとも言えるのです。

さらに問題点はそれだけでなく、

内診には危険が伴います。

それは感染性の危険です。

世界で一番細菌が集まるのは病院です。

院内感染が感染性の
最も大きなリスクになります。

病院内には危険な細菌や
ウイルスがうようよしています。

内診を通じて、

それらの菌が膣内に、そして子宮へ
と侵入する可能性があります。

もちろん膣内の雑菌をも
子宮口に押し付けてしまいます。

病院出産こそ最大の感染性のリスク

母体にとっても胎児にとっても、

これは重大な危険と
言わざるを得ません。

つまり、このリスクもまた
既に妊娠初期から始まっているのです。

病院側はこうしたリスクを避けるため
薬品を投与するのだと言いますが、

リスクも解決策も同時に与える
まるでマッチポンプのような仕組みです。

内診ではまた、

膣や子宮口を痛めたり、卵膜を
破ってしまったりする事があります。

膣などに傷がつけば、

細菌感染の危険はいっそう
大きくなりますし、

卵膜が破られれば、
分娩のプロセスが乱され、

お産のひずみはいっそう大きくなります。

確かに内診によって、

分別の進行状況を判断できる
という意味はあります。

しかし「患者」にとっては、

そこから得られる物はほとんどなく、
むしろ失う物の方が大きいです。

そして、次に考えたいのが

「浣腸」です。

病因では通常、お産で
入院してきた患者に対して、

浣腸を行います。

この病因側の意図や意味は、

娩出中に大便が出てしまうと
具合が悪いからです。

病院出産における浣腸の意味と問題点

一般的には大便は
不潔な物と考えられています。

特に便と赤ちゃんが一緒に
出てしまった際の

赤ちゃんへの細菌感染を
懸念する傾向もがあります。

しかしここで、

病院側と自然療法の世界では
大きな考え方の違いがあります。

一般に大便というのは
ばい菌に満ちた汚い、危険な物、

という固定概念がありますが、

本当に便は汚い物でしょうか?

人体と菌の共生については
語り出すとえらく長くなりますので、
簡単に言いますが、

便の中には確かに様々な菌が
大量に含まれています。

しかし、一般にはそれらは忌避
しなければならない程、

有害な物ではありません。

有益菌や無害な体内常在菌の
死骸がほとんどであり、

さらに仮に危険で有害な菌が
含まれている便であっても、

他人にとっては、
感染のリスクがあっても

当人にとっても赤ちゃんにとっても
危険な物ではありません。

詳しくは菌の神秘的な働きを
詳しく勉強して欲しいのですが、

母親と子供は菌を共有し合っています。

だから、仮に母親の便が赤ちゃんの
口に入ったとしても問題はありませんし、

赤ちゃんの便も母親に
まったく害がないのです。

母体が伝染病や菌、ウィルスに
まみれ侵されている状況であれば
問題もあるかもしれませんが、

ゴミ屋敷や掃除を何年もしてないなど、

あからさまに環境が悪い場所で
あればリスクも高まるでしょうが、

通常のお産の場で便をそこまで
嫌悪して敵視する理由はないのです。

便と赤ちゃんが一緒に出ても
健康に対して問題点はありません。

妊婦に浣腸は必要ない!

確かに以下のような考え方もあります。

便のたまる直腸は産道に接しているので、

便が腸にたくさん詰まっていれば
晩出の邪魔になります。

だからあらかじめ浣腸しておいた
方がそれが避けられるのです。

確かに、、

しかし考えてください。

便はわざわざ浣腸しなければ
排泄されない物でしょうか?

当然の事ですが、

人間は自然に便を排出します。

特に子宮の収縮が自然に始まれば、

それに伴って大腸に刺激が伝わり、

自ずから便意を催すように
人体はなっているのです。

しかも、たいていの場合、

便は下痢か軟便になり
排泄しやすくなっています。

よほどの便秘症の人でない限り、

赤ちゃんが降りてくる前に
便は出るものです。

わざわざ誰にでも画一的に薬物
まみれの浣腸を注入する必要は
あるのでしょうか?

晩出中にいきんだときに
便が出ても構わないのです。

わざわざ浣腸してまで
排便する必要はありません。

どうしても心配な場合、

自然な方法で、コーヒーエネマ
などを使うのは良いでしょうが、

それも必要なものではありません。

そもそも、

浣腸によって細菌感染の率が下がる
と言う道理もデータもありません。

むしろ浣腸のせいで
粘液状の便が出やすくなり、

処理しにくくなってしまう
リスクの方が増えるでしょう。

そのうえ、陣痛に
追い打ちをかけるように、

浣腸によるひどい腹痛を
もたらす事もあります。

慣れない人にとって
それ自体ストレスですし、

化学物質入りの薬品による
浣腸の副作用も心配が残ります。

病院出産で恥、ストレスとなる浣腸

浣腸をすると、

その刺激で子宮の収縮も強まります。

その効果も、浣腸の
効能の一つとされていますが、

そうして子宮の収縮を強める事に、

一体何の意味があるのでしょう。

子宮収縮剤といい浣腸といい、

自然なお産では、

子宮は必要なときに必要なだけ
収縮するようになっています。

余計な刺激を加える程、

自然の収縮のプログラム
からはみだしていくのです。

やはり、病院が子宮収縮の
効能を浣腸に期待するのは、

分娩を早く終わらせたいからなのでしょう。

浣腸による子宮収縮も分娩を早く
終わらせるという至上命題による

ひずみの一つの現れでしょう。

何度も言いますが、

お産に浣腸は不要なのです。

その不要な浣腸の為に、

産婦さんは病院でずいぶん
嫌な思いをさせられるのです。

中には生まれて始めての浣腸が
出産のタイミングという人は、

自尊心を奪われることがあるようです。

陣痛のさなかに、肛門から薬を注入され、

トイレに行って排泄させられるのは、

相当な苦痛であり恥ずかしさもあり、
ストレスとなる行為です。

この姿もまさにお産が「生理現象」
でなく「病理」であり患者に施す治療
の一環であるという風に映るのです。

妊婦、出産の経験者、数百名を対象にした
「OL委員会」の調査では、

「お産で一番恥ずかしかったのは?」

という質問にたいし、

その結果、一番多かった回答は

「内診」が25%

その次の多かったのが

「浣腸」で21%

でした。

ほとんどの医療者は、

こうした産婦のメンタルな部分

苦痛や恥辱などのストレス、
心の部分を問題にしません。

産科医の書いた論文でも

こうした苦痛や恥辱を
提起する事はあり得ないのです。

心と体を切り離して考える
医学界ならではの考え方です。

病院出産での剃毛の意味と問題点

次に提起したい問題点が
「剃毛」です。

多くの病院では、お産に
対して陰部の毛を剃ります。

病院分娩は「手術」のひとつです。

手術であれば、患者の幹部の周辺部分
の毛を剃るのは当たり前の慣習です。

病院医学の世界では、

毛を剃った方が清潔だと考えています。

しかし、これも
逆ではないでしょうか。

目に見える場所のヒゲなど、

清潔感という心理的印象では確かに
綺麗になった方が良いかもしれませんが、

人の目につかない毛なら別です。

皮膚を守る為に毛は
存在しているはずです。

剃った方が清潔である
という根拠はありませんし、

むしろ、逆に毛を剃る
こと自体が細菌感染を招きます。

よく考えてください。

剃毛と言う行為は例外なく
皮膚に傷を作ります。

ひげが生えてきた男性が
ひげ剃りを始めた頃、

よく傷跡がついていますが、

剃られる事に慣れていない場所に
刃物で剃られれば、

皮膚は傷つき、傷を作ります。

そこに、細菌が住み着けば
それこそ問題です。

細菌がうようよしている病院では、

このリスクは高いです。

わざわざ菌のいる場所でなぜ皮膚を
傷つける意味があるのでしょうか?

…私には考えられません。

確かに自宅出産でも

分娩に毛が邪魔になるほど伸びている
場合はカットして切る事もあります。

勘違いして欲しくないのが
「剃る」のではなく「切る」のです。

毛を剃るという慣習は元来、
シラミ駆除の為に確立したものです。

しかし衛生状態が一変した現在では
このような理由は成立しないのです。

ではなぜ病院出産では
わざわざ剃毛をするのでしょうか?

病院出産で恥、ストレスとなる剃毛

現在、病院が毛を剃るのは、

会陰の切開と縫合に備える為です。

会陰切開の問題点について
今後詳しく触れるつもりですが、

この手術もそもそも不要なものです。

それに、会陰の切開、縫合をするにしても、

陰毛が邪魔になるかと言えば
大いに疑問があります。

それに対してリスクは大きく存在します。

外国人患者の多い湘南鎌倉総合病院
産婦人科では、

外国人産婦の要望に応じ、
剃毛を廃止したそうですが、

結果的に、特にそれで
支障は生じていないという事です。

さらに、剃毛は産婦にとって
ストレスになります。

先ほどの「OL委員会」のアンケートで、

お産のときに一番
恥ずかしかった事として

「内診」「浣腸」に次ぎ、
多かったのが剃毛で14%でした。

毛を剃るのは有害無益なのです。

なおWHO(世界保健機構)でも

既に1985年に発表した

「出産科学技術に関する勧告」

のなかで、

「剃毛と出産前の浣腸は必要なし」

と表明しているのです。

さて、ここまで紹介したように、

内診、浣腸、剃毛など…

もちろんこうした行為が

「恥ずかしいけど、、
不快でストレスだけど、、

元気な赤ちゃんを産む為なら
耐えて乗り越えるしかない」

という気持ちは立派ですし、
必要な考え方です。

しかし実際には、

メンタルな部分以上に母子ともに
弊害やリスクが存在するのです。

病院出産の経験者の多くは

もっと大きな分娩の苦しみや
赤ちゃんが生まれ大きな喜び

などだけが頭に残り

出産過程で起きた些細な事は
忘れてしまいがちです。

「剃毛は恥ずかしくないですか…」

などと質問すれば、

「そんな小さな事で悩んでもしょうがない」

などと回答します。

しかし、

これは些細な事ではないのです。

ここでしっかり知識を得て
対策を考えなければなりません。

では次回はさらに、

内診、浣腸、剃毛など精神的ストレス
以外に直接肉体にかかるストレスとして

極めて奇妙な機械である「分娩監視装置」
の問題について詳しく紹介していきます。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。