毒素のデトックスに効果のあるリンゴスープのレシピと作り方

毒素のデトックスに効果のあるリンゴスープのレシピと作り方
今回のテーマは、

毒素のデトックスに効果のある
リンゴスープのレシピと作り方

について紹介します。

リンゴスープと言うのは、
デトックスに効果的なレシピの一つです。

リンゴはそのまま食べるか、
ジュースにするのが普通だと思い舞うが、

リンゴスープにして食べるのも、
毒素を排出し免疫力を上げるために
効果的な方法です。

味もおいしいですし、
バリエーションの工夫もできるので、

とてもおすすめです。

スポンサーリンク

リンゴのデトックスパワー

リンゴスープの元になる
リンゴのデトックスパワーは
計り知れません。

私たち現代人の体には、
水銀や鉛などの有害ミネラル、

ダイオキシンの代表される
有害化学物質がたまっているなど、
深刻な問題を抱えていますが、

特にこれらの有害物質は、

脳内において神経に入りこんで
脳機能障害を招いたり、

肝臓や腎臓では、
血液の浄化能力を弱め、

高血圧や糖尿病などの
生活習慣病引き起こしたり、

皮膚の細胞では
アレルギー症状の原因となります。

さらに有害物質は、
体内で活性酸素を放出し、

ガンなどの病気になる危険性まで高めます。

そしてそんな危険な
毒素、有害物質をかき集め、

まとめて体外に出すデトックス力が
リンゴの成分にはあるのです。

リンゴに含まれるデトックスのための有益な栄養素

リンゴに含まれる栄養素の中でも
特に健康に有益な栄養素を紹介します。

毒素をかき集めるのは
リンゴポリフェノールの一つである
クロロゲン酸やケルセチンが持つ役目で、

肝臓から腸、腎臓へと運ばれ、
便や尿となり排出されるのです。

さらにリンゴのペクチンが
有害物質を便の中にがっちりと固めて、

スムーズに体外に追い出します。

ペクチンは加熱すると増えるので、
温かいリンゴスープにしてとると
さらに効果的です。

有害物質によって代謝が落ちた身体に、
リンゴスープで温めて代謝を高めると、

あらゆる不快症状の改善へと繋がります。

なのでここでは
リンゴスープと言うものを紹介しています。

リンゴスープのレシピと作り方

リンゴスープの作り方は
非常に簡単でシンプルです。

以下に一般的なリンゴスープの
作り方のレシピを紹介します。

リンゴスープのレシピ

・材料

リンゴ…二個
水…2L

(リンゴの種類は何でもいいが、
無農薬がベストです)

・作り方

ステップ1.

リンゴは無農薬なら軽く水洗いし、
農薬やワックスが使われていたら、
丁寧に洗います。

ステップ2.

リンゴは皮をむかず4~6等分に切り、
種も栄養成分があるので取らないでおく。

正しヘタは苦味が出るので切る。

ステップ3.

鍋に水を入れて沸騰させ、
リンゴを入れます。

再度煮立ったら、弱火をして蓋をし、
1時間コトコト煮ます。

ステップ4.

リンゴが透明になり、
皮が茶色になったら出来上がりです。

といういたってシンプルな作り方です。

健康のためにリンゴスープは効果的

こうして作ったリンゴスープは

傷みやすいので二日目以降の分は、
余熱が取れたら保存容器に移し、
冷蔵庫で保存します。

そして一日3カップを朝食として食べたり、
お茶代わりに飲むといいでしょう。

味のバリエーションが欲しければ、
他の果物や野菜を加えるのも良いでしょう。

もちろんデトックスや健康増進のためには

そのままリンゴを食べたり、
リンゴジュースやスムージーなど
を飲む事も素晴らしい事ですが、

毒素輩出の第三の方法として、

加熱する事で新たなリンゴの
成分を吸収する事もできます。

今回のレシピ、作り方を参考にして、
味もおいしいのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。