野菜を使った美味しい特製デトックススープの効果と作り方

野菜を使った美味しい特製デトックススープの効果と作り方
今回のテーマは、

野菜を使った美味しい特製
デトックススープの効果と作り方

について紹介します。

免疫力高め、健康に生きるため、
デトックスという行為は欠かせないものですが、

美味しくて楽しくなければ続きません。

なので、できるだけ美味しく
続けられるレシピを紹介したいと思います。

それが特製「デトックススープ」です。

一日一杯の「デトックススープ」で
体内の毒素を捕まえ、閉じ込め、排出します。

野菜の力を使ったパワフルな飲み物として、

日々の健康ルーティーンに
加えるとお勧めです。

今回はそんな特製の「デトックススープ」の
作り方を紹介しましょう。

スポンサーリンク

デトックススープが必要な理由

デトックススープは

現代人が取り込んでしまう毒素を
効果的に排出してくれる優れものなのですが、

なぜこういったスープが必要なのか、

私たちが日常的に取り込んでしまう
水銀をはじめとする毒素は

大活性酸素を大量に
発生させることが分かっています。

活性酸素は体の中に取り入れた際、
酸素の一部が変化したもので、

少量であれば、細菌を
殺菌する効果などありますが、

増えすぎると細胞を酸化させ、
さびが生じた状態にしてしまうのです。

つまり、身体を傷つける元凶が
活性酸素というものですが、

さらにその状態が
シミそばかすと言った老化や、

細胞のガン化を引き起こす原因となるのです。

つまり不調や病気の根本原因となるものです。

私たちはどうにかしてこういった
毒素をなくさなければ行けません。

そしてここで効果を発揮するのが
野菜を使ったデトックススープなのです。

デトックススープの作り方

現代社会に生きている限り、
身の回りの毒素から
100%身を守ることは不可能に近いのですが、

そんな取り込んでしまった毒素を
いち早く体外に排出することは大切です。

ここでお勧めが「デトックススープ」です。

作り方は簡単で、

玉ねぎ、牛蒡、を昆布で煮て、
水で戻したお麩を入れ、
最後にミソまたはカレー粉で味を付けます。

好みや季節に合わせて
野菜の種類は変えても構いません。

これら材料はすべて
効果的にデトックスを促してくれます。

美味しいデトックススープの3つの働き

ここでデトックススープに使われる
野菜が有害毒素に作用する3つの
働きについて紹介します。

一つ目が、

玉ねぎの持つ「キレート作用」です。

これはギリシャ語で「蟹のはさみ」を
意味する言葉ですが、

玉ねぎのケルセチンは
毒素を挟んで排出するような働きをします。

玉ねぎに含まれる、
この作用を持つ成分の代表的なものは

肝臓のデトックス効果を
強化する硫化アリルや

抗ガン作用があるセレニウムです。

二つ目が

有害物質を無毒化する成分です。

この作用がある主な成分は、
麩の成分や高野豆腐などに多く含まれ、

亜鉛から生じる
メタロチオネインです。

これらは毒を包むことで、
悪さをできないように閉じ込めるのです。

三つ目が

牛蒡にたっぷり含まれている
食物繊維です。

体内に蓄積された毒素の
75%は便から排出されます。

食物繊維は腸にたまった老廃物を
絡めて便として出すことで、

毒素をいち早く
効率よく体外に排出する
デトックス効果があるのです。

さらにデトックススープの
味付けに使う味噌は、
強力な抗酸化作用が、

カレーの香辛料であるウコンは
肝機能を活発にする働きがあります。

美味しいだけでなく作り方も簡単な

是非このデトックススープを
毎日の生活に取り入れてみましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。