クロロフィル食材でデトックス効果、免疫力を倍増させる方法

クロロフィル食材でデトックス効果、免疫力を倍増させる方法
今回のテーマは、

クロロフィル食材でデトックス効果、
免疫力を倍増させる方法

について紹介します。

クロロフィルと言う栄養素は
デトックスに大変効果的なのですが、

なかなか耳慣れない言葉かもしれません。

クロロフィルというのは
葉緑素とも呼ばれ、

植物や藍藻類に含まれる
緑色の脂溶性の色素のことです。

濃い色の緑色の野菜に多く含まれるのですが、

特にクロロフィルを豊富に含む食材は、
ほうれん草、小松菜、ニラなどです。

そしてこの栄養素に注目され、
サプリメントの形で販売もされています。
 
植物に含まれる栄養素は
免疫を上げるためにもきわめて強力ですが、

例えば、胡麻に多く含む
ゴマリグナンいう成分も効果があります。

スポンサーリンク

ゴマリグナンの健康への効果

ゴマリグナンには、

健康を脅かす活性酸素や
活性酸素のもとになるストレス物質を除去する
強力な抗酸化作用があります。

活性酸素は免疫の大敵、

健康を目指す上で
必ず摂取しなければならないものですが、

ゴマリグナンの抗酸化作用は注目で、

しかもその効果は
食べてから30分から1時間で発揮されます。

またデトックス効果も高く、

ゴマリグナンを構成する
セサミンとセサモリンには

体内の毒素を無毒化する
肝臓の機能を高めてくれるからです。

もし野菜を食べる際は、
なるべくごまをふりかけましょう。

クロロフィルだけでなく、
ゴマリグナンの効果を相乗的に
取り入れる事ができます。

クロロフィルとゴマリグナン豊富な
食材を毎日の食卓に取り入れ

デトックス効果、免疫力が
倍増させる方法となるのです。

クロロフィルのデトックス効果

またデトックスに重要な器官である
腸には絨毛(じゅうもう)と呼ばれる
小さな突起が無数にあります。

絨毛は、食べ物を先に運びながら
栄養分を吸収する働きをします。

この絨毛にへばりついて
動きを妨げて便秘の原因になるのが、

大気や食品に含まれる
ダイオキシンやペンゾピレン、
農薬や添加物などの毒素です。

これら毒素の多くの分子構造は
扁平型と言って特殊な形をしているので、

食物繊維の代表格である
セルロースの分子では、
絡める力が弱いのです。

そこでクロロフィルと言う
食物繊維の登場です。

クロロフィルは分子そのものが小さく、
扁平なものだけを選んで吸着し、

外に出してくれるデトックス効果の
優れ物だからです。

クロロフィルの摂取法

クロロフィルは
先ほど紹介した緑黄色野菜や、
海藻類以外にも、

お茶などの青や緑の多い
食材、食べ物に多く含まれています。

そしてこのクロロフィルの
デトックス効果、免疫力を倍増させるのが、

ごまとの組み合わせなのです。

ゴマに含まれる脂質が、
細胞膜の中にあるクロロフィルを
溶媒する役割を担うので、

身体に吸収しやすい状態にしてくれます。

なので、「ゴマとほうれん草のおひたし」
などはデトックス効果の高い料理と言えるでしょう。

ただしほうれん草は
長時間お湯に付けると、

クロロフィルが流出してしまうので、
調理時間はなるべく短くしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。