セロリの甘酒漬けの成分の腸内の免疫力を大幅に高める効果

セロリの甘酒漬けの成分の腸内の免疫力を大幅に高める効果
今回のテーマは、

セロリの甘酒漬けの成分の
腸内の免疫力を大幅に高める効果

について紹介します。

セロリというのは免疫力を高める
素晴らしい食材の一つです。

中でも、セロリの甘酒漬けと言うのは
腸の免疫力を大幅に高めれくれる
おススメの摂取法です。

セロリの独特の味が苦手…

と言う人もこの方法なら
摂取できるでしょう。

セロリは比較的新しい野菜のように
思われがちですが、

実はそうでもありません。

古代エジプトでは既に
使われていたそうですし、

古代ギリシャでは、
二日酔いによる激しい頭痛に悩まされた人は
セロリで冠を作り

それを頭に乗せて痛みを和らげたそうです。

スポンサーリンク

セロリの成分の免疫への効果

ご存知のように、
セロリの成分には腸内環境を整え、

便秘や食後の血糖値の急激な
上昇を抑える食物繊維が豊富です。

なので腸の免疫力を大幅に高めてくれます。

食物繊維だけでなく、
ビタミンB1やB2など、

代謝を促進して、私たちの肌の健康も守ります。

さらにセロリには、

血管や細胞を活性酸素から守り、
血液をサラサラにする成分もたくさん含まれています。

癌を予防する効果の認められた食品のうち、
セロリは効果の高い食品としてトップレベルに位置します。

さらに精神的なストレスにも
セロリは有効に働きます。

セロリのあの独特の香り成分には、
精神の興奮を和らげ、

ストレスによる精神不安や不眠などを
治す効果も認められています。

なので、食べるだけでなく
古代エジプト人は頭にも付けていたのですね。

免疫力向上のため
毎日でも食べたい食材です。

セロリが苦手な人でも美味しく食べるには?

ただ、セロリが苦手、
あまり好きでない人にとって、
毎日食べ続けるのは難しいでしょう。

なので、苦手な人でも毎日飽きずに
セロとを食べる事が出来て、

さらに足りない栄養成分を補えるという
とっておきの食べ方をここで紹介します。

腸の免疫力をアップさせて、
さらに肌をきれいにする効果のある
甘酒と組み合わせた

「セロリの甘酒漬け」

というものです。

甘酒と聞くと、

寒い季節の正月などのお祝い事に
飲むものだと思っている人が
多いかもしれませんが、

昔は、一年を通じて
疲労回復や夏バテ防止のために
飲まれていたものです。

セロリを甘酢に漬けて食べると
美味しくて食べやすくなります。

さらに免疫力向上に
相乗効果を生むのです。

甘酒の成分の健康の効果

甘酒は厳密にはお酒ではなく、
味噌と同じ発酵食品です。

カビの一種である、麹菌でお米を発酵させ、

米のでんぷんがブドウ糖やアミノ酸に
分解されてできる。

お酒の一歩手前の飲み物です。

甘酒の健康のメリットは

主成分であるブドウ糖が、
効率の良いエネルギー源になると言う事。

そしてそれが疲労回復ばかりでなく、
脳のエネルギーとしても使えるので
脳の活性化に役立ちます。

また発酵の過程で生まれる
ビタミンや必須アミノ酸がたっぷり
含まれる事も見逃せないですね。

乳酸菌や善玉菌の餌となる
オリゴ糖も豊富なので、

セロリと一緒に取ることで、
整腸作用がよりアップして、

腸内の免疫機能が高まります。

様々な病気の予防が期待できますね。

セロリの甘酒漬けの作り方

免疫力向上、特に腸にとって
素晴らしい恩恵を与えてくれる、

セロリと甘酒の組み合わせは
相乗効果的に腸内の免疫力を
大幅に高める成分が豊富なのです。

そんなセロリ甘酒漬けの作り方は簡単で

ステップ1.

セロリを食べやすいサイズに切った後、
ビニール袋に入れて塩もみします。

ステップ2.

五分ほどでセロリの水分が出ますので、
軽く絞って水を切ります。

ステップ3.

お酢小さじ4、甘酒大さじ8杯を
ビニール袋に入れて軽くもみます。

ステップ4.

このまましばらく漬けておけば完成します。
密閉容器に入れておけば冷蔵庫で
一週間ほど保存可能です。

以上のようにすれば

セロリは味もおいしく食べれる
体にもいい免疫強化食品になりますので
ぜひお試しください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。