シソと味噌の組み合わせ食材パワーで免疫力を整えるメリット

シソと味噌の組み合わせ食材パワーで免疫力を整えるメリット
今回のテーマは、

シソと味噌の組み合わせ食材
パワーで免疫力を整えるメリット

について紹介します。

さて、前回まで食材単体の
パワーを紹介してきましたが、

組み合わせ次第で健康への
メリットも増加します。

シソと味噌の組み合わせは
非常に免疫力をバランスよく
整えてくれる食材になります。

独特の風味があるシソは
非常に健康にとって素晴らしい
成分が入った食材ですし、

味噌も日本古来から伝わる
非常に優れた健康の知恵です。

この二つが融合することで
免疫にとって素晴らしいメリットが生まれます。

スポンサーリンク

お釈迦さまも処方したというシソのパワー

薬膳と言うのは、漢方医学で言う、
より薬に近い食べ物を中心に
調理した料理のことで、

ハッキリと治療効果がある
料理のことを指します。

シソと言うのは古くから
東洋医学では薬膳料理に用いられてきた
重要な食材の一つで、

解毒、健胃、発汗解熱、鎮咳、
神経安定などの作用があることが
知られています。

仏教医学の古い文献には、
お釈迦様がシソを粉末にして

食欲不振や貧血で苦しむ病気の僧侶の
治療に用いたことが記されています。

お釈迦さまもシソの持つ
免疫力を上げるパワーに
気づいていたのでしょうね。

シソはアレルギーの炎症を抑える作用が

シソには、さまざまなビタミンや
ミネラルが豊富なだけでなく、

花粉症などアレルギー症状による
炎症を抑えるロスマリン酸という
成分が多く含まれています。

ロスマリン酸というのは
ポリフェノールの一種なのですが、

ポリフェノールには
私たちの体に様々な悪影響を及ぼし
免疫力を下げてしまう活性酸素を
除去する働きがあります。

その活性酸素の働きを
ロスマリン酸は抑えるのです。

さらにロスマリン酸の驚きの効果は、
炎症を抑える事です。

炎症というのは、
身体が傷ついたり、細菌に感染した時に
それを修復しようと免疫細胞である
白血球が必要以上に集まることで起こるのです。

白血球は免疫システムにおいて、
傷を治したり、身体にとって異物である
細菌を食べて退治しますが、

その際、身体にとって毒でもある
活性酸素も発生させてしまうのです。

そこで、
ロスマリン酸の抗酸化作用が
効果を発揮するのです。

特にシソに含まれるロスマリン酸は、

お茶やワインに含まれる
他のポリフェノールよりも、

遥かに吸収率が良いと言う
メリットがあります。

特にシソと味噌の組み合わせは
食材のパワーを高めます。

味噌は免疫を高める素晴らしい発酵食品

癌の予防効果の高いとされる
食材の一つが大豆ですが、

その大豆に塩を麹を加えて、
発酵熟成させた味噌は、

免疫力を高めるタンパク質。
発がん物質を除去する酵母や乳酸菌。
血流や代謝を良くする不飽和脂肪酸。
デトックス効果を持つ食物繊維。

さらにビタミン、ミネラルなど
優れた健康成分がぎっしりと詰まった

免疫力を高める食材と言えるでしょう。

特に味噌に含まれるファイトケミカルの
フラボノイドには大きな力があります。

ある研究では、

フラボノイドを加えた餌を与える
動物実験では、

肝臓がんや乳がんの発生が
大幅に抑えられたと言うデータもあります。

フラボノイドを中心に
いくつかの有効成分が相乗効果となり、

味噌のがん予防効果も
いっそう高まっているようです。

1日3食のうち、2食に味噌汁
を加えるだけ十分なフラボノイドを
摂取することが出来ます。

さらにフラボノイドが豊富な食材は?

フラボノイドは癌を防ぐだけでなく、
免疫の過剰反応を抑える働きもあります。

身体に入った異物は、
ダニ、ハウスダスト、花粉、卵などさまざまで

鼻や気管支、胃腸の粘膜にくっついて
炎症を引き起こします。

フラボノイドはその炎症を起こす
生理活性物質であるTNFの分泌を
適度に調整してくれます。

つまり免疫力を整える働きがあるのです。

特にこの働きが強い食品がシソです。

シソを使った動物実験では、
TNFの生産量が7~8割抑えられてそうです。

シソに含まれているのは、
ルテオリンという抗酸化作用の強い
フラボノイドで

過剰な免疫反応を良く抑えてくれるだけで
免疫機能を落とす事はありません。

食材は生で食べるのが薬効の
メリットを高める為にベストですが、

シソはまた加熱やアルコール酢につけても
成分が変わらないのが特徴です。

シソと味噌の組み合わせで免疫を整える

そんなシソと味噌ですが、

ここでお勧めしたいのが、

これを合わせた「シソ味噌」です。

●シソ味噌の作り方

1.

シソの葉を3枚ほど水にしばらく付け洗い、
その後細かく刻みます。

2.

密閉容器に味噌100gとシソを
混ぜ合わせれば完成です。

野菜などにつけて
一日大さじ1杯程食べると良いでしょう。

優れたフラボノイドを含む味噌と
シソを混ぜ合わせたシソ味噌は

過剰な免疫機能を整え、
花粉症やアトピー性皮膚炎などの
アレルギーを軽減する効果が期待できます。

様々な食材との料理に活用できますし、

味噌汁にしても良いですし、
調味料として野菜などにつけると

美味しく体質改善が期待できます。

ぜひお試しあれ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。