多種類のキノコに含まれる成分の素晴らしい免疫力アップ効果

多種類のキノコに含まれる成分の素晴らしい免疫力アップ効果
今回のテーマは、

多種類のキノコに含まれる成分の
素晴らしい免疫力アップ効果

について紹介します。

キノコは免疫力を高める作用があります。

シイタケ、マイタケ、シメジ、エノキダケなど

日本人は古くからさまざまな種類の
キノコを食用にしてきました。

これらのキノコは味が良くておいしいだけでなく、
免疫力を高め健康にも大変役立つ食材です。

毎日少しずつでも多種類のキノコを食べれば
身体の免疫機能が高まり、健康に過ごせます。

キノコの健康作用は多岐にわたりますが、
代表的なものは以下の三つです。

スポンサーリンク

キノコの成分の免疫力増強作用

免疫というのは健康にとって
最も重要な働きなのですが、

私たちの体を外敵から守っているのが、
マクロファージやT細胞などの免疫細胞です。

キノコの主成分である多糖体の
β-グルカンや糖たんぱくというのは、

免疫細胞のマクロファージを刺激して
T細胞の活性を高め、免疫力を強化してくれます。

その結果、ガンなどの生活習慣病を予防したり、
風邪をひきにくい身体になります。

キノコの成分の抗酸化作用

私たちが体内に取り入れた酸素のうち、
およそ2%は活性酸素に変化します。

活性酸素のうち特にあるものは
フリーラジカルと呼ばれ、
強い毒性を持つようになります。

活性酸素は体内の脂質と結びつき、
正常な遺伝子や細胞、組織を傷つけ、
ガンなどの生活習慣病を始め、

様々な病気の元凶となります。

免疫力が落ちると活性酸素が発生しやすくなり、
さらに免疫力が低下すると言う悪循環に陥ります。

キノコに含まれる成分は、
強い抗酸化作用があり、

活性酸素を除去する働きを発揮します。

もちろん、活性酸素の除去は
生活習慣病予防の近道です。

キノコの成分の抗腫瘍作用

キノコの他の食品にない特徴が、

直接腫瘍を攻撃するのでなく、
免疫システムや抗酸化作用を高めて
癌の抑制効果を高めると言うもの。

このほかにも、キノコには
コレステロール低下作用、
血圧降下作用、抗ウィルス作用、
抗血栓作用、肥満抑制作用など、

幅広い効果を持つ事が確認されています。

キノコには多様な成分が含まれていますが、
共通しているのは低カロリーで
食物繊維が豊富な事です。

様々な種類のキノコを食べよう

さらにキノコに対する研究は進み、
それぞれのキノコがどのような薬効を持つのか
分かってきています。

・シイタケ

ある研究で、シイタケから抽出した
液をラットに注射して、

ガンが治癒したと言う報告があります。

シイタケの菌糸には強力な
抗ウィルス性の物質である
インターフェロンを作る働きがあります。

この抗ウィルス性の物質の正体が
レンチナンというβグルカン系の多糖類
と言う事が判明されました。

つまりシイタケに含まれる
β-グルカンという多糖体は

免疫力を強化し、抗がん活性を高めます。

血液を作りだす上で
欠かせないビタミンである

ビタミンB12もシイタケ特有の栄養素です。

また腸を健康にする食物繊維や
骨を丈夫にするビタミンDも豊富です。

ビタミンDは小腸でのカルシウム吸収率を
通常の20倍にも高めますが、

食べる前に日光に当てておけば、
ビタミンDの量が増えます。

そういう意味で、生シイタケよりも
干しシイタケの方が栄養的には優れています。

・マイタケ

β-グルカンという多糖体と多糖たんぱくが、
免疫力のバランスをとり、強い抗ガン作用を発揮します。

・シメジ

ブナシメジには発がんを防いだり、
癌細胞の増殖を抑える効果がある事が分かっています。

これはシメジに含まれる多糖体と糖たんぱくが
免疫細胞を活性化する事による作用であると
考えられています。

・エノキダケ

エノキダケには特有の成分に
EA6(糖たんぱく)があります。

この物質は癌細胞の発育を抑え
癌細胞を攻撃する効果がある事が確認されています。

というようにキノコには強い免疫作用と
抗ガン作用があります。

多種類のキノコを食べれば、
成分が相乗効果を発揮して

素晴らしい免疫力アップ効果が
期待できるでしょう。

味もおいしいのでぜひ食べて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。