レンコンの成分は免疫力を高めアレルギーを抑制する作用がある

レンコンの成分は免疫力を高めアレルギーを抑制する作用がある
今回のテーマは、

レンコンの成分は免疫力を高め
アレルギーを抑制する作用がある

について紹介します。

レンコンという食材は免疫力を高めてくれます。

またアレルギー抑制作用、
特に小児ぜんそくに威力を発揮します。

昔から中国ではレンコンは
漢方に取り入れられてきました。

一般にハスの地下茎をレンコンと呼び、
食用にしています。

レンコンがおせち料理など、
縁起ものとして使われているのは、

穴があいていて、
「先の見通しがきく」ことから、
使われています。

スポンサーリンク

レンコンに含まれる健康に良い成分「タンニン」や「ムチン」

レンコンには、

吐血、血尿、血便、鼻血など、、

様々な止血効果が知られています。

これはタンニンと呼ばれる物質
によるものです。

タンニンには止血作用以外にも
炎症を抑える作用や、

ねばねば成分のムチンと共に
のどの痛みや鼻水を抑える効果があります。

レンコンを切ると
スーッと糸を引きますが、

この糸を引く成分がムチンです。

ムチンは胃腸に働いて、
タンパク質や脂肪の
消化や吸収を促進します。

レンコンのアレルギー抑制作用

またレンコンには
アレルギー抑制作用もあります。

花粉症やアトピー性鼻炎、喘息など
アレルギー症状は、

体内に入ってきた花粉などの異物に対して
免疫反応が過剰に働き、

皮膚や粘膜に症状が起きる事を言います。

免疫の仕組みでは
外部から侵入してきた異物を認識すると
その異物に応じた抗体を作り、

その抗体によって、異物を攻撃し破壊します。

その仕組みを支えるのが

IgE(アイジーイー)抗体

と呼ばれるものですが、

このIgE抗体の産生を抑えることこそが、
アレルギー症状の緩和に重要になります。

IgE抗体の抑制作用を持つ食物としては、
ニンニクやシソなど色々とありますが、

中でもレンコンはピカイチです。

群を抜いた素晴らしい効果があります。

その為レンコンを主体しにした
サプリメントも売られています。

また、小児ぜんそくの発作や
激しいせきなどのアレルギーにも有効です。

レンコンは胃腸の機能を助け、
痰の産出を防ぐとともに

肺に働いて、気道に溜まった
痰を取り去り、呼吸を調整します。

レンコンの免疫アップ効果

アレルギーを抑えるだけでなく、
免疫力を高める効果もレンコンにはあります。

最近に研究によるとレンコンには
ポリフェノールが豊富だと言う事も分かってきました。

ポリフェノールは、様々な病気の原因である
「活性酸素」を無害化する働きがあり、

ストレス過多で働き過ぎの現代人にとって、
非常に重要な役割があり、

つまり免疫力の優れた栄養素がたっぷりあります。

またレンコンには不溶性の食物繊維も豊富で、
繊維は大腸内で異物や添加物を吸収して
絡め取り体外に排出してくれます。

便秘も解消するので、
最高のデトックス効果ですね。

快便生活が実現すると、
吹き出物やむくみなど解消され
すべすべのお肌も期待できるでしょう。

レンコンで美肌作りを実現しよう

さらにレンコンには

美肌作りを助ける栄養素として
ビタミンCが含まれています。

レモン並みのビタミンCが含まれています。

本来熱に弱いビタミンCですが、
レンコンのビタミンCは熱に比較的強く
加熱しても大丈夫です。

ビタミンCは血流を改善してくれる
冷え症の緩和や疲労回復に効果があります。

肌のハリを作るコラーゲンの生成に
ビタミンCは欠かせません。

このように、そのまま食べても
十分に美味しいレンコンですが、

免疫力を高める健康効果です。

色々な料理法のバリエーションもあり、

食感が素晴らしく私も大好きな食材で
毎日でも食卓に取り入れたいですね。

さらにその効果をパワーアップさせてくれる食材を
次回から紹介していくので、

レンコンの薬効成分を
スムーズに吸収することができ、

その効果が何倍もアップするでしょう。

レンコンの収穫は大変です..

健康のためのレンコンのおススメレシピ


・レンコン汁

アレルギー体質を根本的に治したいなら
レンコンを煮だしたシンプルなエキスを
習慣的に飲むことがおススメです。

一方、急な鼻水や鼻づまりに
素早く効果を発揮してくれるのが

レンコンのしぼり汁を鼻に直接塗ることです。

「レンコン汁の作り方」

材料:一週間分

・れんこん…約50g
・ガーゼ
・おろし器
・保存瓶
・綿ぼう

ステップ1.「皮をむく」

レンコン5g程度(約一週間分)を用意し、
丁寧に水洗いしたならば、

皮むき機や包丁で薄く皮をむきます。

ステップ2.「すりおろす」

皮をむいたレンコンを
生のままおろし器などですりおろします。

多少粗いおろし方でも構いません。

ステップ3.「ガーゼで絞る」

二枚重ねにした
清潔なガーゼの上に、

すりおろしたレンコンを入れ、
ガーゼの上からギュッと絞ります。

ステップ4.「保存する」

絞り汁は小さな保存瓶などに入れ
冷蔵庫で保存すれば、

一週間ほど使えます。

<使い方>

レンコン汁は綿棒につけて
一日3~4回鼻の粘膜に塗るだけです。

一度、粘膜に触れた綿棒は
再びレンコン汁にはつけず
使い捨てて下さい。

レンコンの健康作用のまとめ

レンコンの主な栄養成分(可食部100gあたり)

炭水化物…15.5g
ビタミンC…48mg
カリウム…440mg
マンガン…0.78mg
鉄分…0.5mg

レンコンの主な機能性成分

ムチン…疲労回復、消化促進、免疫力強化、
アルカロイド…平滑筋弛緩作用、鎮痛作用

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。