血液循環、血行を良くする方法で白血球、免疫力は高まる

血液循環、血行を良くする方法で白血球、免疫力は高まる
今回のテーマは、

血液循環、血行を良くする
方法で白血球、免疫力は高まる

について紹介します。

血行を良くする事は間違いなく
免疫力を高まる事が出来ます。

しかし、現代人の多くは、

ストレスや運動不足、
ジャンクフードの食べ過ぎ、

昼夜逆転の生活、
喫煙、飲酒…など

挙げればきりがないほど、
血行を悪くする生活習慣を持っています。

こうした原因が故に、
自律神経のバランスが崩れ、

交感神経の働きが優位になり
リンパ球が減り、

免疫力が低下してしまうのです。

これからの人生健康に生きるため、

しっかりと対策をして、
血行を良くし免疫力を高めなくてはいけません。

スポンサーリンク

血液の悪さは免疫力を下げる

例えば最近聞く言葉で

「血液サラサラ」

と言う言葉を聞きますが、

全身に組まなく酸素や栄養を
行き渡らせると同時に、

老廃物を解消すると言う意味で
とても大切な働きです。

反対語が

「血液ドロドロ」で

血液の粘性が増し、
細い血管、特に毛細血管を
血液がスムーズに流れなくなった状態の事です。

血行が悪いと言う事ですが、

この原因は
血小板が白血球に付着して
「ダマ」になる事、

赤血球の膜がしなやかさを
失って硬くなる事です。

これが全身でおこると
抹消までの循環が悪くなります。

こうなれば例えば、

私たちの身体の中で
絶えず「癌の芽」ができますが、

それをせっせとやっつけてくれるのが
免疫システムであり、白血球です。

しかし血行が悪いと

白血球は癌の発生、増殖現場に
駆けつけられなくなり、

免疫の網の目をくぐり抜け、
発ガンリスクがどんどん高くなります。

現代人の体温が下がる要因とは?

癌までいかなくても
血液の流れが悪くなると

様々な健康被害、体調不良が起きます。

人間の体は細胞の中の
ミトコンドリアが働くことで

エネルギーを得て生きています。

細胞が最も活発に働くのは
体温が37℃前後と言われます。

風邪を引くと熱が出るのは、
体温を上げることで
免疫細胞も活性化するからです。

なので、普段から
身体がポカポカと温かい、
体温が高めの状態の方が、

病気を遠ざけることはできるのです。

しかし、血液循環・血行が悪くなりがちな
現代人の平熱は意外と低いものです。

細かな原因はたくさんありますが、
その大きな原因は、恐らく二つ

「口呼吸」と「冷たい飲み物」の取り過ぎです。

冷たい飲み物を取り過ぎない事

コンビニや自動販売機で
水やお茶、ジュースを買おうとすると、

だいたいがキンキンに冷えた
缶やペットボトルのものを買う事になります。

なので現代人は、
それをそのまま飲む習慣がありますが、

キンキンに冷えた5度くらいの飲み物を飲むと
体温は約1度下がり腸も冷えてしまいます。

腸が冷えると、

白血球の消化力が低下し、

さらにはふだん害のない腸内細菌が
腸の白血球を作る器官に入り込みます。

すると、そこで細菌をかかえた
白血球が作られ、血液から体内の
細胞に細菌を移してしまいます。

そして次第に体は病に冒されていくのです。

なので冷たい飲み物は病気ものとであり、
なるべく飲まないほうがいいでしょう。

なるべく常温で飲むか、

免疫力を高めて病気を治す意味で、
40℃前後の温かい飲み物を飲むと良いでしょう。

呼吸の大切さ

また、意外に知られていないのですが、
肌荒れやアトピーなどの皮膚疾患も、
口呼吸が原因の場合も多いです。

口呼吸を続けていると、
様々な病気にかかりやすくなります。

口呼吸をつづけると
のどの扁桃部が乾燥し、
温度が下がっていしまいます。

すると体温が下がり、
扁桃部からとめどなく細菌が入り、
白血球に取り込まれます。

生きたまま細菌が潜り込むと
この白血球は体中に運ばれ、

さまざまな器官の細胞内感染を起こし、
様々な病気にかかりやすくなるのです。

つまり細菌が多すぎて、
白血球が疲れ果てるのです。

白血球が元気で身体にたっぷり酵素があれば
細胞は活発に働くので免疫は高まります。

免疫が高くなれば
器官の働きも正常化し、
肌もツルツルにいられます。

そのためにも、要となる白血球に
菌が侵入することを許してはいけません。

免疫力を高める鼻呼吸のススメ

低下した免疫力を回復させるために
ぜひ実践して欲しいのが、

鼻呼吸です。

呼吸方法を「鼻呼吸」に
するだけで菌の侵入を防げます。

鼻は本来の呼吸器官なので、
外から入ってくるほこりやちりなどの
異物を取り除く働きを持っています。

その働きぶりは加湿器付き
高機能空気洗浄機と言われるほど、

細菌や、ウィルスまでも
かなりの程度除去してくれます。

こんな簡単なことで
体の内外も変われるので

一日でも早く鼻呼吸をするよう
意識すると良いですね。

お風呂に入って免疫を高めましょう

また血液循環・血行を良くする意味でも
入浴というのは素晴らしいですね。

免疫力は冷えることで
交感神経が優位になり下がってしまいます。

なのでストレスにも冷えにも有効なのが入浴です。

さらに免疫をアップする効果が期待できるのが、
ラベンダーの香りを入れた入浴です。

アロマセラピーでもラベンダーの香りの
アロマオイルを入れるとストレスを軽減し

副交感神経を高める効果があるのです。

お湯は40℃くらいで10分ほど
浸かるのがおススメです。

温めることで血行が促進され、
体温が上昇し、副交感神経が適度に
優位な状態を作ってくれます。

そして忘れてはいけないのが、
入浴前後の水分の補給です。

お風呂に入ると汗が出て、
血液中の水分が失われます。

そうすると、血液はドロドロになり
血行が悪くなります。

お風呂から上がった後、
水分を補給することは大切ですが、

できれば、入浴前にも
水分を補給したほうがいいですね。

そうすれば血液がドロドロにならず、
血液循環・血行を良くすることができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。