骨盤の歪み、バランスを整えることで健康に免疫力も高まる

骨盤の歪み、バランスを整えることで健康に免疫力も高まる
今回のテーマは、

骨盤の歪み、バランスを整える
ことで健康に免疫力も高まる

について紹介します。

骨盤は上半身と下半身をつなぐ
ちょうつがいのようなものですが、

それだけでなく、

人体の健康、そして免疫力にとっての
非常に大切な役割をもっています。

この骨盤が左右前後に歪むと、
それにつながる背骨も歪んでしまい、
全身のバランスが崩れてしまうのです。

「骨盤」は、「腸骨」という湾曲した
大きな骨が左右に一対あって

主のその部分を指しています。

しかし実際には腸骨は
背骨の下端にいくと「坐骨」と呼ばれ、

その坐骨が前方に向かって
せり上がってくると「恥骨」と呼ばれ、

その全体が骨盤と呼ばれる部分です。

骨盤はの役割というのは、

その内部に、生殖器、泌尿器といった
臓器を内蔵し、さらに上体の重みを
受けとめる役目をしている体の部位です。

スポンサーリンク

男性より女性の方が骨盤は歪みやすい

そんな骨盤ですが、

女性の骨盤は男性に比べると、
より柔軟にできているうえ、
横に広くなっています。

これは出産をスムーズにするためで、

しかも骨盤を支える筋肉は
男性よりも少ないのです。

そのため、女性は男性よりも
骨盤が歪みやすい構造だと言えます。

骨盤のゆがみといっても、
骨自体が歪むのではなく、

骨盤が前後左右のいずれかに
傾いてしまう事で起こるのです。

骨盤が歪むと、それにつながる
背骨も歪んでしまい、

全身のバランスが崩れてしまいます。

だからこそ、ゆがみのない健康な
身体になるために骨盤は重要なのです。

骨盤の安定は健康、免疫の土台

体重の重心を常に真ん中におき、
姿勢の変化や運動時のバランスを保つ、

「人間の土台」の役割も果たしており、

人がピンと背筋を伸ばした状態で
いるために背骨だけでなく、

骨盤が安定していなければなりません。

骨盤の歪み、バランスを
整えることは健康の土台です。

これが乱れていれば、

上半身や腰を左右にねじったり
前後に曲げたりする動作も、

骨盤が十分に回転しなければ
スムーズにはできません。

つまり、骨盤を歪みのない
安定した状態に保つ事は、

人が生きていく上での基本となるのです。

しかし、加齢とともに骨盤は
後方に倒れて行き、

背骨が曲がり始めます。

お年寄りが猫背になるのは
このためなのですが、

これはある意味自然の摂理、
ある程度は仕方のない事です。

骨盤のゆがみで生じる問題

ところが、こうした現象が
若者や中年世代のうちから現れたり

骨盤が左右対称でなくなってしまうという
骨盤のゆがみが生じると問題です。

骨盤に歪みが生じると
あたかも土台の傾いた家に住むように
身体全体にひずみが生じ様々な影響が出ます。

骨盤がゆがむと周囲の筋肉や靭帯に
余計な負担がかかるため

腰を中心に身体の痛みが起こりやすくなります。

一般に椎間板ヘルニアと診断される事の多い、
激しい腰痛も、

骨盤の歪みが原因である場合が
少なくありません。

上半身を支える事が出来なくなり、
背骨や肩、首などが前へ傾いて

頭痛や慢性的な型頃が起きる
ケースも多いのです。

また骨盤の周囲の血行不良による
冷え症や、生理痛、生理不順になる事もあれば、

姿勢の悪化によって
背骨を通る自律神経の働きが乱れて、

不眠症やうつ病になったり、

イライラやだるさなど原因の分からない
症状が現れる事もあります。

骨盤のゆがみを整えて免疫力を上げましょう

そして、

背骨が前に倒れる事によって
免疫細胞を作る胸郭が圧迫され

免疫機能が低下して、

癌やアレルギー性疾患の
原因になる事も考えられます。

こうした深刻なトラブルを防ぐために

普段から良い姿勢を保つ

という心掛けが何よりも大切です。

骨盤の歪みを解消することで
免疫力もアップし、

身体の痛みや不快な症状
慢性病などが改善する例も
数多くあります。

ぜひ意識して骨盤のゆがみを整えましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。