悪玉菌を減らし善玉菌を増加させる快便力と免疫力が高まる方法

悪玉菌を減らし善玉菌を増加させる快便力と免疫力が高まる方法
今回のテーマは、

悪玉菌を減らし善玉菌を増加させる
快便力と免疫力が高まる方法

について紹介します。

前回紹介したように、

腸内環境を改善し、
腸の働きを正常化させる事

これが免疫力を高め
健康な体を作るための土台です。

だたしこれは前回言った

「快便力を高める」

だけで良いと言う訳ではないのです。

腸内環境を整えて
腸内を「善玉菌」で満たしてあげる必要があります。

腸の中には、だいたい

100種類100兆個もの
腸内菌がいるとされます。

その腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌、

その都度どちらか強い方の味方をする
日和見菌の三つに分けられるのですが、

善玉菌が多いと免疫力が高まり、
悪玉菌が多いと免疫力は低下します。

だからこそ悪玉菌を減らし
善玉菌を増加させる必要があるのです。

便秘で悩む人は、

便が出ない事の辛さもそうですが、

悪いものが溜まっているという状況に
危機感を抱いているため、

つい下剤や便秘薬に頼ってしまう人が
実に多いのです。

しかしこれはお勧めできません。

下剤などはただ便を流し出すだけで、
根本的に便秘を改善している訳ではないのです。

それどころか逆に
腸の機能を衰えさせ、

より便秘になりやすい腸にしてしまう
危険性があります。

腸内環境を整えるには、
ただ単に便を出すのではなく、

腸が本来持っている機能を
取り戻すことを主眼におく必要があります。

ここで重要になるのは
腸の持っている性質

腸は体の器官の中でも
特殊な性質を持つ器官なのです。

腸は、第二の脳と呼ばれるほど、
多くの神経細胞を持っています。

腸には、約一億個もの神経細胞があり、
この神経細胞が腸の働きをコントロールし、

蠕動運動を促したり、便意を起こしたりします。

また腸の機能は自律神経の働きにも
大きく左右されるので、
腸の機能を正常に戻さなければいけません。

腸の働きを本来の状態に戻せば
根本から腸内環境を整える事もできます。

その方法を考えて行きましょう。

スポンサーリンク

腸内菌を整えると…

ではどうするか?

前回言ったように食事やストレスに気を使う
運動をする事ももちろん大事ですが、

腸内菌を整える事も大切です。

腸内には、善玉菌、悪玉菌という
腸内細菌が住みついています。

腸が正常に働くようになると、

快便生活となり、

便秘を防いだり、老廃物の腐敗を抑える
善玉菌が増加していくのです。

しかも腸内の善玉菌が増える事は、
腸の働きを整えるだけでなく、

免疫力を高めるためにも
欠かせない条件です。

免疫力が高まれば、様々な病気やアレルギー
などを予防、改善する事につながっていきます。

善玉菌を増やす具体的な方法は
以前紹介したこの記事も
参考にしてほしいのですが、

頭痛を癒す腸内細菌(善玉菌、乳酸菌)のパワー

腸年齢という言葉がありますが、
若い人でも、腸に負担をかける生活をすれば、

腸を弾力を失い、衰えていきます。

一方で、きちんと腸内環境を
整えている人の腸は、

いくつになってもピンク色の健康なままです。

腸内環境をしっかり整えれば、
年齢に関係なく、腸の健康を蘇らす事が出来ます。

悪玉菌を減らし善玉菌を増加させる
快便力と免疫力が高まる方法を実践しましょう。

今からでも遅くはないので、
今日からしっかり腸を若返らせる生活を始めましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。