免疫力を下げる要因は女性は冷え、男性はストレスが大敵

免疫力を下げる要因は女性は冷え、男性はストレスが大敵
今回のテーマは、

免疫力を下げる要因は女性は
冷え、男性はストレスが大敵

について紹介します。

今回はもう少し深く、
自律神経と免疫力、そして病気の関係
について説明をして行きましょう。

まず、交感神経が優位になることで
アドレナリンが過剰に分泌されます。

すると、顆粒球や活性酸素が
増加し、血行が悪くなるのです。

すると、免疫力が低下して、
生活習慣病や痛みなど

あらゆる病気が発生します。

逆に副交感神経が優位になると、
リンパ球は増えて免疫力が向上します。

しかし増え過ぎると免疫過剰になり、

体内に入ったものをちょっとでも
排泄しようと鼻水やせきなどの
アレルギー反応が起こってしまうのです。

スポンサーリンク

とは言え、、

多くの病は交感神経優位による
免疫力の低下で生じるので、

まず注意すべきは
交感神経優位の状態を防ぐ事です。

その為にどうするべきか、

免疫力を下げる大敵は

「冷え」と「ストレス」

といえます。

男性の多くはストレス過多で
交感神経が優位になり、

病気になる人が多いです。

組織のもと、働きづめで
仕事上でストレスを感じる事が原因の一つです。

これを裏付けるデータが、

男性の長寿県は

長野県や岐阜県など、
比較的ゆったりとした環境で
穏やかな気質が多い場所である

事が挙げられます。

ストレスが少ない環境の方が
男性は長生きできるのです。

一方で女性にとっての
冷えは免疫力の大敵です。

女性の体は男性より脂肪が多く、
脂肪細胞に入っている血管は細いため

組織に血液がいきわたりにくい
仕組みになっています。

よって、血行が悪いことで
交感神経が優位になり

病気になりやすいと言う事です。

先ほどと同じように
女性の長寿県の一位は

温暖な沖縄であり、
最下位は寒暖な青森

という事も、
冷えが女性にとっての敵である事を
示すデータの一つと言ってよいでしょう。

さらに冷えは、
自律神経とも深い関係があり、

交感神経や副交感神経の
いずれかが優位な人は、

36℃以下の低体温(=冷え)
である事も分かっています。

古くからの健康法として伝えられている
女性は体を冷やさない事

というのは、免疫学の面においても
同じ結論に達すると言う事ですね。

参考にして、
冷えやストレスを減らす工夫をして行きましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。