免疫、白血球の力は交感神経と副交感神経のバランスが鍵を握る

免疫、白血球の力は交感神経と副交感神経のバランスが鍵を握る
今回のテーマは、

免疫、白血球の力は交感神経と
副交感神経のバランスが鍵を握る

について紹介します。

私たちの日々の健康を維持できているのは、
病気から身を守るための防御のシステムが
おのずと働いているからです。

その防御システムが免疫システムです。

免疫の中心的な役割を果たしているのは
血液中の白血球ですが、

白血球の種類の数や働きは

自律神経の影響を大いに受けています。

つまり免疫力を高めるためには

自律神経のバランスを整える

…事がとても大切なのです。

スポンサーリンク

前回紹介したように、

交感神経と副交感神経と
二つのシーソーのような役割をする

自律神経というのは、

私たち人体の全身の血管や内臓などを
無意識のうちに調整している神経の事です。

体や心がリラックスしていれば、
副交感神経が優位に立ち、

仕事中や興奮状態のときには
交感神経が優位に立ちます。

この自律神経がどちらかに大きく
偏った状態になると病気になってしまいます。

例えば、

交感神経が優位になると、
血管が過度に収縮して血行が悪くなり、

循環器系の病気を発症します。

消化器系の働きも悪くなるため、
腸に老廃物が溜まり病気になる事もあります。

また、顆粒球が過剰になります。

顆粒球は体内に侵入した細菌と
戦ってくれる免疫細胞ですが、

役割を終えると、活性酸素を
発生しながら死んでいきます。

過剰に増加した活性酸素が
体内で組織破壊を起こし

病気を引き起こすリスクも増えるのです。

逆にに副交感神経が優位の場合、

「リラックスしてるのだから病気にならないのでは?」

…と考える人も多いかもしれませんが、
そうではないのです。

リラックスは大切ですが、

適度に優位ならば血管が拡張し、
血行が良くなるのですが、

過度になると血管が拡張し過ぎて
うっ血状態になり、

むしろ血行が悪くなって
病気になる事があるのです。

交感神経が優位になり過ぎると

免疫系は
リンパ球が低下し、顆粒球が増加します。

消化器系は
便秘がちになり、

循環系は
顔色が悪くなり、手足が冷たくなります。

そして病気を引き起こします。

副交感神経が優位になり過ぎると

免疫系では、白血球の
リンパ球は増加し、顆粒球が減少します。

消化器系では、
便通が良くなり。

循環器系は、
顔色が良くなり、体が温かくなります

が、優位になり過ぎると病気になります。

つまり!

重要なのは「自律神経のバランス」

交感神経だけ、
副交感神経だけ、

一方に偏らないことこそが
免疫力を高め、病気を退治する
最高の状態なのです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。