嗅覚、匂いが人体、心身の健康、神経、ホルモンに与える影響


今回のテーマは、

嗅覚、匂いが人体、心身の健康、
神経、ホルモンに与える影響

について紹介します。

前回、アイソレーションタンク
という特殊な装置を使い、

五感の刺激を一度抑える事の
リラックス効果を紹介しましたが、

今回から五感を刺激して
神経や心身の健康に影響を
与える具体的な方法を、

考えていきましょう。

私たち人体には五感というセンサーがあり、

視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚とあり

人体への影響という点で言えば、

どちらかと言うと
視覚や聴覚などに比べると
嗅覚というのは無視されがちですが、

たかが匂いといって侮ってはいけません。

匂いというのは、
私たちの行動に強く影響を与えるのです。

そしてその匂いの人体やホルモンへの
影響を元に開発されたのが、

芳香療法やアロマセラピーです。

スポンサーリンク

匂いの人体への影響

芳香療法…などと聞くと
何やら難しいような印象を受けますが、

私たちは普段から
匂いが日常生活に影響を与える事は
誰でも知っています。

花の良い匂いを嗅いだら
気分がよくなったり、

美味しそうなご飯の匂いを嗅いだら
グーっとお腹がすいて食欲が出たり。

これらは匂いと言う要因で
人体の心身に変化を起こすと言う事、

ここで、ひとつ質問ですが、

「あなたは匂いフェチですか?」

私は結構ニオイに敏感なので
イイ感じのフェロモンを出されると
ノックダウンしそうになります。

「私はニオイより顔です」

という男性諸君も

「私はニオイより金です」

という女性諸君も

思い直したほうがよいです。

人間やっぱり性格です!!

人間は心と心がつながっていれば…

・・・

イヤイヤ

私はあなたの異性の好みの考え方を
強要するつもりはありません。

ここで、思い直してほしいのは

人間の嗅覚の脳に対する影響力です。

嗅覚、匂いというのは人体、
心身の健康、神経、ホルモンなどに
与える影響は計り知れません。

嗅覚を意識して見ましょう

匂いを含め五感は意識をするとちょっと
敏感になります。

例えば、今あなたが
どこにいるかわかりませんが、

================================
今いる部屋のニオイを意識してみてください
================================

・・・

どうでしょうか?

ちょっと今まで意識してなかった
微妙なニオイも感じられると思います。

私は今なぜか車の中にいるのですが、
席の皮の匂いを感じたり、

前のドライバーが食べ残した
菓子の匂いを感じます。

そして、
もうひとつ時間がるときに
試してほしいことがあるのですが、

ただ、注意してほしいのが
このエクササイズは一歩間違って、
やりすぎると警察に捕まる恐れもあります。

なので、注意してやってみてほしいのですが、

これから人の多く集まるところに出かけて、

なるべく

男性も女性も
高齢者も若い人も
子供も大人も

いるような場所に行ってみて、

変質者と思われない程度にその人たちの
醸し出す匂いを意識して嗅いでみてください。

意識をすると

結構人それぞれ匂いの違いがわかるようになります。

人体が醸し出すホルモンの匂い

もちろんここでいう匂いは香水などナシの
ナチュラルな人間の匂いのことですが、

人間の醸し出す匂いってありますよね。

この匂いはどうやら
『ホルモン』の匂いらしいです。

ホルモンの匂い…

まだ解明されてない人類の謎の一つです。

ただ、このホルモンの匂いが人体の思考や感情に
かなり大きな影響を与えるそうなのです。

ホルモンというのはほんの微量な
分泌で人生をコントロールする
力があるのですが、

たとえば

相手に対して好印象を持ったり嫌悪感を持ったり、
生理的に好きな人嫌いな人を感じとったり
することがあると思います。

こういった理由は、理屈だけでなく
実は匂いに大きく影響するらしいです。

さらに非道徳な質問ですが、

「あなたは肉親と肉体関係を
結びたいと思いますか?」

・・・

「あなたはケダモノですね、、

もうこのブログを読むことは
二度とありませんサヨウナラ」

と去って行かれそうなのですが、

ちょっとだけ待ってください!!

これはまじめな科学的な話です。

普通の人は意識で考えず、無意識で
そういうことは絶対にあり得ないと
考えるはずです。

実はこれもホルモンが司っています。

家族の醸し出すホルモンの匂いは
非常に似ていてそのニオイを無意識で
嗅ぎ取り、

性的な考えを浮かばず
不快感を与えるように

人間は近親相姦をしないよう脳が判断して
プログラミングしているらしいのです。

匂いを使って健康になろう

嗅覚、匂いが人体のホルモンに
与える影響は大きいのですが、

他にもたとえば、

思春期の娘さんは父親を毛嫌いする時期が来るのも
ホルモンの匂いに大きな原因があるそうです。

ホルモンの力って恐ろしいんです…

そして匂いにはかなりの影響力があります。

だからこそ上手く活用すれば、
心身の健康レベルをあげる事も
十分可能なのです。

心身のバランスが崩れ
頭痛をはじめとする身体の不調を
訴える人は増えていますが、

自然療法の世界では、
匂いを使ったアロマテラピー療法など
とても効果を発揮します。

人間が植物の香りや成分を
生活に取り入れたのは、

紀元前前から行われてきましたが、

それから様々な古今東西の
医学で研究応用が進み、

1931年ころにアロマセラピー
と言う匂いで心身を癒す療法が
開発されました。

未だに多くの日本人の
一般的な感覚では

アロマセラピーなどは、

「ただの気休めじゃない…」

と思われがちですが、
侮るなかれ…

ということで次回は
頭痛に効く匂いに関して詳しく伝えていきます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。