アルツハイマー病の予防の為の生活習慣、加齢以外の悪影響要因

アルツハイマー病の予防の為の生活習慣、加齢以外の悪影響要因
今回のテーマは、

アルツハイマー病の予防の為の
生活習慣、加齢以外の悪影響要因

について紹介します。

アルツハイマー病にならないための
予防生活習慣を持つ事は大切です。

アルツハイマー病に
なってから治癒をするのは非常に困難です。

しかしアルツハイマー病を
予防するのは非常に簡単なのです。

ただ人と言うのは、、

なかなか予防ができないものです。

しかし一度アルツハイマー病
になってしまえば回復して充実を送ることは難しいです。

しかし簡単な予防習慣を持つだけで、
いつまでも健康で元気な脳を保ち
人生を楽しむことができるのです。

ここで強い決心を持って、
しっかり予防をして行くようにしましょう。

スポンサーリンク

歳と共に脳の神経細胞は
死んで行くから、

加齢によって誰でも
多少はボケてくるものです。

物を置き忘れたり、
顔を見ても名前が思い出せないなど、

ど忘れが50歳を過ぎたころから
増えてきたりします。。

ただ、アルツハイマー病というのは
単なる物忘れでなく、

アルツハイマー病になると、

記憶力の低下、
方向感覚の低下、
コミュニケーション能力の低下、
論理的思考力の低下、

などが顕著になります。

この原因は、
記憶を担当する海馬と、
記憶の保存や思考を担当する
大脳新皮質の神経細胞が死ぬ事です。

海馬の神経細胞が死ねば、
新しい情報を覚えられなくなり、

発症すると、記憶する事も
思考する事もできなくなるので、

日常生活に支障をきたします。

たいへん困った病気ですが、

かつてアルツハイマー病は、

高齢の脳に突然起こる壊滅的な
ダメージとして考えられてきましたが、

今まで数十年の長きにわたって、
継続する脳の病気であって、

中高年期における

栄養、感染、教育、糖尿病、
精神的、身体的活動

と言った要因の影響を
強く受ける事が分かってきました。

ワシントン大学のジョン・モリスは

PETを使って、
認知能力が低下していない
高齢者の脳を調べた所、

かなりの割合で脳内に
アルツハイマー病の特徴である

β-アミロイドが蓄積している事を報告しました。

この研究が画期的なのが、

アルツハイマー病の症状が
日常生活に現れるずっと以前に、

脳の働きが正常よりもやや低下した
軽度認知機能障害(MCI)と呼ばれる状態が、

約10年の長きにわたって存在することを
証明した事です。

軽度認知機能障害は、より正確に言えば、
初期のアルツハイマー病です。

現在の研究の大きな柱の一つは、
この長い期間中にアルツハイマー病に
なりやすい人を特定し、

その発症を遅れさせる、
或いは発症を抑える方法を開発する事です。

免疫学研究を通じて、
科学的に実証されているアルツハイマー病に
なりにくい生活習慣は

たいてい以下の通りです。

・睡眠を十分にとる
・社交的になる
・エクササイズをする
・甘いものを減らし、野菜や雑穀を多く食べる
・青魚を食べる
・シナモン、ウコン、ベリー類を多く食べる
・カレーを食べる

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。