unnamed

ダイエットはお腹いっぱいとお腹がすく空腹満腹のタイミングが重要


今回のテーマは、

ダイエットはお腹いっぱいとお腹がすく、
空腹・満腹のタイミングが重要

について紹介します。

ダイエットを成功させるためには
「お腹いっぱい」と「お腹がすく」という
タイミングをしっかり見極めるが重要です。

正しい食欲と言う概念を
前回まで紹介していますが、

本当にお腹がすいた時、

自分の身体が本当に
欲しているものが分かります。

それが身体にとって
必要な栄養で、

正しい食欲の声に沿った食事ができれば
健康的にダイエットは成功できます。

では、満足のタイミングはどうでしょう。

正しい食欲が満たされる
タイミングに声を傾けるのも重要です。

お腹がすいて、食べ始めました。

そしてやがてお腹がいっぱいになってくると、
美味しく感じられていたものが、
そうではなくなってきます。

最初は美味しかったものでも
もう見たくないと感じる事もあります。

それが食事をおしまいにする
タイミングなのです。

食欲によってお腹がすき、
お腹がいっぱいになりますが、

お腹がぐーっと鳴って
空腹や満腹のサインを送る事が
ありますが、

これも現代人の食生活では
サインのタイミングが狂って
しまっている事があります。

このズレがダイエットの
成功を妨げてしまうのです。

ここでしっかり元に
戻してあげるのが大切です。

ダイエットのため胃の機能を理解する

空腹、満腹のタイミングを
決める臓器と言えば胃です。

胃と言うのは不思議な
性質を持った臓器です。

胃は食べた量に合わせて
どこまでも膨らんでいきます。

だからいつもはそれほどでもないのに、

食べ過ぎた翌日は、
いつもよりもお腹がすく、という
事もあります。

胃が大きくなると言いますが、

食べ過ぎたりする事で、
胃の食欲機能が狂ってくるのです。

これをできるだけ早く治し
正常なものに戻すには、

18時間くらいのプチ断食がオススメです。

例えば、飲み会、パーティーなどで
暴飲暴食をしてしまったら、、

翌日の昼までは
水分以外何も食べないようにし

胃と食欲をリセットします。

すると、膨らんだいが元のサイズに
戻ってくれます。

食べ過ぎたら、
睡眠を挟んで朝ご飯を抜く、

これくらいなら誰でもできますし、

胃の調節がおかしくなり、
お腹がすきすぎたりする事もなくなります。

この調整の途中で、

胃がグーッと音を立てる事が
あるかもしれませんが、

多くの人がこれを空腹の
サインと勘違いしていますが、

実はこの音にだまされては行けないのです。

このうちは、パンパンに膨らんだ
胃に隙間ができて、

元のサイズに戻るときの音なのです。

その証拠に、この音を
しばらく無視していると、

お腹がすいた感じは無くなります。

そしてさらにしばらくすると
本当の食欲がやってきます。

このタイミングがきて食べると、
元に戻ります。

胃が正常な状態を保つ事で
正常な食欲が起こり、

正しいダイエットができると言う事です。

お腹いっぱいまで食べる必要はない

自炊しているならともかく、
外食やお弁当を食べる時、

1人前と言うのはすべて同じ量です。

しかしそれらを一人前と
思い込んで食べる前に、

冷静に考える必要があります。

その「1人前」は本当に
あなたに必要な量ですか?

先ほど紹介したように、
胃の大きさと言うのは人それぞれです。

それでいて膨張性があります。

満腹を感じるのは
人それぞれなのです。

さらに、代謝率や運動量、
身体の大きさも違っているのに、

同じだけの量を食べれば
人によっては多過ぎになり、

ダイエットの邪魔となります。

だからお腹いっぱいになるまで
無理して食べる事なく

食べていてもう美味しくない
と感じてきたら、

まだお皿に残っていても
箸を置いて食べるのを辞めるのが
秘訣です。

私たち日本人は
小さい頃からのしつけとして、

「残さず食べる事」の美徳を
教えられてきました。

もちろん生命を頂く訳です。

食材や、作ってくれた人への
感謝の気持ちは大切です。

が、健康やダイエットを志す上で

無理して食べる事は
果たして本当に美徳でしょうか?

心にストレスを与え、
身体に脂肪を増やし、
病気のリスクをあげる事が

長期的に良い事なのか、
もう一度考えてみる必要があります。

残すのはお金がもったいない?

もうお腹いっぱいだけど
もったいないから食べた
一個の唐揚げ、、

それが積み重ねれば、

1ヶ月でどれだけ食べ過ぎに
なるでしょうか?

それがすべて体脂肪に変わり、
ウエストサイズが大きくなり、

スーツを買い替えたならば、

お腹がいっぱいになって
食事を残すのと、

どちらが不経済でしょうか?

さらに内臓脂肪は
生活習慣病のリスクをあげます。

それで病気になれば、
医療費が足りなくなっても、

途中で治療を辞める訳には行きません。

どちらのほうが、
あなたのために良くない事なのか、

もう一度考えてみる必要があります。

人によって食べる個性は違う

人によって食べる個性は違うのです。

ここを理解する事が
ダイエットを成功させる上で
非常に重要な事なのです。

お腹がすいているのは
本当は胃が縮んでいるだけかもしれません。

後一口、と無理してお腹いっぱいなのに
食べる必要もありません。

自分にとっての適量を
知る事は、

大人として大切な事なのです。

そして同じ人でも、

日によって、運動量が多かったり、
食べ過ぎてしまう日もあります。

そういうイベントによって、

お腹がすく、お腹がいっぱいになる
と言うすぐなるも変わってきます。

だから毎日適量を調整する
必要があるのです。

自分にとっての適量を理解知るためにも

自分の食欲にしっかりと
耳を傾け、

満足する食事をとっていきましょう。

空腹と満腹のタイミングや
シグナルに耳を傾けましょう。

ダイエットにとって
「腹八分目」がベストと言う訳でもありません。

それで不満が残れば
脳は余計な栄養補給を要求します。

常に満足できる食事を意識して
ダイエットを成功させましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。