unnamed

ダイエットの成功は負の自己暗示、マイナスの思い込みをなくす事


今回のテーマは、

ダイエットの成功は負の自己暗示、
マイナスの思い込みをなくす事

について紹介します。

もちろんこれから具体的な
ダイエット手法についても
紹介していきます。

が、最も大切なのは、

自分のマインド、考え方
と言えるのです。

ダイエットの成功は
負の自己暗示、思い込みをなくすこと

理想の身体を目指して
頑張ってやろうとチャレンジしても

心の中からむくむく
ネガティブな声が聞こえてくる…

そういった心の声を消さない限り
成功は難しいでしょう。

テクニックの前にまずは
思考の矯正から始めるべきです。

ダイエット業界ほど
挫折が多い分野はないかもしれません。

不安やフラストレーション
希望が渦巻く世界ですから、

そんな挫折といった心の隙につけ込んで
さらにビジネスをする人もいますが、

「挫折ビジネス」

と言うジャンルにおいて

永遠の定番とも言えるダイエットですが、
これはいったいなぜでしょう?

挫折を繰り返して企業にお金を
巻き上げられ続けないためにも

適切な自己暗示、思い込みを
持たなければいけません。

なぜダイエットに失敗を繰り返すのか?

ダイエットと言うのは
基本的に本能の逆を行く行為です。

人類の歴史は
飢えとの戦いの歴史でもありました。

大多数の人類が
飢えなくなったのは実は最近で

第二次世界大戦以降のこと
といわれています。

だから現代はそれから
まだ70年も経っていません。

それゆえ、ある説によれば、

人類のDNAはまだ
飢えに対応できるように

栄養分を効率よく摂取して
蓄えておけるような設定になって
いるそうです。

だから甘いものや脂肪たっぷりの
食品を美味しく感じるのです。

我々はダイエットに向かない
本能をしているとも言えます。

DNAレベルで太るように
設定されているならば

ダイエット需要が無くならない事も
理解できます。

そして、多くの人が
失敗するのも納得できます。

そしてなぜかマイナスの
思い込みを持つようになります。

負の自己暗示がもたらす恐ろしいデメリット

考え方の摩擦を引き起こすのが、

現代人のダイエットに対する
ネガティブなイメージです。

ダイエットに限らず、

一度何かに失敗すると
負の自己暗示にかかりやすくなります。

良く言われるマイナスイメージです。

人は「自分には才能や知識がない」

と思い込んでしまうと、
パワーダウンした状態になってしまいます。

思い込みの力だけで、
自分の能力の10分の1も
発揮できなくなると言います。

「私にはできるはずがない」

と自分で勝手に思い込み、

チャレンジする気持ちを
自らもぎ取ってしまうのです。

この負の自己暗示も

ダイエットが続かない
大きな原因のひとつなのです。

「何度も失敗しているから
今回もきっと続かないはず、、」

「どうせ自分なんて痩せれるはずがない、、」

「多分続かないけど、
とりあえずやってみよう」

とやる前から自分を疑ってしまい、

自分でどんどんモチベーションを
下げていってしまうのです。

そうすれば、実際に
結果がでなかったときも

「やっぱり自分にはできっこないんだ」

と無理矢理納得する事もできます。

つまり、最初から逃げ道を
用意して挑戦する事の達成率は
下がる事があっても上がる事はありません。

しかもそれはダイエットの失敗に限らず
人生の様々な場面で

あなたの脚を引っ張ります。

負の自己暗示、思い込み
と言うのはそれほどにデメリットの
大きいものなのです。

このマイナスの思い込みがある限り、

これからどんなテクニックを
紹介したとしても、

それは受け入れられなくなります。

思い込みは思い込み、幻想に過ぎない

そうです。

心の健康や美しさ、スリムな体型など

理想的な肉体を手にしたい場合、

まず取り組むべきなのは
思考の変化なのです。

「ダイエットは難しい、つらい」

という思いがあるかもしれません。

しかしここでよく考えてみてください。

それは本当の事でしょうか?

本当にあなたはダイエットが
できないのでしょうか?

間違いなくそうなる事なのでしょうか?

100%変える事ができない
運命なのでしょうか?

なぜ「続かないかも、、」
「できないかも、、」

と最初から思ってしまうのでしょう。

誰かに言われたのだとしたら、
言った相手を思い浮かべてみてください。

その人は、今までの発言が
100%当たってきた預言者
なのでしょうか?

科学的にあなたの失敗を証明してくれた
天才学者なのでしょうか?

そんなはずはないでしょう。

せいぜい、両親、上司、
親しい友人だと思います。

彼らは絶対に正しい事を言うでしょうか?

ましてやあなたの事を
どうして評価できるのでしょう。

また自分で自分の事を悪く思い込ん
だりする事もあるかもしれませんが、

なぜそう思うのでしょう?

過去にダイエットに失敗したからですか?

その原因は突き止めていますか?

自分には絶対に不可能という
理由を見つけましたか?

それもあり得ない話です。

思い込みなすべて真実ではない
幻想に過ぎないのです。

幻想に惑わされ、
人生にマイナスの事を起こしても、

良い事なんてひとつもありません。

どう転んでも損しかありません。

そんな幻想、マイナスの思い込みは
さっさと捨ててしまった方が言いでしょう。

負の自己暗示という悪癖は捨てよう

どうしてそうした思い込みが
幻想に過ぎないと言い切れるのか?…

なぜなら絶対にしては行けない事ですが、

食べなければ体重は減るように
人間の身体は作られているのですから。

ここを極端に考えて、

食べないダイエットをするのは
大きな間違いなのですが、

考え方を変えれば人生は変わります。

ダイエットと言うのは非常に
シンプルな物理法則で成り立っているのです。

結局、負の自己暗示と言うのは
単なる思い込みなのです。

「自分にはやる資格がない」
と勘違いしているだけなのです。

何の根拠もないのに、

それがいつの間にか
悪癖のようになってしまい、

結果、自ら失敗するように導いている。

こんな状態は
どう考えてもおかしいと思いませんか?

しかもこうした悪癖は意外に厄介です。

直そうと思っても、
そう簡単にはいきません。

すぐに直せるのならば、

生活習慣病や依存症など
あっという間に無くなっているはずです。

直すには自分の今の環境を
そっくり変えるくらいの勢いが必要です。

それがいやだから、

人はなかなか
悪癖から抜け出す事ができないし、

悪癖の元になっている
負の自己暗示を改める事ができないのです。

しかしこれを払拭しない限り
私たちはダイエットに成功できないですし、

人生を豊かにする事はできません。

次回からこんな悪癖を払拭するための
方法について紹介していきましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。