果物、フルーツは下半身太りより下半身ダイエットを助けるもの


今回のテーマは、

果物、フルーツは下半身太りより
下半身ダイエットを助けるもの

について紹介します。

痩せたいと思う人は

「フルーツは高カロリーで下半身が太る」

と思い込み、敬遠する人が多いです。

私自身も昔はそう考えていたのですが、
以前は痩せたい時はフルーツを
控えていました。

しかしその考えは間違っていました。

ほとんどのフルーツはカリウムが多く、
リンパ系をスムーズに働かせ、

体内の余分な水分を
追い出してくれます。

また、新鮮なフルーツには
生きた酵素がたっぷりです。

前に紹介したとおり、
食物酵素の多い食材を取る事は、

体内のあらゆる生化学反応を
活発にする事につながります。

食べ方さえ間違えなければ
フルーツを食べて太る事はありません。

むしろ、下半身をすっきりさせるために、
なくてはならない食品とさえ言えるのです。

「食べ方さえ間違えなければ」

と先ほど言いましたが、
これはとても重要な事です。

スポンサーリンク

下半身ダイエットに効果のある果物の食べ方

果物は下半身痩せを
サポートしてくれますが、

冷やしすぎた果物はなるべく
食べないようにしましょう。

フルーツという食材には、
身体に優しく美味しい食べ方があります。

例えば、果物やトマトを
フレッシュな枝から取ってすぐ
食べた場合、

非常にみずみずしくて
甘さが広がりますが、

これはなぜでしょうか?

それは温度に関係しています。

私たちの身体は夏に暑く、
冬は冷たくなりますが、

それを洋服などで調整します。

同じように自然は不思議なもので、

夏に出回るフルーツの多くは
熱い身体を冷やしてくれる役割を持ちます。

特に南国で作られる
バナナやパイナップルはその効果が大きいです。

だからこそ、現代では
こうしたフルーツは一年中で回りますが、

こうした果物を冷やして食べると
さらに身体を冷やしてしまうのです。

身体の冷えは
下半身ダイエットに弊害があります。

また以前には良く農家には井戸があり、

夏になれば畑から取ってきた
スイカをその中に入れて
冷やして食べたものです。

冷えたスイカはおいしいですが、

井戸に入れておくと
水分が失われる事が防げ、

適温に冷やす事ができます。

しかし現代の冷蔵庫に入れてしまえば、

水分も甘みも失われてしまい、
スイカ本来の味を楽しめません。

夏であっても、暑いからと言って
冷やしすぎたフルーツを食べると、

身体を必要以上に
冷やす事になり、

下半身デブの原因になる上に、

冷蔵庫に入れすぎると
みずみずしさや甘みも失われる

おいしいフルーツを味わえないのです。

必要以上に冷やしすぎずに
フルーツを食べる事を意識しましょう。

下半身ダイエットのための果物を食べる時間

一般的にフルーツ、果物
食べ方というのは

フルーツは食後に食べる。

というのは常識と思っている
人が多いと思うのですが、

そんな食べ方は食後のケーキと
たいして変わらず

確実に下半身を太くします。

フルーツを食べるのは食間の空腹時です。

食前であれば食事まで30分ほど開け、
食後なら二時間以上たってからにします。

これなら太る事を気にすることなく、
フルーツのメリットを十二分に
活かす事ができます。

唯一の例外は
パイナップルとパパイヤです。

これらはタンパク質分解酵素を
豊富に含んでいますので、

消化されにくい肉などと一緒に食べると、
タンパク質の消化・吸収を助けてくれます。

なお、熱を加えた果物類や
ジュース類には酵素はなく、

単に太っているだけのもに
関わってしまうので、

あまり口にしないようにしましょう。

それでは、

下半身太りを解消するのに
役立ってくれる果物をいくつか
紹介しておきましょう。

下半身ダイエットにオススメのフルーツ

●パパイヤ

パパイヤに含まれるタンパク質分解酵素は、
血流改善に役立ちます。

熟した黄色い果実より、
また青い果実に含まれる酵素の方が
活性度は高いとされています。

パパイヤには酵素以外にも
ビタミンC、カロチン、フラボノイドなどの
抗酸化栄養素がたっぷりです。

セルライトの特徴である
組織の損傷を予防するにも最適です。

マグネシウムやカリウムなどの
ミネラルも豊富で、

むくみの改善にも役立ってくれます。

●スイカ

利尿作用が抜群に高いのがスイカです。

カリウムが多い事に加え、
特殊アミノ酸シトルリンが強力に
有害物質を解毒・排泄に働き

むくみを改善します。

セルライトを減少させ、
足を細くする為に働いてくれます。

スイカの季節には大いに
食べたいものです。

なお、ジュースにする場合は皮の部分も
一緒にジューサーにかけると良いでしょう。

●リンゴ

カリウムやマグネシウムが比較的多く、
むくみの改善に役立ちます。

塩分の多いものを食べ過ぎた時は、
リンゴをかじっておけば

体内の余分なナトリウムを追い出し、
水分の停滞を防いでくれます。

豊富に含まれるペクチンという、
水に溶ける線維が

下痢にも便秘にも適切に作用してくれます。

まさに下半身太りの
解消に優れた物です。

●柿

「柿を食べると冷える」

などとよく言われますが、

これはカリウムの働きによって、
トイレが近くなる事を「冷える」と
表現したのでしょう。

足にプラスになる栄養素として
カリウムのほか、

ビタミンCやビタミンAも含まれます。

グレープフルーツ

低カロリーでありながら、
ビタミンを多く含んでいます。

カリウムはリンゴ、スイカ、柿
などよりも多く含まれています。

独自の酸味のあるクエン酸は
新陳代謝を活発にしてくれます。

以上のフルーツなどを
賢く摂取して下半身ダイエットを
続けていきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。