unnamed

青竹踏みで足の裏を刺激しセルライト解消、足痩せダイエット効果


今回のテーマは、

青竹踏みで足の裏を刺激しセルライト
解消、足痩せダイエット効果

について紹介します。

原始的でシンプルな
健康法ですが、

青竹踏みと言うのは
脚痩せダイエットにとって

素晴らしい味方になってくれる
小道具と言えます。

足裏を刺激させる健康法は、

紀元前3000年前から
エジプトなどドで行われてきたもののようで、

日本でも古来からある
健康法の一つです。

足の裏のもみほぐしや刺激は、
小面積とは言えバカにできません。

下半身ダイエットのために毎日
足全体をマッサージするのが

あまりにも大変であれば
他にも色々と方法はあります。

例えば、

青竹踏みで足の裏を刺激させれば
足痩せダイエットが実現するのです。

竹割りを割ってそれを踏むだけと言う
非常にシンプルなものですが、

最近では竹の方が身近ではなく
青竹を使ったものは珍しいですが、

どんなものでも気軽のできるのが
嬉しいですね。

そんな青竹踏みを使った
足裏を刺激させるダイエット手法について
紹介していきましょう。

脚やせを実現する足裏刺激の効能

ダイエットにとって
全身の循環を活発にする事は大切ですが、

特に脚やせにとって、
セルライトやむくみをとるために、

リンパや血液の循環は
最優先行為と言えます。

だから運動をしたり、
マッサージをしたりする事は
効果的なのですが、

特に足裏を刺激するマッサージは
特別な手法として確立されており、

リフレクソロジーと言って
専門家がたくさんいます。

だからもちろん、
彼らにお願いしてリフレクソロジーを
受ける事は、

健康のためにも、ダイエットのためにも
素晴らしい効能がありますが、

誰かに頼むだけでなく、
自分で足裏を刺激するだけでも
十分効果があります。

そう言った意味で
足裏全体を手軽に刺激できる
青竹踏みは重宝します。

さらに、セルライト解消、
脚やせを促進するために
工夫を加えるなら、

サイプレスやローズマリーと言った
エッセンシャルオイルを使い、

風呂上がりにゆっくり
「痛い気持ちいい」程度の強さで
足の裏を入念にマッサージするだけでも

その効果は絶大です。

この場合は、中指の真下あたりのくぼみから
内くるぶしの下までを押し出すように
マッサージします。

足の指の間に、裏側から手の指を差し込み
まわすようにマッサージするのも
リンパのスムーズな流れを促進してくれます。

これがセルライトの解消にもなり、
ダイエットの効果もあるのです。

どうしても忙しくて、
下半身全体のマッサージに
毎日時間を割けないのであれば

青竹踏みや、ゴルフボールを使って
いつでも、どこでも、短い時間で
実行可能な

自分で実践するリフレクソロジーを
心がければ、同様の効果が期待できます。

イチローの活躍を支える足裏マッサージ

メジャーリーガーの
イチロー選手は、

足裏をマッサージする
習慣を持っているらしく、

遠征先のホテルにも
足裏マッサージ機を持参し、

毎晩ほぐしていると言います。

彼が使って言うのは
青竹踏みではなく、

自動で動くマッサージ機のようですが、
怪我なく活躍を続けられる、

イチロー選手のボディメンテナンスの
秘密の一つのようです。

さらにこの毎日の
足裏ほぐしを行うという習慣は、

子どもの頃からの習慣らしく、

イチロー選手の父、鈴木宣之さんは

足の裏を、彼なりの方法で
30分から1時間ほど、

イチローが寝付くまで
毎日揉んであげたそうです。

彼らの愛情を感じるエピソードですし、

イチロー選手がアスリートとして
素晴らしい活躍をする秘密もかいま見れます。

私たちも、日々足裏を刺激すれば、

全身の健康レベルを高められ
ダイエットも促進されるでしょう。

青竹踏みを習慣にしよう

青竹はデパートなどでも
簡単に手に入るので、

一つ常備しておくといいでしょう。

もしあなたの家にゴルフをする
人がいるならば、

小さなボールが実に理想的な
マッサージ機として役立ってくれます。

椅子に座ってテレビを見ている時、
パソコンとにらめっこしているときなど

ゴルフを土ふまずあたりで
ちょっと強めに踏みつけたり、

足先で踏んだり、かかとで踏んだりと、
足を適当に動かしながら

足の裏をまんべんなく
刺激するようにします。

このマッサージをしていると
しこりのように、ちょっと硬く
感じる所は老廃物が溜まっている

「しるし」かも知れません。

念入りに習慣として足裏に
圧をかけるようにほぐして行きましょう。

そうすることで下半身スッキリの
セルライトの解消にもなり、
スリムな脚痩せを実現できます。

青竹踏み実践ビデオ↓

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。