unnamed

鎖骨のくぼみのツボに刺激を与えると全身のリンパ節が目覚める


今回のテーマは、

鎖骨のくぼみのツボに刺激を与える
と全身のリンパ節が目覚める

について紹介します。

前回紹介した
ブラッシングの効果ですが、

実際にブラッシングを始める前に、
まず全身のリンパ節を目覚めさせましょう。

このためには鎖骨のくぼみに
刺激を加えます。

右手の指二本を左側のくぼみにあて、
首に向かって、指をスプーンのように使い
優しくすくう感じで8回マッサージします。

反対の手で反対側も
同じようにして下さい。

身体の前で手をクロスさせ、
両側を一緒にやっても構いません。

こうすることで、全身のリンパ液の
流れを良くする準備ができ、

身体全体にたまった老廃物など
リンパへ流れやすくすることができます。

リンパの流れを良くしよう

リンパは重力の影響を
受けやすいので、

脚は身体の中でも
最もむくみが起きやすい場所です。

ダイエットでもそうですが、
体重がある人ほど減量しやすいですね。

脚はむくみやすいからこそ、
リンパマッサージの効果も
実感しやすいですね。

中でも脚や足首は効果を
感じやすい場所です。

太ももの内側などは
セルライトの解消効果も起きやすく、

1、2週間行うと、
ずいぶんとセルライトの
改善効果を実感できる事でしょう。

リンパの流れを促すためには、

長時間

「しゃがまない、正座しない
椅子に座らない、立ち続けない」

の4ナイをぜひ覚えてください。

特に長時間しゃがまない
正座しないと言う二点は

脚のむくみの解消ポイントですから
普段から心がけたいものです。

下半身を美しくするブラッシングのやり方

さてリンパを流したら、
ブラッシングをしましょう。

ブラッシングの順序としては
手の指先から、腕の内側はひじの内側の
リンパ節に向かって

ひじの内側からはわきの下まで。

腕の外側は、指先から肩までそれぞれ
短く早くストロークと長いストロークを
併用しながら行って行きます。

わきの下は背中方向から
胸に向かいます。

足先からは、太ももの付け根に向かって
やはり短く早いストロークと長いストロークを
併用しながらブラッシングしていきます。

足は適当な台に乗せ、
足裏からスタートします。

指先からかかとに向かってブラッシング。

かかとは円を描くようにします。

こうの側も指先から足首に向けて
ブラッシング。

足首からは、ひざの後ろに向かって、
さらにお尻に向かってしっかりやって下さい。

太ももの付け根はリンパ節が集まってきますので、
特に丁寧に行うようにします。

ブラッシングをするときの注意点

最後にブラッシングや
リンパマッサージをする際に

覚えておきたいポイントについて
紹介しておきます。

全身をブラッシングしても、
所要時間は5~6分程度です。

どのような場合も、
強く刺激することを避け、
長時間続ける事も控えて下さい。

一日だけ一生懸命頑張って
後はやらないという事がないよう

日々の生活の中にドライブラッシングを
習慣として根づかせて頂きたいと思います。

また水分摂取は重要です。

リンパの流れを促すと尿量が増えるので、
身体は水分を必要とします。

ツボを押したり、
鎖骨のくぼみをマッサージする前後に

出来れば少し暖かめの水を
軽く一杯ずつ飲めば、

毒素を洗い流す
効果が促進できます。

またマッサージ、ブラッシングは

単にリンパの流れを良くすだけでなく

自律神経のバランスの改善や
リラクゼーション効果も期待できます。

その効果を高めるために
環境作りも意識しましょう。

マッサージの効果を高める環境作り

具体的には、

・部屋の中の温度差を小さくする事、

・照明を明るくしすぎない事、

・嫌な臭をさせない事、

・耳障りな音をさせない事、

・急に人が入ってきたりしない事、

などを心がけてください。

部屋の中と言うのは
意外と温度差があります。

例えば足下と頭では
部屋によっては

2~5℃も温度が異なります。

鎖骨のくぼみのツボをマッサージを
行う際には薄着になる事もあるので、

身体が冷えないような
温度にする必要があります。

暑すぎて汗ばんだり、

寒さを感じたりしない
温度に設定するようにしましょう。

また部屋の中の照明がまぶしいと
感じると身体は緊張してしまいます。

ほのかな明るさの間接照明があれば、
それで十分でしょう。

また香りを使ってリラックス効果を
高めるのも良いと思います。

お香をたいたり、
アロマオイルを使ったりすると、

生活臭から来る緊張を起こさず
マッサージ効果を高めます。

さらに気をつけてほしいのが
携帯電話です。

急に着信音が鳴ったり、
バイブレーションが起こったりすると、

それだけで身体は緊張します。

鎖骨のくぼみをマッサージや
ブラッシングをしている
最中は電源を切るなどして

不意に驚かせる事がないよう、
配慮しながらやりましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。