unnamed

セルライト解消に強く刺激はマイナス、優しく揉み出す方法を


今回のテーマは、

セルライト解消に強く刺激は
マイナス、優しく揉み出す方法を

について紹介します。

これだけは強く言って
おかなければいけないのですが、

セルライト解消に強い刺激は
マイナスです。

セルライトのでこぼこした塊や
太ももの張り出た部分の
トリートメントをする時には

効果を早く出したいとも思いから

それこそ「親のカタキ」みたいに、
強く刺激したくなります。

でもそれはやめて下さい。

気持ちは分かりますが、
強くやればやるほど早く
セルライトが取れるわけでも

下半身が細くなるわけでもありません。

これからマッサージや
ブラッシングなどを紹介しますが、

優しく揉み出す方法を
心がけてください。

東西で違いのある強い刺激と弱い刺激

例えば、足裏マッサージ、
リフレクソロジーの世界では、

東洋の国々で普及している東洋式と

アメリカやイギリスなど
西洋の国々で普及している
西洋式があります。

この違いは刺激の強さです。

「良薬口に苦し」という
言葉があるように、

東洋人は

痛みの強ういものほど
効果があると考えますが、

一方で、西洋人は

「痛みはストレス」と考え、
なでるような優しい刺激を求めます。

リフレクソロジーと言うのは
もちろんセルライト予防、改善に
効果的なものですが、

優しく揉み出す方法です。

日本人は、
東洋式と西洋式の間くらいの

適度な痛み(痛き気持ちいい刺激)を
マッサージでは好む傾向がありますが、

セルライトの撃退には
西洋式の方に軍配が上がるのです。

強い刺激は逆効果

セルライト解消のために
マッサージは優しく、

いたわるようにが基本です。

加圧する場合にも徐々に
力を入れていくようにしましょう。

強い刺激は、繊細なリンパ管や
毛細血管にダメージを与えますので、

セルライトの改善、下半身痩せ
にはマイナスです。

力を入れ過ぎるのはもちろん
一回に長時間行う事も避けて下さい。

実際のマッサージを施す時間は
悩みの深刻さによっても違いますが、

だいたい方足十分程度
ふくらはぎだけの場合、
五分程度が適当です。

刺激するときは両手を使い、

片方を刺激する手
そしてもう片方を支える手と
役割分担すると

疲れないでマッサージができます。

一本の指だけでなく
すべての指を活用すると

まんべんなく力が入り
楽に無理のない刺激が可能になるのです。

セルライト改善のための生活の工夫

普通に生活していても、
身体には疲労物質が溜まり、

セルライトの原因となる
毒素が蓄積されます。

こう言ったものを体内に
貯めないために

新陳代謝を常に活性化させる事が
カギとなります。

これはリンパ液の流れと関係があるので、

むしろ強い刺激を一回よりも
弱い刺激を継続で効果を生みます。

以前に紹介したダンシー医師によると、
マッサージはエッセンシャルオイルを使って

1日2,3回行うべきであると言います。

でもそんなに頻繁にできる人は
ほとんどいないでしょう。

後は、日中、周りに人がいないようなときに、
気になる部分に軽く圧を加えたり、

お風呂に入りながら軽くもんだりと
日常の生活の中にマッサージを
うまく取り入れることを考えましょう。

とはいっても、悩みの種を
完全に解消するには

思い出したように時々やる
なんて事をしていてもあまり効果はありません。

セルライトを撃退する習慣の持ち方

本気でセルライト解消を目指すなら、

ドライブラッシング

入浴

マッサージ

という順序で、最初の三週間は
毎日一回行うという事を厳守して下さい。

四週目に入ったら二日に一回の
ペースで続ければいいでしょう。

効果が明らかになってきたら
週に1~2回に減らしても構いません。

マッサージはいつ行っても構いませんが、

避けた方がいいのは食後の二時間。

またあまりに空腹時というのも困りものです。

身体が良く温まり、身体全体の筋肉も
精神的にとてもリラックスしていて、
ゆっくりした気分で出来る風呂上がりは

マッサージタイムとしてベストです。

特にヘチマや、入浴用ブラシを使って
ブラッシングを行った後は理想的です。

ただし、エッセンシャルオイルをつかって
マッサージする場合は

汗が完全に引いてからにして下さい。

皮膚は排泄機能が働いている状態の時は、

エッセンシャルオイルの
有効成分は吸収してくれないのです。

とにかく、セルライト解消に
強く刺激はマイナス、

優しく揉み出す方法を
心がけてください。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。