unnamed

合成アロマオイルのダイエットのデメリット、健康被害や問題点


今回のテーマは、

合成アロマオイルのダイエットの
デメリット、健康被害や問題点

について紹介します。

前回解説したように、

下半身ダイエットに
アロマオイルは有効な手段ですが、

合成アロマオイルはダイエットに向きません。

エッセンシャルオイルはもちろん、

キャリアオイルも、マッサージ用に使われる
うちに皮膚から血液中に吸収されますので、

本当に質のいいものを
厳選しなければなりません。

合成アロマオイルは効果が発揮できず
ダイエットに向かないのです。

残念ながら日本には
明確な品質基準がないために、

粗悪品や合成単品香料も
多く出回っており、

トラブルの原因になっているのが現状です。

アロマテラピーでもっとも重要な事は、

高品質のオイル選び
と言ってもいいかもしれません。

アロマオイルの作られ方

エッセンシャルオイル、アロマオイルは
どのようにして作られるのでしょうか、

植物エキスの抽出方法は
水蒸気蒸留が基本です。

この方法はローマ時代に
開発された抽出法で、

基本原理は現在でも変わっていません。

具体的な抽出の仕方は、

ステップ1.

蒸し器のような釜に
アロマオイルの原料となる植物を入れて
蒸気を当て、

香りのエッセンスを蒸気の中に放出させます。

ステップ2.

香りのエッセンスを含んだ
蒸気をパイプに集めます。

次にそのパイプを冷却する事で、
中の水蒸気を液体に変えます。

ステップ3.

この液体を貯めておくと、
水より軽い精油は上部に浮き

下部には蒸留水が出来上がります。

この上部がアロマオイル、
エッセンシャルオイルとなり、

下部はアロマウォーターとして
化粧水などに利用されます。

こうしてこだわって
手間ひまかけて作られるのが
精油なのです。

質の良いもの製品に
こだわらなくては行けません。

質のいいアロマオイルの選び方

アロマオイルを使う際の
デメリットとして考えられるのが、

質によって効果が大きく変わる事です。

まず絶対にこだわりたいのが、
原料植物がオーガニック、

つまり有機農法栽培
されているものである事。

欧米ではオーガニック基準が
非常に厳しく、

ボトルに”オーガニック”と表示できるのは

正式にオーガニック認定を
受けている場合に限ります。

また、この表示をしている場合、
原料植物のみならず

一切合成物質を加えていない
100%天然である事が
義務付けられていますので、

この表示そのものが
最高品質の目安になります。

なので

「100%天然(100%Natural)」や
「PURE OIL」

などの表示があっても、
オーガニックとは限りません。

原料の植物を育てるときに
農薬を使い、

化学肥料を使っていても、

自然の植物だけ使っていれば
「100%天然」であることに
間違いはないからです。

もっとも「天然」をうたいながらも、
合成の香料を混ぜているような
粗悪な製品もありますので、

このようなものは絶対に
使わないようにする事です。

アロマオイルはどこで買えるの?

自社のブランドを販売する
アロマセラピーの専門店や
セレクトショップはたくさんあり、

質のいいアロマオイルを扱っています。

また最近ではインターネット通販も盛んで、

アロマセラピーや精油の
キーワードで検索すれば、

多くのサイトがヒットします。

また最近では雑貨屋でも
アロマセラピーグッズは販売しています。

逆に言えば100円ショップなどで
安価な物が買えるほど、

広く流通しているのですが、

これが逆に問題です。

質の悪いアロマオイルを使うのは
効果がないどころか、

健康被害すら起こしかねません。

とは言え、オーガニックの
エッセンシャルオイルを見つけるのは
至難の業です。

医療の現場で使われているような
信頼のできるメーカーの製品を
選んでいくのが早道と言えるでしょう。

合成アロマオイルの使い道

また精油は時間が経つと
古くなってしまうことも、

デメリットとして
あげられるでしょう。

こうしたアロマオイルを肌に使うと
逆効果になりかねないので、

避けた方が良いでしょう。

とはいえ、ここで

古くなったアロマオイルや
合成アロマオイルを

捨ててしまうのももったいないですね、

そう言った場合は
ハウスクリーニング用に使うと
いいでしょう。

ほとんどの精油には
消臭、殺菌、抗菌作用があるので、

掃除には何でも使う事ができるでしょう。

中でもオススメは、
レモンやペパーミント、ライム、
オレンジなどです。

少量でも効果はありますが、

香りを強く残したいときは、
10滴くらい思い切って使っても
良いでしょう。

具体的には

床の拭き掃除や三角コーナーの
雑菌、掃除機などに利用できます。

床掃除ならぬれた雑巾に
直接アロマオイルをたらします。

オレンジを使えば汚れを浮かせ、
取り除くのもスムーズに、

選択ののすすぎの際も垂らせば
殺菌、香り付けにもなります。

ただ柑橘系はシミになる事もあるので
注意しましょう。

ということで、

合成アロマオイルにも
使い道はありますが、

ダイエットに関しては向いていません。

質の悪い物であれば
健康被害や問題点も引き起こします。

下半身ダイエットのために使うなら
質のいい天然精油を選ぶようにしましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。