unnamed

深呼吸でリンパ液を流しむくみ、セルライト、下半身デブを解消


今回のテーマは、

深呼吸でリンパ液を流しむくみ、
セルライト、下半身デブを解消

について紹介します。

息を吸ったり吐いたりする
「呼吸する」という事は

私たちにとってあまりに
当たり前のことで、

その重要性を意識する事は
少ないと思います。

しかしこの当たり前の呼吸も

特に深呼吸というのは、
セルライト&下半身デブを解消し、

足をスッキリ細くするのに
多くな役割を持っているのです。

リンパ液の流れを促進するために

有名なのは筋肉を動かす事、

なのでウォーキングや運動の
習慣を持つ事は大切です。

他にも圧迫や温度など
様々な手法があり、

これはマッサージやお風呂など
デトックス効果を促し、

様々な方法でリンパ液の
流れよくする事は重要で、

セルライト&下半身デブを解消する
方法はたくさんありますが、

特に腹部のリンパ液の流れを改善するのに、

呼吸による方法が
最も効果的と言えるのです。

深呼吸による下半身デブへの効能

呼吸の目的は酸素を取り入れるために
空気を肺に送り込む事と

不必要な二酸化炭素を
体外に排出させる事です。

こうした呼吸運動は
ガス交換ばかりでなく、

「呼吸ポンプ」をして働き
リンパ液を静脈へ戻したり
静脈血を心臓へと戻します。

運動は「筋肉ポンプ」と
「呼吸ポンプ」の働きを増大させ、

静脈還流を促進しますが、

ゆっくりとした深い胸郭呼吸を
心がけるだけでも

呼吸ポンプの働きによって、
リンパや静脈血のスムーズな
還流は促され、

むくみは解消します。

ただし現代人は忙しくなり、
ストレスが溜まってしまいがちで、

無意識のうちに呼吸が浅くなり

呼吸による健康効果を
しっかりと発揮しできていないのです。

だからこそ深呼吸は効果的なのです。

リンパ還流を促す呼吸の力

セルライトや下半身デブに
なじみの深いリンパ液の流れですが、

これを「リンパ還流」と言います。

怪我や手術などが原因で
リンパの流れが極端に悪くなった
状態である「リンパ浮腫」

と言った特殊な状態の人でない限り、

多くの場合、

お腹のリンパ還流が悪くなります。

お腹のリンパ還流が
悪くなりやすいのには理由があります。

それはまず、人間には
座る時間が多いからです。

座った姿勢は腹部を圧迫しますので、

リンパ還流は必ず悪くなります。

そんなに姿勢を正しても
リンパの流れは滞ってしまうのです。

だからこそデトックスを
行う必要があるのですが、

最も簡単な方法が、

深呼吸であり、

胸腹ポンプと言う作用を使えば
お腹のリンパ還流はスムーズになります。

むくみを取る深呼吸の方法

深呼吸をすれば、
脂肪や老廃物の運び出しも
うまく行くようになります。

もちろん深い呼吸は血液の
浄化も進めます。

毎朝起きたときに
お腹に多少力を入れて引っ込め、

胸をふくらませるように意識しながら
息をゆっくり6秒間吸いこみ

1~2秒間止め、

6秒かけて吐く

という呼吸法を5セット行って下さい。

肺の底の空気まで吐き出してしまうような
気持ちでゆっくりと空気を吐いていくと、

無理に息を吸おうとしなくても
自然に空気が肺に流れ込んできてくれます。

また夕方の足のむくみやすい
時間帯にこの呼吸法をやるのもいいでしょう。

最初は意識して呼吸をするのは
難しいかもしれませんが、

慣れてくればいつでもどこでも
やる事ができるようになります。

すっきりした身体を作るには
ちょっとした生活のコツがあります。

深呼吸を心がければ
むくみにくくなり、
冷え性なども解消します。

セルライトに効果的な深呼吸の方法

この呼吸法をしばらく続けていると、
普段でも無意識に胸で深い呼吸を
するようになってきます。

こんな簡単な事でも
きちんと自分の習慣にして行くことで

下半身デブの改善が加速する事になります。

胸郭呼吸を心がける事は、
血液やリンパの還流促進だけにとどまらず

心を落ち着かせ、心の中の感情の
波立ちを和らげることにもつながります。

実に不思議な事ですが、
大きく息を吐くだけでも

自然に心がスーッと
落ち着いてくるものなのです。

私たちの心と体はけっして
切り離しては考えられません。

既に触れている通り、ストレスが
セルライトの引き金になる事もありますし、

既にセルライトのある人にとっては
悪化にもつながります。

しっかり深呼吸を実践しましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。