unnamed

ひざまわりの筋肉を鍛えるダイエットでむくみ、セルライト予防


今回のテーマは、

ひざまわりの筋肉を鍛えるダイエット
でむくみ、セルライト予防

について紹介します。

ひざまわりというのも
セルライトが付きやすく

醜く太くなりやすい部分です。

そんな膝まわりの余計な脂肪や
セルライトを取り除くエクササイズを
紹介します。

女性は男性に比べて
骨が弱く、40代以降になると
ひざの痛みを訴える人が増えてきます。

50代になると
変形性膝関節症と言う病気に
かかってしまう事もあります。

普段からひざまわりの筋肉を
しっかり鍛えることが重要です。

ひざまわりが傷んだり太くなる
原因のひとつがO脚です。

O脚が進むと、
体重がひざの内側に集中して
かかるようになり、

それが高じてひざの内側の
軟骨がすり減ってしまい、

関節が痛むと言うパターンがあります。

ひざの状態は横から見た時に
軽く曲がっているように見えるのが正常です。

立ち方を改善しないと
ひざはどんどん大きくなります。

ダイエット、美容面だけでなく
健康面でもO脚の進行を食い止め、

ひざまわりの血行を良くし
セルライトを予防しなければ行けません。

ひざまわりにセルライトが出来るのはなぜ

ひざまわりが
醜く太くなりやすい理由として、

長時間、同じ姿勢で立っていたり
正座していたりしすると、

その部分の血液の流れは
最悪の状態になります。

また先天的な場合を除き、
O脚になる人は

総じて歩き方のバランスが悪い
と言う特徴があります。

歩く時によく使う太ももの
大腿四頭筋の外側ばかりを
使って歩く傾向にあるため、

内側の筋肉が自然と弱まり、
筋肉のバランスが崩れて

ひざが外側に開くのです。

筋肉のバランスが悪くなれば
血行が悪くなり、

むくみやセルライトも
出来やすくなります。

なのでしっかりとエクササイズをして
バランスをとらなければいけません。

「ひざ」の運動と言うと、
すぐに屈伸運動を思い浮かべますが、

実は屈伸運動は、ひざの周りの
太さを解消する為には効果がありません。

むしろ、その部分を打ち合わせる、
或いは摩擦するという方法が最適です。

特に太さが気になっている訳ではなくても、

ひざの疲れやすさを訴える人は
案外多いものです。

ちょっと運動をしたり、
階段などの上がり下がりで、

ひざがガクガクしていしまう
という人もいるでしょう。

ひざがガクガクしたり、
痛くなったりすると

ひざ全体が「どうかなったかも・・」
と不安を思うかもしれませんが、

実際には膝そのものが
疲れているという訳ではなく、

ひざには上腿と下腿の筋肉の
腱が集中していますが、

膝そのものに筋肉はないのです。

ひざまわりの筋肉を鍛える方法

筋肉というのは、中間部に
うっ血が起こったりすると

痛みは端の方に

つまり腱の方に集中する
性質を持っています。

これはどういう事かというと、
太ももの筋肉などがうっ血を
起こしたような場合に

それが端の方の膝に痛みとして
現れるという事なのです。

そしてその対策として、

エアロビクス
アイソメトリック
ストレッチ

という三つのエクササイズを
しっかり行って行けば、

筋力アップによって
ひざの疲れやうっ血はスムーズに
改善してくれるはずですし、

それがセルライトを落として
行く事に繋がっていきます。

また正しい姿勢で歩く事も大切です。

始めは違和感が合っても
続けるうちにひざに力を入れなくても
出来るようになってくるでしょう。

それでも、ひざの周りが
気になるということであれば、

ひざ重点のエクササイズも
役に立つでしょう。

美しいひざまわりを作る方法

ちなみに自分がO脚かどうかは
簡単な方法で確認する事が出来ます。

5円玉と1メートルくらいの
長さのひもを用意します。

5円玉にひもを通し、結びます。

そして鏡の前にまっすぐ立ち、
5円玉の部分を下に向け、

骨盤の下の突起部分から
足首の真ん中にひもが来るように垂らします。

このときひもがひざの真ん中辺りを
通れば問題ありませんが、

ひざの内側にひもが来るようなら
O脚が進行している事を示しています。

早めの対策が必要です。

ひざの裏には膝窩リンパ節と
呼ばれる箇所があり、

ここはむくみを解消する
重要なポイントなのです。

他の部分よりしっかりと
この部分の循環を良くすれば、

ひざまわりの大きく腫れぼったい
状態を良くしてくれるだけでなく、

ひざ下全体のむくみも
セルライトも解消されていきます。

ひざまわりの筋肉を鍛える
ダイエット方法を参考にして

魅せる美脚の絶対条件である
小さく引き締まったひざまわりを目指しましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。