unnamed

アイソメトリックス運動でお尻や足のたるみをキュッと引き締める


今回のテーマは、

アイソメトリックス運動でお尻や
足のたるみをキュッと引き締める

について紹介します。

下半身痩せに有効な
エクササイズを今回は
オススメしたいと思います。

以前紹介したように、
無駄な脂肪を効率良く燃焼するには
ウォーキングが最適なのですが、

ただ脂肪を取るためにこのような
エアロビクスの有酸素運動と同じく、

お尻や足のたるみを無くし、
キュッと引き締めていくには

筋力を鍛えるために

静的運動(Isometrics=アイソメトリックス)

も必要です。

アイソメトリックス運動と聞くと
何か難しそうな呼び方をすると

それだけで拒否反応を起こす人も
いるかもしれません。

でも、この運動も
誰でも、いつでも、簡単にできる
効果的な引き締め方法は他にありません。

起床時や就寝時、或いは会社でも、
生活の中のちょっとした時間に
うまく取り入れ、

お尻や足のたるみをキュッと
引き締める、

理想の下半身づくりを
加速して頂きたいものです。

なぜアイソメトリックスが下半身痩せにつながるか?

アイソメトリックス運動のやり方は

鍛えようとする筋肉が全力で収縮した
状態を6秒間続け、

それを3から5回繰り返すだけ。

拍子抜けしてしまうほど簡単ですが、
確実に効果があります。

筋肉と言うのは、細胞の束で出来ていて
その筋肉細胞の中には
筋原線維と言う細い束が並び

さらに筋原線維の中には、
フィラメントと言う細い糸のような
タンパク質が並んでいます。

筋肉を鍛えるには、フィラメントの
数を増やす必要がありますが、

筋肉に通常より大きな負荷を
かける事によりそれが可能となります。

通常、筋肉が縮まる時には
半分程度のフィラメントしか
使われていません。

例えば、フィラメントが6本あるとすると、
まず3本が筋肉を縮めるために働き、

5秒後に残りの3本と交代します。

これで間に合えば、
フィラメントは増えません。

ところが、いつもと違う
重労働を筋肉にさせると

半分の本数では足りず、
最初から全てのフィラメントが
動員されます。

ただし働きが5秒しか持続しない
事には関わりありません。

負荷が5秒以上続くと、
交代要員はいなくなり

身体はその重労働を引き受けるために
フィラメントの本数を増やそうとします。

この仕組みを利用した6秒間の
筋肉増強法が、アイソメトリックス運動なのです。

下半身を引き締めるためにできる工夫

また「私は運動はどうしても苦手、嫌い」

と言う人にお勧めなのが、

サポートタイプのストッキングをはく、

そしてウォーキングをする事です。

締め付け効果が高いと言う意味で、

ストッキングを履くだけでも、
足を細くしてくれる効果があるのです。

映画『風と共に去りぬ』で

特に印象深かったのが、

ビビアン・リーが演じた
スカーレット・オハラが、

ウエストを細く見せるために
コルセットで締め上げていたシーンです。

そして彼女s自身も
コルセットでウエストを締め付けていたため、

細いウエストを維持できたと言われています。

つまり、締め付ける事で
細くなるのは足も同じ事なのです。

お尻や足のたるみも
引き締まるでしょう。

もちろん、アイソメトリックスで
筋肉を引き締めるのは重要ですが、

サポートタイプのストッキングを
いつも履いている事で、

締め付け効果で、
無駄な食欲が抑えられたり、

脂肪の逃げ場が無く、
無駄な脂肪もつきにくくなります。

私自身の経験なのですが、

20年間ほど毎日
身体を動かして運動する習慣を
持っていたのですが、

思いもよらぬ事故が起き、

5ヶ月間運動をする事が
できなくなった時期があります。

その間にしていた事が、

毎日サポートタイプの
ストッキングをはくと言う事、

なので、毎日パンツで過ごし、

スカートをはく事は
できませんでしたが、

おかげで足が太くなる事は
防ぐ事ができました。

Gパンやズボンは
足が太くなればすぐにきつくなり、

太くなったのが分かります。

なので、

締めていれば実際に足が細くなるばかりか
きつくなるのがすぐに分かるので
予防にもなります。

締めると言う事は、
それだけたるみをなくし
下半身ダイエットに重要な事なのです。

もちろん、運動が最高ですが、
他にも工夫の余地はあります。

少しずつ下半身痩せのために引き締めよう

アイソメトリックスはひとつの
動作を6秒間、3~5回繰り返すだけの
とても簡単な筋肉引き締め法でありながら、

毎日やる必要もありません。

一日おきに行うだけでOKなのです。

できるだけ楽チンに
素晴らしいプロポーションを手に入れたい

というような虫の良い事を考えている
人にはぴったりの運動です。

月・火・金はウォーキング、
火・木・土はアイソメトリックス

というように習慣づければ良いのです。

運動が苦手な人はまずはできる所から、
少しずつでOKです。

焦る必要はありません。

運動も徐々にやるごとに
楽しくなっていき、

効果が出始めるとさらに嬉しくなります。

アイソメトリックス運動で
お尻や足のたるみをキュッと引き締め

美しいボディラインを作りましょう。

「運動をする時間なんてない・・」

なんていう、言い訳はせず
素晴らしい脚痩せのために
頑張っていきましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。