読書のドーパミンは脳の活性化の為の最高の健康法、メリット

読書のドーパミンは脳の活性化の為の最高の健康法、メリット
今回のテーマは、

読書のドーパミンは脳の
活性化の為の最高の健康法、メリット

について紹介します。

良い書物をたくさん読む…

つまり読書をすることで脳は鍛えられます。

読書は脳活性のための最高の健康法なのです。

全国大学生協連の「学生生活実態調査」
という調査で、

大学生の約4割は読書時間がゼロであることが
明らかになったそうですが、

ケータイヤスマホの普及、
など色々な要因はあると思いますが、

読書時間がゼロと言う人の
割合が半数に迫るという事態は、

脳にとって危険なシグナルと言えるでしょう。

読書で脳が活性化する…

あまりに当たり前のことのようですが、

読書離れが進んでいる現在においては
この点もしっかりと強調しておきたいです。

スポンサーリンク

読書の脳に与えるメリット

言うまでもなく考えるための
臓器が脳なのですが

その考えるための材料を提供するのが書物です。

材料がなければ料理が出来ないように、

材料が入っていなければ
いくら地頭が良くても考える事はできません。

アイデアなんて出る訳がありません。

脳を活性化するほど
脳は健康に保たれる。

これが読書の脳への最大のメリットです。

そういった意味でも読書は大切なのです。

テレビやメールなどは、
手軽に情報を得られますが、

受身なので脳はそれほど活性化しません。

例えば、

長年にわたって読み継がれてきた
古典や歴史書など、

読めば読むほど得られる材料はい多いですね。

また一度は理解できなかった本でも、
時間を置いて読むことで

自分の経験と成長に合わせて
理解が出来るようにもなります。

脳の健康にとって最良の行為が読書

先人の蓄積した経験を
知識として学べるのが読書です。

素晴らしい良書を読むことで、

先人の知識を得ることが出来るのはもちろん、

私たちの脳の神経細胞は活性化され、
シナプスの形成を促進する働きもします。

脳の健康にとってベストのアクティブティが
読書とも言えそうですね。

言葉を豊かにする事は、心を豊かにする事でもあります。

そして良い書物というのは良い言葉の宝庫です。

人間にとって最も大切なスキルは

自分以外の人の気持ちを理解する事

つまり共感のスキルだと思っています。

アメリカのオバマ大統領は、

共感する心を育てるのに最も
有効なのは読書であるとして

オバマ夫妻はベッドで子供たちに
毎晩本を読み聞かせていると言います。

読書でドーパミンが放出する

さらに、本を読むと言う事は
能動的な作業でもあるので、

脳機能を高めるのに素晴らしい
メリットがあるのです。

本を手に取り読み終わるまでの
プロセスを考えてみましょう。

どんな本を読むか決めるために、

まず本屋に向かい、手にとって
本を確認します。

そして、ページをめくり、
紙の上にならぶ文字の内容を

脳はフル回転させながら理解していきます。

やや難解な書物では、
一度読んだくらいでは理解出来ないので、

その個所で立ち止まり
意味の理解に努めます。

こうやって一歩ずつ前進するので、
読書は能動的な脳を作る格好の訓練なのです。

そうして、それまで分からなかった事が、
突然読書をしていると、分かる事があります。

この知的な喜びこそ、素晴らしいもので、

この瞬間に脳内では
快感物質であるドーパミンが大量に放出されます。

読書は脳の訓練になるだけでなく
そこから得られる情報で

人生や生き方を豊かにする材料にもなります。

ぜひ読書の習慣を持ち
素晴らしい人生を歩んで下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。