unnamed

ホルモンバランスの乱れがセルライト、下半身太りに与える影響


今回のテーマは、

ホルモンバランスの乱れがセルライト、
下半身太りに与える影響

について紹介します。

微量ながら人体に大きな
影響を与えるホルモンですが、

ホルモンのバランスを整える事が、
美容、健康、長寿のすべての
鍵を握るだけでなく、

セルライトの解消や
下半身ダイエットにとっても重要です。

若い人にとって
「老化」と聞くと

あまり自分には関係ないと
考えると思います。

しかし下半身太りの人、
セルライトを持つ人は
人ごとではないのです。

下半身太りはホルモンバランスを崩し
加速度的に老化を進ませます。

例えばむくんだ状態が続くと、

皮膚が凸凹して滑らかさが
失われていくのに気づくでしょう。

これは身体の老廃物を
うまく処理できなくなり、

特に循環の悪いところに
老廃物が溜まった証拠なのです。

老廃物が多くなると、
細胞の新陳代謝が悪くなり、

ホルモンバランスを崩します。

そして身体が老化しやすくなるのです。

そして老化が一番早く
現れるのが肌なのです。

老化、セルライト、ホルモンの
関係は深いのです。

以下セルライトと関係の
深いホルモンバランスについて
詳しく見ていきましょう。

エストロゲンとセルライト

セルライトはほぼ女性だけの問題です。

これは筋肉の問題もありますが、

性ホルモンも深く関わっています。

下半身への脂肪蓄積は、
女性ホルモンであるエストロゲンと
プロゲステロンの影響とされます。

もちろん天然でバランスの良い
女性ホルモンが分泌されることは
望ましい事ですが、

人工的なホルモンによって
バランスを崩しています。

例えば、環境ホルモンや
郊外によっての害もありますし、

意外な物が、薬品です。

これらの女性ホルモンは
ピルなど避妊薬にも使われて
いるのですが、

エストロゲンは胸や太もも、
お尻、腰や、ひざまわりの

脂肪蓄積を促進します。

プロゲステロンは水分の停滞、
むくみの発生を促します。

卵巣をはじめとするはじめとする
婦人科系の疾患も

セルライトの発生につながる
事もあります。

またホルモン補充療法は副作用として
セルライトを発生させるだけでなく、

セルライトの解消を極めて
難しくしてしまいます。

ホルモンが絡むとセルライトの対処は
非常に厄介になります。

自然な対処をとにかく
心がけなければ行けません。

ストレスホルモンとセルライト

ストレスの多い現代社会ですが、

当然、ストレスとセルライト形成には
深い関わりがあります。

ストレスがかかると、アドレナリンや
ノルアドレナリンと言うホルモンを
分泌させ、血管を縮小させます。

そうなると、末梢の血流が
同然悪くなりますが、

そればかりでなく、ストレス時には

セルライトのテロ分子と言える
活性酸素が体内で暴れまわり、

毛細血管などにダメージを与えます。

ストレスが長引けば長引くほど、
ストレス反応に対応する為に、

体内では多くの栄養素が消耗され、
神経系、免疫系、ホルモン分泌などにも
影響が出てきます。

脂肪代謝や水分代謝にも
異常事態発生と言う事にもなりません。

やはりストレスの対処が
下半身太りにも重要です。

その他ホルモンとセルライトの関係

・妊娠中のホルモン

妊娠中は高エストロゲン、
高プロゲステロン状況になるために、

これらのホルモンの影響が強く出ます。

水分の停滞や脂肪蓄積を招きやすく、
セルライトが発生するケースもあります。

・骨盤周辺の手術

特に女性の生殖器関連の
手術を受けたあとは、

リンパ還流がうまくいかなくなり
セルライトの発生につながり
やすくなります。

・喫煙している

微小循環にダメージを与える
だけでなく、

活性酸素の発生とニコチンの
化学作用により、

より大きな血管への悪影響も
あります。

ニコチンは血管を収縮させると共に
血栓を出来やすくしますので、
血流が阻害されます。

なお、喫煙によって発生する
活性酸素は大気汚染、紫外線、ストレス、
ホルモンバランスの乱れなど

その他生活のあらゆる場面で発生しますが、

身体にとっては極めて
有害な物質であり、

微小循環にも損傷を与えます。

以上ホルモンの健康に関わりの
あるセルライトが形成される
要因を解説しました。

以前もホルモンバランスについて
詳しく解説しているので、

そちらも学んで欲しいのですが、

血行やリンパの流れが悪いと

老廃物を処理しにくくなり、
ホルモンバランスを崩すだけでなく、

肌のハリがなくなり、冷え性が起き、
疲れやすくなり、身体が固くなり、

サランカロリーの消費量を減らし、
下半身太りを起こし、

セルライト形成をさらに促進させます。

美容、健康をトータルで手に
入れるためにも

ホルモンや肉体の健康に意識して
下半身ダイエットを実践する
必要があるのです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。