unnamed

コラーゲン繊維とひどいセルライトに悪化するプロセスと悪循環


今回のテーマは、

コラーゲン繊維とひどいセルライトに
悪化するプロセスと悪循環

について紹介します。

コラーゲン繊維とセルライトの
進行プロセスについて紹介します。

セルライトと皮下脂肪は違うもので、

真の下半身ダイエットを成功し
美脚をもたらすためには、

この二層の脂肪の対処を
考えなければ行けません。

前回まで、血液循環や
リンパ系のメカニズムを解説していますが、

微小循環や静脈・リンパ系に
何らかのトラブルが発生することで
正常な脂肪組織は変化していきますが、

実際にどのような変化が起こるのか、

セルライトの進行プロセスとして、

正常な脂肪組織と、
セルライトの組織の内部の
様子を解説していきます。

正常なコラーゲン繊維と欠陥したコラーゲン繊維

正常な皮下脂肪組織内では、
血液供給がうまく行っており、

組織に酸素や栄養素が
きちんと運び込まれてる
正常な皮下組織になります。

組織に栄養を与えるために、
毛細血管から染み出た液体は

静脈やリンパ管によって運び去られ、
細胞と細胞の間には余分な
水分がたまっていません。

コラーゲン線維を作る
線維芽細胞も健康で、

組織を支える線維を
きちんと作りだしてくれます。

これに対して、セルライト組織内では
微小循環がうまく働かず、

血液の供給に影響が出ています。

線維芽細胞は正常に機能する為の
栄養素を受け取れず、

欠陥のある太いコラーゲン線維
しか作れません。

静脈やリンパ管は効率良く水分を
組織から取り除くことができず

その為細胞と細胞の間には
水分がたまっているのです。

凸凹足のひどいセルライトが進行する理由

この液に含まれるジェル状になる
性質を持つタンパク質は、

線維の間に入り込んで固まります。

コラーゲンは異常に太くなり、
柔軟性がなくなり、

脂肪細胞の間に定着し始めています。

コラーゲンが異常増殖、異常肥大
という緊急事態に陥っているにも関わらず、
それを取り除く機能は完全にマヒ状態です。

脂肪細胞は、太さと量を増した
コラーゲンにがんじがらめにされ、

酸素も栄養素も不足状態で
まともな脂肪代謝が出来ず

エネルギー供給の要請が来ても
自分の細胞から脂肪を放出できません。

組織内の圧力は増加、
コラーゲンのこわばった部分と脂肪の
軟らかい部分への圧力の差で

波打つようにデコボコです。

やがて、血液は組織内を
通ることができなくなり

回り道をするようになります。

セルライトの悪化の進行を食い止める

こうした事が、セルライト組織内で
起こってくるわけですが、

この後どうなるかと言えば、
血液の供給量がますます減り、
悪循環が続くのです。

脂肪を放出できないのに
新たな脂肪は運び込まれてきます。

リンパ管はつぶされたり、壊されたりして、
運び去られるべき水分や老廃物は
組織内で立ち往生です。

脂肪細胞の間にメッシュのように
張り巡らされた狂ったコラーゲンが
これらを閉じ込め、

処理されない毒素が組織に
ダメージを与え続け、

状況はますますひどく、
どうにもならない状態になっていくのです。

セルライト、むくみは早期解決が肝心

もちろん一夜にしてこうした事が
進行するわけではありません。

微小のトラブルが、
何カ月も、何年も時間をかけて、
徐々にそのダメージの度合いを増し、

それが別のトラブルを呼び起こし、

さらに別の問題が絡み合いながら、
より大きなダメージへと進んでいくのです。

ここから悪循環が起こります。

この瞬間に、セルライトが
あなたの下半身のどの部分に
どれだけ形成されていようと

その進行プロセスが始っている
と思って間違いありません。

セルライトが出来て
それがひどくなると、

さらに今度はそのひどい
セルライトがリンパ管を圧迫し、

流れを阻害していきます。

そうなればますます
むくみが形成され、

更なるセルライトを作り出し
無にくい見た目を作るだけでなく、

健康被害すらもたらすようになします。

ひどいセルライトに悪化する
プロセスと悪循環に備え、

今すぐ「脚痩せプログラム」に
取りくまなければ、

あなたの下半身は最悪のシナリオに
向かって突き進んでしまいます。

とにかく早期解消が肝心です。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。