unnamed

人体の血液循環、老廃物排泄のメカニズムとセルライトの予防法


今回のテーマは、

人体の血液循環、老廃物排泄の
メカニズムとセルライトの予防法

について紹介します。

ここから少し専門的になりますが、

ここで血液循環と老廃物排泄の
メカニズムを見ておく事にしましょう。

人体の血液循環のメカニズムを
理解すればセルライトは予防
できますし、

健康的にスリムで美しい
身体を入手する事も可能です。

一言で言えば、

脂肪細胞や組織がまともに
働いていれば、

セルライトにはなりません。

適切に身体の循環を機能
させてあげるのは重要ですが、

現代人はここがうまく行きません。

特に末端にも関わらず
普段から酷使する足は

一日で疲れが溜まり、
老廃物が溜まりやすいのです。

疲れを放置してしまい
足を酷使する生活を繰り返すと、

足がむくんだり重く怠くなり
セルライトの進行も進みます。

循環と排泄を担う血液の循環

ここが大切です。

なのでここを理解しておけば
下半身デブで悩む事もなくなります。

血液循環のメカニズム

身体中は血管で張り巡らされています。

細胞や組織の正常な機能のためには

効率の良い血液輸送と老廃物排泄の
両システムが完備されていなければ
なりません。

つまり、酸素や栄養素たっぷりの
血液がキチンと細胞に供給され、

静脈によって二酸化炭素や
老廃物や毒素が取り除かれ、

組織内の余分な水分を毒素と
一緒に除去するリンパ排液によって

組織液がスムーズに排出されな
ければならない、

ということです。

心臓から押し出された血液は
大動脈を通り、

全身に張り巡らされた毛細血管に
流れ込んできます。

その一部は、毛細血管から染み出し
組織液になります。

酸素や栄養分を身体全体の
細胞に供給し、

二酸化炭素や老廃物などの
ゴミを受け取ってから

静脈側の毛細血管に流れ込みます。

そして、

細静脈⇒静脈⇒大静脈

という順路を経て心臓にもどります。

リンパや静脈は勝手に動かない

組織内にしみ出した液の
約90パーセントは血管系(静脈)に
再吸収されますが、

残りの10パーセントは
リンパ系を経て静脈系へと戻ります。

酸素や栄養たっぷりの血液は
心臓というポンプに押し出されて、

動脈の筋肉によって絞りだされて
毛細血管に到達します。

しかしその帰り道、つまり
ゴミを持ちかえる静脈には、

血管を心臓に戻すための
筋肉や専用装置がありません。

リンパ系も同じです。

だからこそ意識して動かしてあげて
循環させる必要があるのです。

様々なセルライト予防テクニックの
目的はここにあるということです。

例えば、

身体の末端にある手足を
心臓より高く持ち上げて振動させれば、

手足の血液循環が良くなり
特に静脈の還流を良くします。

それにより足から心臓へ血液を
戻りやすくさせるので、

血液の流れを滞らせる原因となる
老廃物も流れていき、

セルライト予防になります。

だから運動と言うのは効果的です。

さらに水を飲む事も
血液の濃度を下げるため

血液循環をスムーズにさせます。

セルライトは予防する3つの概念

リンパや静脈を動かすには
このようなテクニックが必要なのです

そのため、静脈血やリンパ液を
下半身から上半身(心臓)に戻すには、

三つのメカニズムの助けを
借りなければいけません。

脚の血管は、筋肉に取りかこまれています。

これらの筋肉が収縮すると
静脈やリンパ管に圧力が加わり

血液とリンパが心臓方向へ
押し上げられます。

これが「筋肉ポンプ」です。

このとき、一方通行の弁が
血液やリンパの逆流を防いでくれます。

このメカニズムで最も重要な働きをするのが、
ふくらはぎの筋肉です。

「呼吸ポンプ」は吸気のための容積の拡大、
腹圧の減少で下半身のリンパと血液を吸い上げ、

息を吐き出す容積の縮小、
腹圧の上昇で、リンパと血液を押し上げます。

足底腱膜という脚の部分には、
数多くのレセプターがあり、

この足裏還流反射区を刺激すると
リンパ還流を促進することができるのです。

セルライトを予防したり、
解消して脚痩せを実現するには、

こうした
「筋肉ポンプ」
「呼吸ポンプ」
「足裏還流反射」

といった各メカニズムを
最大限利用していくのが重要です。

セルライトの予防の為にも、

人体の血液循環、老廃物排泄の

メカニズムを少しずつ
理解していきましょう。

これら三つの働きを最大限に
生かす手法も紹介しますが、

次回はその前に
セルライトがなぜ出来るのか、

その理由について考えてみましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。