unnamed

下半身は上半身より6倍も脂肪が溜る、下半身太りのメカニズム


今回のテーマは、

下半身は上半身より6倍も脂肪が
溜る、下半身太りのメカニズム

について紹介します。

哺乳類として考えれば
人間はかなり特殊です。

珍しい二足歩行の動物で、

なぜか知能が発達しているので
食べることに困りません。

生きる為よりむしろ
楽しむ為に食べます。

そして周囲の環境によって
ストレスを貯めやすいです。

…そしてこうしたことにより
現代人はダイエットの悩み
をかかえるようになります。

が、そもそもなぜ
下半身は太りやすいのでしょう?

実は下半身は上半身より
6倍、脂肪がたまりやすいと言われています。

だからこそ、このサイトで
公開してきたような

ダイエットやアンチエイジングの
基本を守りながらも、

下半身ダイエット特有の
テクニックも重要になってくるのです。

下半身太りやセルライトが
出来る最大の要因は、

当然の事ながら

脂肪が多く蓄積する事、、

なのですが、

見かけは痩せていても、
体脂肪が高めの人

いわゆる隠れ肥満の人は
セルライトが発生しやすいと言います。

体脂肪率の標準値は
女性であれば25%以下で、

30%を超えれば肥満とされるので
注意が必要です。

他にも下半身と上半身で
脂肪の付き具合が変わる要因は様々あります。

ライフスタイルとセルライトの関係

下半身に脂肪がつく
メカニズムを理解しましょう。

体脂肪が正常でも、
ストレスをためがちで

冷えやむくみを起こす人は要注意です。

また締め付ける補正下着などで
血行が悪くなっている人も

体内の老廃物が脂肪の周囲に溜まり
セルライトが出来やすくなります。

さらに人間は加齢とともに
体内の新旧の物質の入れ替わりである
新陳代謝が悪くなるため、

若い女性よりも中年以降の
女性ほどセルライトのリスクは
多いですが、

最近ではライフスタイルの乱れにより
20代前半の若い女性でも

セルライトが出来るケースも
目立つようになっています。

ただ体内のシステムから言えば、

私たちの体で、どこに脂肪がつくか、
どこから落ちるかというのは、

前回お話しした、

脂肪貯蔵レセプターと
脂肪放出レセプターが

身体のどのように配置されているかに
よって決まってきます。

上半身が細くなり、下半身が太るのはなぜ?

女性の場合なら、

ダイエットをして落ちるのは
上半身の脂肪ばかりで、

なかなか下半身からは
体重は落ちてくれません。

そしてダイエットをやめて
リバウンドして脂肪が増えるときには、

必ず下半身から太くなります。

ダイエットを繰り返せば繰り返すほど
上半身ばかりが細くなり、

下半身はますます太っていく
ことになります。

なぜこんな事が起きるのでしょうか?

そうです。

ほとんどの女性の場合、
脂肪貯蔵レセプターは、

身体の他のどの部分よりも
下半身に多く配置されているのです。

ある研究によると、

下半身の脂肪細胞には、
脂肪放出レセプター一個につき、

脂肪貯蔵レセプターがなんと
6個もあるのです。

この分布は上半身の
脂肪細胞においてはまったく逆です。

脂肪貯蔵に働くレセプターは
一個しかないのに、

脂肪放出レセプターは6個です。

つまり、下半身は上半身の
6倍も脂肪をため込みやすく、

上半身の6分の1しか
脂肪を放出できないという事です。

下半身は上半身より脂肪がつきやすい

恐らくこれは生存のために
出来たメカニズムと言えるでしょう。

洋梨型、リンゴ型肥満
肥満にもタイプがあるように、

下半身と上半身では
脂肪のつき方が違うのです。

例えば、7キロの脂肪を
貯蔵するとなった場合、

6キロは下半身、1キロは上半身の
脂肪細胞に収まる事になります。

脂肪が7キロ落ちるとして、
下半身からは1キロしか減らないのに、

上半身からは6キロ減る事になります。

ダイエットしては
リバウンドを繰り返しているうちに

すっかり体形が変わり、
下半身デブになっていくというのは、

こういう事が根底にあるためなのです。

下半身でも特に

お尻、腰回り、太もも、ひざの内側の
脂肪細胞というのは、

身体のどの部分よりも
貪欲に脂肪をため込み、

放出は最小限に抑えようとします。

そして、まさにこうした部分にこそ、
セルライトは発生しやすいのです。

こうしたメカニズムは
生存本能に合わせた、

もちろん良い面もあるのですが、
悪い面に転ぶこともあります。

下半身ダイエットとセルライト対策のポイント

脂肪の放出は、その組織を流れる
血液量によっても大きな影響を受けます。

血行が良ければ、脂肪は
スムーズに放出されますので、

脂肪細胞からより多くの脂肪が
運び出されます。

セルライトがいったん発生すると、
なかなか解消できないのは、

セルライト組織では血液の
流れが極端に悪くなってしまい、

これが大きくマイナスに
作用するからです。

セルライトの原因は
脂肪と脂肪の周囲に溜まる水分です。

だから、この脂肪や水分など
毒素や老廃物をスムーズにデトックス
できることが、

下半身ダイエットの秘訣、
セルライト対策のポイントとなるのです。

そのためには、
まず代謝の良い身体を作るのが第一です。

代謝と言うのは、体内に取り込まれた
物質が変化し、

様々な生体物質やエネルギーを
生じさせる事です。

健康的に美しくスリムなボディを
作る為にまず下半身太りの
メカニズムを押さえておきましょう。

そして次回以降代謝を良くしていくための
その具体的な方法も紹介していくので、

一緒に学びながら頑張っていきましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。