unnamed

三日坊主を避け最小限の努力で最大限の効果を得る筋トレの方法


今回のテーマは、

三日坊主を避け最小限の努力で
最大限の効果を得る筋トレの方法

について紹介します。

忙しい現代人、

できるだけ効率的な、

レバレッジの効いた
テクニックを使い、

効果を上げたいものですね。

ではここで、

最小限の努力で最大限の効果を得る
筋トレの方法と言うのは存在
するのでしょうか?

最小や最大と言う基準は、
かなり曖昧なものですが、

自分のダイエットライフ、
トレーニングの習慣をつけるにあたり、

「最小限の努力で最大限の効果を得る」

と工夫し続ける事は大切でしょう。

「運動の習慣をつけよう」
「継続的にトレーニングをしよう」

と思い立って、最初は
一生懸命筋トレに励んでも、

「仕事が忙しくて、
なかなか思うようにできない…」

と頭を悩ませる人がいます。

確かに忙しい現代人にとって
時間を確保すると言うのは
なかなかの試練と言えます。

しかし、ここでなんとかして
考えないでいると

三日坊主で辞めてしまう事になります。

すると負の自己暗示の罠に陥り
ダイエットでもその他でも

自信を無くしてしまうのです。

でも、考える人は、

前向きにトレーニングをしたい
と気持ちを継続できている証拠です。

決してへこむ必要はないのです。

そしてこの種のジレンマは
筋トレをやるほど実は強くなりのです。

忙しいビジネスマンの自分マネジメント

私も忙しい現代人の一人です。

けっして悠々自適の引退生活を
送っている訳ではありません。

同じジレンマを抱えながら
トレーニングを続けています。

現代のビジネスマンが

トレーニングで体型マネジメントを
行おうと思ったら、

誰もが抱える問題なのです。

でもここでいかに
「最小限の努力で最大限の効果を得るか」

と考える人と、考えない人では
差が生まれるのです。

特に安定しない経済状況の
日本では、

仕事で結果を求められる傾向が
一層強まっているにも関わらず、

トレーニングに対する理解が乏しいです。

「私はこの時間筋トレがあるので
残業はできません」

と言えば、あっという間に
リストラ候補になりかねません。

以前にも紹介しましたが、

アメリカのエグゼクティブの間では
トレーニングは仕事の効率を上げる
一環として捉えられています。

私がアメリカに留学した頃に
この文化の違いにかなり
カルチャーショックを受けたのですが、

日本の忙しいビジネスマンは

これまで以上に、筋トレの
時間を作りだすことが、

難しくなっていることは
明らかでしょう。

三日坊主症候群に悩む
人は増えているようです。

積み上げた筋トレの効果をなくさない

時間にこれまで以上に
追われ続ける日本の状況がありますが、

2、3日ならまだしも、

それ以上トレーニングの
間隔があきすぎてしまうと、

たちまち筋肉のテンションは
下がってしまいます。

三日坊主は筋力の為の
落とし穴となります。

せっかく今まで
積み上げてきた筋トレの効果も、

マイナスになるとまでは言いませんが、

限りなくゼロに近い所まで
戻ってしまいます。

借金するほど悪くはありませんが、
貯金が無くなるようなものです。

これは身体よりもむしろ
心にダメージを受けてしまいます。

せっかく強い気持ちで始めた
ダイエット、肉体改造も

モチベーション以外の理由で
トーンダウンするのは、

とてももったいない事なのです。

こう言った環境下では

「いかにして少ないチャンス(時間)を
最大限有効に使うか?」

つまり最小限の努力で最大限の
効果を得るトレーニングと言うのが

正否を分ける事になります。

だからこそ、自分にとって

最も効率の良いトレーニング方法を
探していく事が求められるのです。

そのために効果的なアプローチ法を
二つ紹介しましょう。

効率的な運動をレパートリーに入れる

最小限の努力で最大限の効果を得るために
まず考えてほしい事が

「トレーニング時間が短い時
向けの運動メニューをレパートリーに加える」

事です。

短時間で効果的な
トレーニングメニューと言うのは

少ない種目でできるだけ多くの
筋肉に、良い刺激を与える事です。

特に、大筋群と呼ばれる

「脚、ヒップ」「胸」「背中」

など、文字通り大きな筋肉
ターゲットにしたトレーニングを
優先させるのです。

大筋群のワークアウトをすれば

補助的に腹筋や腕の筋肉も使う事になるので、
自然と全身が鍛えられる事になります。

例えば
私はどうしても忙しくて
筋トレをする時間がないときは

スクワット、腕立て伏せ運動
懸垂などの種目だけを集中して行い

筋肉のテンションを維持するように
気をつけています。

ダラダラしないでびしっと終わらす

三日坊主を避ける工夫として、

最小限の努力で最大限の効果を得るために
考えておいてほしい二つ目が

「トレーニング間の休息時間
(インターバル)を短くする事」

トレーニングを行う際に
通常であれば、各種目の間に

適度な休憩時間(インターバル)を設けます。

しかし実はこのインターバルが
ちょっとした罠になっている事があるのです。

もちろん呼吸を整える程度の
インターバルは必要ですが、

それ以上に無駄に休んでしまっている
場合が多いのです。

トレーニングの負荷にもよりますが、

インターバルの時間と言うのは
基本的に60~90秒あれば良いのです。

インターバルを短くすれば、
それだけトレーニング時間の短縮が図れます。

さらに時間の短縮ができれば、

同時にトレーニング時間を確保する事に
つながり習慣化しやすくなります。

つまり最小限の努力で
最大限の効果を得るために

好都合なのです。

さらに言えば、筋肉の疲れが
完全に取れる前に次の運動を
行うと言う事は、

運動効果にとても意味があるのです。

やっている方は辛いかもしれませんが、

筋肉への刺激を高める事ができるので、
自然と質の高い筋トレができます。

最小限の努力で最大限の効果を得るために
以上の事を参考に取り組んでみてください。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。