unnamed

1日5分の筋トレ、運動の頑張らないダイエットが効果を上げる


今回のテーマは、

1日5分の筋トレ、運動の頑張らない
ダイエットが効果を上げる

について紹介します。

これからダイエットのために、
運動や筋トレをやるぞ!と

意気込んでいる場合、
いきなりがんばりすぎる必要はありません。

1日5分の筋トレ、運動で
ダイエットに成功できるのです。

気負って、頑張りすぎて
挫折してしまっては意味がありません。

忙しい現代人にとって
時間を確保するのはどんどん
難しくなっていますが、

1日5分で良いと考えると
誰もがその時間は捻出する事ができます。

そして1日5分の濃い時間を
運動や筋力トレーニングに費やすだけで、

理想のボディラインを構築する
ダイエットに効果があるだけでなく、

メンタルにも良い影響を与え
仕事にも遊びにも活力が生まれます。

これは素晴らしい時間対効果になるので
オススメです。

頑張るダイエットではなく、

頑張らないダイエットを
ぜひやってほしいのです。

運動はやれば効果が上がる

筋トレに限らず、

何かしら運動をするなら
1日1、2時間

しっかりやり込まなければ
効果が得られない、、

そう思っている人も
少なくないと思います。

ジムについて先生について
パーソナルトレーナーにつかなければ

理想の体は作れない…

そう思い込んでいる人もいます。

確かに、それができるに
越したことはないでしょうが、

必ずしもみっちりやる必要はないのです。

仕事やプライベートで忙しい
日常生活の中で、

筋トレのためにコンスタントに
時間を確保するのは

容易なことではないでしょう。

しかし考えを改めて見てください。

実は、1、2時間やらないと
運動した意味がないのかと言うと、

必ずしもそんなことはありません。

体の反応は物理的なものなので、

どんなに短い時間でも
やればやった分だけ効果があります。

1日5分でも運動をすれば
それは必ず効果を生むのです。

頑張らなくていいのです。

少しやればいいだけです。

5分の時間もないと言う人はいません。

まずダ健康的なイエットの成功のため
5分から始めて見ましょう。

回数を意識しない筋トレが効果を生む

また、筋トレや
ワークアウトのメニューについても
多くの人が誤解しているようです。

何か運動を始めようとすると
ほとんどの人は「数値」を目標に掲げています。

例えば

「腹筋を100回しよう」
「腕立て伏せを50回しよう」
「ウォーキングを30分する」
「5kmジョギングする」

こういった数値目標も、

筋肉の面から見れば
あまり意味のないことなのです。

「5分は数値じゃないの?」

と言われれば返す言葉もないのですが、

5分と言うのはあくまで目安であって、

3分でも6分でも…

とにかく短期間でも、集中して
筋トレや運動を始めましょうと言う意味です。

筋肉にとって重要なポイントは
刺激を与えられているかどうかです。

言ってしまえば、

時間も重さも回数も関係はないのです。

数値目標ではなく、

どれだけ筋肉に良い刺激を与えられるか
どうかだけなのです。

しっかり刺激を与えられる
メニューを実行できれば、

時間や回数に関係なく効果が得られます。

「これをこれだけやらなければいけない」

と言う決まり事はないのです。

ダイエットに関するゼロと1の積み重ね

なので1日5分でも良いのです。

もちろん5分で十分とは言えませんが、
5分でもしっかり効果はあります。

全くやらないよりは
5分でもやった方が良いのです。

さらに効率的に集中すれば
ダイエットに十二分に効果は出ます。

もちろん、運動機能を高めたい場合、
ボディビルダー並みの筋肉を付けたい…

と言う場合、それでは足りません。

しかしダイエットの成功のため、
スリムで程よい筋肉のついた
カッコいい、キレイなボディラインのため

1日5分の運動、筋トレで十分です。

何もしなければいつまでもゼロですが、

5分でもやれば1になります。

ゼロはいつまでも積み上げても
ゼロのままですが、

1は積み上げていけば
10になり、100になり、
1000になるのです。

ダイエットを長く続けるための秘訣

それに、1日1時間を
一週間しか続けられないより、

1日5分を1ヶ月続けた方が
間違いなく効果があります。

極論を言えば、
1分でもゼロよりマシです。

1時間みっちりトレーニングをすれば、
運動嫌いな人は嫌になるかもしれませんが、

5分くらいであれば誰でも可能です。

頑張らないダイエットを
楽しく続けられるでしょう。

どんなに忙しくても
1日5分の時間を確保するのが、
難しい人はいないでしょう。

今まで時間がなくて
運動ができなかった人でも

「時間がない」
という壁が取り除かれて、

筋トレをする入り口も開きます。

そして1日5分なら毎日
続けられやすい時間でもあるので、
習慣化しやすくなるのです。

そして、5分に慣れてきたら、
その5分間の中身を濃くしていきます。

5分でできる筋トレの質を

どこまで研ぎすませて
ハイリターンを得られるか、

自分にとって最高の5分間メニューを
考えようとする意識が芽生えれば、

回数を増やしたり、メニュー構成を
考えたりするようになってきます。

すると、5分と言う時間が
黄金を生む素晴らしい時間になるのです。

最初のステップを低くするのが大切

どんな分野であれ、
人間は始めるステップが一番高いです。

ロケットは飛び立つ瞬間に
一番に燃料が必要です。

でも大気圏を突破すれば
後は自動的に進みます。

なんであれ最初のハードルを低くして
始めるのが成功の秘訣です。

今、フルマラソンを走れ
と言われても無理だと思いますが、

100mを全力で走れと言われたら

タイムは別にして誰でも走れるでしょう。

それと同じことで、
5分間だけ真剣勝負をするのです。

ただ漫然と体を動かすのではなく、

今、自分がどの部位をどうしたくて
がんばっているのか、

そういうことを考えながらやれば

30分ダラダラやるよりも、
よほど大きな効果が得られるようになります。

この5分間も、必ず
5分と言う訳ではありません。

慣れてきたら、
自分の時間の許す範囲で

10分にしたり、15分にしたりと
調整すれば良いでしょう。

逆に気分が乗らないときは、
2分でも3分でも大丈夫です。

とにかく習慣を付けてしまえばいいのです。

そして最初のきっかけは、
肩こり防止でもメタボ対策でも何でも構いません。

1日5分と言うハードルの低さが
ボディデザインに目覚めるきっかけになるのです。

そしてこの運動の習慣がいつの間にか
太らない体質作りにつながるのです。

ダイエットを意識しないで
スリムな体を維持する人生となるのです。

調整するのがダイエットのコツ

そして5分でも運動や筋トレをやれば、

自分の気持ちの中で「やった」
と言う充実感が少しでも残ります。

この充実感を少しずつ
積み上げることで

モチベーションを維持することが
できるようになってきます。

また1日5分の筋トレは
気軽に取り組める運動です。

気軽にできる自分のメニューを持っておくと、
様々なメリットがあります。

例えば

「今日は食べ過ぎたなあ」という時でも

「明日、ちょっと筋トレすれば良いか」

と思えるようになってきます。

私は、これを「リセットメニュー」
と呼んでいます。

ダイエット中は食べ過ぎると

「やばいな」「まずいな」

と言う負の感情に支配されていきます。

そんな心理状態では
ストレスもかかりますし、
食事も楽しめません。

でもこのリセットと言う
調整技術を持っていれば

「明日、運動すれば食べてOK」

と言う前向きな気分のままでいられます。

リセットメニューが心理的な
セーフティーネットになって、

その時間を存分に楽しむことが
できるようになるのです。

負の感情に支配できない
ポジティブな気持ちでダイエットに
取り組めると言うのは最高のメリットです。

ストイックにやって挫折する
頑張るダイエットより、

楽しく続けられる
頑張らないダイエットの方が

実はメリットも効果も
大きいのです。

1日5分の筋トレはリフレッシュになる

「仕事で行き詰まって疲れた…」
「少しだるくて調子が出ない」

と言うときも

今までは横になって休むという
選択しかなかった人も、

これが5分の筋トレでリフレッシュできる
としたらどうでしょうか?

1時間の運動では
それこそ怠くてやる気も起きないと思いますが、

1日5分で良いのですから、

ちょっとやるか…と言う気にもなれます。

そして5分でも体を動かして
筋肉に刺激を与えれば

心もすっきりしてくるのです。

運動…特に短期間体を動かすことは

心のリフレッシュになります。

いつでもどこでも筋肉を
動かす方法を知っておけば、

仕事の合間、勉強の合間、家事の合間、

いつでもどこでもリフレッシュできます。

私は何か嫌なことがあった時、
精神的に傷ついたときには

必ず体を動かすようにします。

すると驚くほど
すっきりして感情的にニュートラルになります。

1日5分の運動がダイエットをサポート

また食事制限をしている人は
良くこんなことを言って嘆いています。

「せっかくがんばってきたのに
一回の飲み会で食べ過ぎ、飲み過ぎて
振り出しに戻ってしまった」

「ちょっと甘いものを食べたら
今までの努力が台無しになってしまった」

でも1日5分のリセットメニューがあれば
こんな嘆きとは無縁です。

食べ過ぎたら、筋肉を鍛えて
燃やせば良いだけの話なのです。

結局、こういう悩みが出てくる理由は

食事制限によるダイエットが、
非日常の取り組みだからです。

非日常の取り組みは、
続けるのが難しくて当然です。

常に挫折のリスクがつきまといます。

「継続は力なり」という格言があるように

大事なのは続けることです。

ストレスがかかることを日常に組み込むと
継続も困難になります。

だからこそ、1日5分と言う
続けやすい時間で

自分にとって最高のがんばり方を
模索していくことが重要なのです。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。