unnamed

成功者、エグゼクティブが早朝にジムに通うのは運動と仕事の為


今回のテーマは、

成功者、エグゼクティブが早朝に
ジムに通うのは運動と仕事の為

について紹介します。

私がアメリカに留学していた頃、
アメリカ人には興味深い特徴がありました。

彼らの多く、特にエリートや
エグゼクティブは早朝仕事に行く前に
ジムに行きます。

それは、運動のためだけでなく、
仕事の効率を上げるためだと言います。

アメリカ人とコミュニケーションを
とった事がある人は、

思い当たる節があると思いますが、

彼らが人間として発散する
エネルギーは、

日本人と比べると強い傾向があります。

ポジティブシンキングが身に付いています。

また、ボディデザインや
体のメンテナンスに対する
意識の差も相当あります。

最近では日本人でも、

ビジネスマンが仕事の効率のために
ジムに通う人も増えてきましたが、

まだまだ一般的ではありません。

六本木などのジムに行くと、

早朝からトレーニングをして
運動している人のほとんどは外国人で、

話してみると、どこかの企業の
エグゼクティブであったり、

びっくりするような成功者
起業家であったりします。

(ちなみに、良い人脈作りになるのですが、、)

彼らは、仕事に行く前に早朝にジムで
トレーニングをして運動をしてから
出社する人が少なくないのです。

素晴らしい習慣なので
私たちもぜひ参考にしたいですね。

運動は脳にも体にも良い影響を与える

早朝にジムに行き運動をする事は

運動してダイエットになり、
健康によい影響を与えるだけでなく、

脳にも良い影響を与え
勉強や仕事にも効果があります。

ビジネスで成功する為に
運動をすると言う考え方です。

近年、脳科学ブームが
わき起こっていますが、

人間に備わっている運動器官を
しっかり働かせる事で

「脳と体の両面での
『人間機能』に好影響を及ぼします」

ということが
分かってきています。

つまり、運動器官を働かせる筋トレは

体だけでなく、脳(心)にも
効果があるのです。

確かに実際、

気持ちよく体を動かした後は、
頭も冴えて、気分がすっきりしますね。

これは体を動かす事で
全身の血行が促され、

脳への血流も増える事や
無意識のうちに大量の酸素が
体内に取り入れられる事が要因です。

ホルモンや脳内物質も分泌され、

血流が良く流れて
酸素もたっぷりの状態なら、

当然集中力も増すので、
仕事や勉強の能率が上がり、

ここぞと言うときに
踏ん張りが利くようにもなります。

特に早朝と言うのがポイントで

出勤前の朝に筋トレをすると、

脳もシャキッと覚醒してくるので、

朝一からエンジン全開で
バリバリと仕事をこなせるのです。

成功者はこの辺りの
自己管理法を熟知しています。

できるビジネスマンほど早朝に運動をする

情報化時代と呼ばれて久しいですが、

これはつまり知識社会、

つまり脳を使う事で仕事をする時代、

これからもこの傾向は
加速していくでしょう。

脳のクオリティを一日中
高く保つ事が成功の秘訣です。

そしてできるビジネスマンほど
運動と脳の関係を知っているのです。

早朝にジムに行ってみると

外国人以外で朝から
筋トレをしているのも、

やはり企業のエグゼクティブや
起業家たちです。

彼らは体験的にこの事を
知っているから、

「朝、ジムで体を動かしてから仕事に行く」

と言うライフスタイルを送っているのです。

或は、ジムに行くのが難しいときでも、

自宅でストレッチをしたり、
軽くランニングをしたり、

なんかしら体を動かして、
脳を覚醒させてから出社して

能率よく仕事をこなしています。

朝にボーッとして、何も食べず、
あるいは菓子パンをほうばり、

ダラダラと過ごしてしまう人は、

なかなかエンジンがかかりません。

こうした朝の時間の
ちょっとした意識の差は、

積み重なって大きな差になるのです。

二極化時代が生まれる要因

仕事でもダイエットでも
成功を目指すなら、

大切なことがあります。

今巷では二極化時代と言われ、

持つ者と持たざる者の差が
どんどん開いていくと言われていますが、

この差が生まれる要因のひとつに、

早朝の時間の使い方

と言うのは大きくあるでしょう。

早朝から運動をして、
脳と体にエンジンを入れて

一日をスタートさせる人と

朝寝坊して朝食もとらず、

満員電車に揺られて頭はボー、
気分も最低な状態で出社する人とは、

スタート地点からして

追い抜けない差がついてきます。

これが1年、2年と積み重なれば、

どれだけ大きな差が広がるかは
言うまでもありません。

最近の統計では、

富裕層ほどスリムで健康、
貧困層ほど肥満で不健康と言う、

顕著な違いも出てきているようです。

私自身も、会社員時代から意識して
朝のワークアウトを実践してきましたので、

この効果は実体験済みです。

朝から運動をする事で

集中力やアイデア、行動力など
活発になる事を実感できます。

もしも

「自分は朝が苦手で、
午前中はいつもぼーっとしている」

と言う悩みを持っているならば、

ぜひ朝のワークアウトを試してみてください。

こまめに運動を取り入れよう

エグゼクティブたちは
早朝にジムに通うと紹介してきましたが、

いきなりジムに通う必要はありません。

また最初からがんがん筋トレする
必要はありません。

軽く体を動かすだけでも十分です。

早朝に家で出勤前に
軽く腕立て伏せをするだけでも
だいぶ変わってきます。

慣れるに従って、体の変化を
感じることができて、

さらに意欲がわいてくるのが
実感できるでしょう。

その頃には、仕事に取り組む姿勢も
大きく変化し始めているはずです。

最初は徐々にスタートでオッケーです。

ウォーキングをするのも良いでしょう。

また一日中、デスクワークや
パソコンの操作をしている人は、

時々デスクを離れて
ストレッチや深呼吸をしてみましょう。

これで体も脳も緊張を解きほぐす
事ができます。

ワークアウトは、理想のボディデザイン
実現のための手段と言うだけでなく、

自分の生活パフォーマンスを
向上させるサプリメントのような
役割も果たすのです。

私の友人が以前、勤めていた
世界的大企業では、

毎朝オリジナルのラジオ体操を
全社員でやっていたそうです。

入社当初は「これ必要か?」
と思っていたそうですが、

体とトレーニングの知識を
身につけた後で、

その理由が分かったそうです。

私たちもトップエリートや成功者、
エグゼクティブが早朝にジムに通う

と言う習慣を見習い、

仕事のため、健康のため

様々な意味で、
健康維持と仕事の能率アップに
運動を役立ってていきましょう。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。