unnamed

本気でダイエットならチェーン店、ファーストフードは避ける事


今回のテーマは、

本気でダイエットならチェーン店、
ファーストフードは避ける事

について紹介します。

私たち現代人にとって
かなり身近な物ですが、

本気で健康的にダイエットに
成功したければ、

外食をすることには
注意が必要です。

特に世界的に展開しているような

チェーン店や、
フランチャイズ系レストラン。

ファーストフード、チェーンレストランで
なるべく食事はしない。

と言うのは健康的にダイエットをする
ための重要な考え方と言えます。

もちろん忙しいさなか、

ファーストフードに頼る事が
たまにある事は避けられません。

ただ「習慣食い」は危険です。

習慣食いと言うのは、

毎日同じような栄養素しか取り込めないため、
栄養素は不足になりがちです。

その習慣がファーストフードや
加工食品であれば、、

さらに健康を害するリスクは増え
肥満へ急加速しかねません。

もちろんメーカ側としてはその
習慣食いになってもらうべく、

中毒性を高めているわけですが、、

今回はその対策について
詳しく見ていきましょう。

ファーストフードの油は大変危険

ファーストフードでは
まず避けて欲しいのが、

フライドポテト、フライドチキン、
ナゲット、フライドフィッシュなどの

揚げ物です。

揚げ物は家庭用の普通の食卓
でさえダイエットの大敵です。

カロリーが高いというよりむしろ、

脂肪分の影響で体内で
炎症を起こしてしまうのです。

加熱により酸化した油で揚げるため
悪い油を吸い込みやすいのですが、

ファーストフードの
揚げ物はとりわけ危険です。

まずフライヤーの油は
かなり酸化している場合が多いので、

出来るだけ身体には入れたくないものです。

またポテトやチキンも
すべて加工した冷凍食品で

イモや鶏肉の栄養はほとんど
期待できません。

さらにフライドチキンの中には

圧力鍋で油を吹き付けて
作るチキンもあります。

これはフライヤーで揚げたものより
多く油を吸い込んでいます。

だからこそジューシーで
美味しく感じるのですが、

より身体の負担になる事は
間違いないでしょう。

解毒臓器である肝臓や、生殖機能にまで
悪影響を及ぶリスクについて

少し考えるようにしましょう。

そういうわけで、

どうしてもファーストフードを
利用するならば、

無難にハンバーガーだけを
頼んでおく方が無難です。

セット注文はタブーです。

セットで

ハンバーガー、フライドポテト、コーラ

を組み合わせてしまったら…

消化を助ける栄養素は乏しいのに、

糖分や悪い油ばかりを取って
しまう事になり、

体脂肪アップは避けられません。

ハンバーガーを食べたくなったら、

持ち帰りで買ってきて、

野菜サラダをプラスして
消化する酵素を摂取するか、

野菜スープを頼んで
身体を温める事がオススメです。

そして徐々にで良いので、

ファーストフード店を利用する回数を
減らすように心がけましょう。

ファーストフードではミネラルが不足する

あるいは、チェーン店など大規模で
展開するような食品ビジネスで、

まず考えるのは、

保存性や効率性など、
或は味の病み付き具合だけで、

栄養分は二の次です。

工場などで画一的に生産される食品は、

食事というよりむしろ餌です。

効率性の追求が彼らの
至上命題とも言えます。

ファーストフードで問題なのが

身体に害をもたらす悪い油や
食品添加物が入っているだけでなく、

ミネラルの問題もあります。

小麦粉を例にすると
分かりやすいのですが、

より食べやすく美味しくするために

加工のステップ、
精製を繰り返した食品です。

どんな食べ物でも
精製するほどミネラルが失われ、

失われたミネラルは

現代人の健康ダイエットに
必要な栄養素なのです。

ミネラルと言うのは、
無機質な微量元素の事で、

人間の重要な土台となる骨や筋肉、

良く噛むための歯を作ったり、
細胞膜を形成したり、
体液の浸透圧を正常に保ったり、

人間の体の機能を健康に保つのに
必要不可欠な存在ですが、

体内で合成する事は出来ません。

そのため食物から摂取する
必要があるのです。

ミネラルが豊富な食材を使った
食べ物を食べるほど、

満足感を得れて食べ過ぎも
避ける事が出来ます。

しかしミネラルが不足すると
満足感を得れないので、

脳がもっと食べたいと
言うシグナルを送るのです。

しかし、ご存知のように

チェーン店、
ファーストフードの食事は

糖分、脂肪分が満載です。

脳が満足しないまま
糖分、脂肪分を余計に欲するようになり、

肥満への道はさらに
加速してしまうのです。

ファーストフードとダイエット業界の裏側

つまり、チェーン店や、
ファーストフード店で
提供される様な食べ物は、

食べると確実に太るようなものが、
含まれています。

同じハンバーガーとフライドポテトでも、

有機の食材で添加物なしで作れば、
食べても痩せることは可能です。

こうしたものであれば食べても
全く問題ありませんが、

やはり手作りの場合、作り置き
など出来ないわけで面倒です。

こうしたことを回避する為に、

チェーン店レストランの恐ろしい点は、
悪くなって腐らないよう加工している点です。

会社の利益拡大のため、

ファーストフードは、
極力安いコストで作られます。

また、味を特殊にして、
一度食べるとまた食べたくなるように
化学添加物が添加されています。

こういう店で食事をするほど、
余計に食欲が出るのです。

この手の店は、いうなれば
麻薬売人のようなもので、

中毒性のあるものです。

お客さんは何度食べても満足せず、
中毒になってまた来てくれる、

これが食品業界のかなしい現実です。

ビジネスマンとしては立派ですが、

健康から見ればその目的は
弊害しかない物なのです。

本気で健康的なダイエットに
成功したいのであれば、

チェーン店、ファーストフードは
できるだけ避ける事、

これを覚えておいてほしいと思います。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。