unnamed

グレープフルーツなど脂肪燃焼酵素リパーゼを含む食材を食べる


今回のテーマは、

グレープフルーツなど脂肪燃焼酵素
リパーゼを含む食材を食べる

について紹介します。

酵素(エンザイム)と言うのは
呼吸や代謝、食物の消化吸収、

血液循環、運動など

全ての生命活動に関わる
生きるために欠かせない栄養素で、

体内にある「潜在酵素」と
食事によって取り込まれる
「食物酵素」の二つに大きく分かれます。

ここで一言で「酵素」と言っても
たくさんの種類があるのです。

やせるためには、代謝酵素を
しっかりと働ける環境を作る事が大切で

特に脂肪燃焼酵素は非常に効果的です。

特に食物酵素というのは熱に弱い為
加熱調理してしまうとその効果の
恩恵を受けることが出来ません。

ところが生で食べるフルーツというのは
その恩恵を最大限に預かることができるのです。

こうした前提を踏まえ、

前回までダイエットに効果的な
ステップをいくつか紹介していますが、

これから紹介するダイエットの
テクニックにも非常に効果的なものです。

出来ることからトライしてみてください。

脂肪燃焼酵素は特に効果的

酵素、エンザイムの中でも
リパーゼと言う酵素は

脂肪燃焼酵素と呼ばれていて、

名前のとおり脂肪を消化する
役目を持ちます。

脂肪を分解し、筋肉のエネルギー源となる
脂肪酸やグリセロートを作る酵素で

溜まった内臓脂肪や皮下組織を
減少させる働きを持つ。

こんなダイエットを志す人にとって
魔法のような酵素ですが、

体内では基本的に膵液から分泌します。

リパーゼを外から補えば、
脂肪の分解を助け、

胃腸、肝臓、すい臓などの
臓器の負担を軽減してくれます。

消化への負担が減れば減るほど
代謝機能を高めることができるのですから、

ダイエットもスムーズに進みます。

なので食物酵素の形として
リパーゼを多く含む食材をとる事でも、
効果を発揮するのです。

キュウリ、セロリ、ニンジン、パプリカ、
大根、ピーマン、トマト、イチゴ、
グレープフルーツ、スイカ、オレンジなどが

脂肪燃焼酵素を多く含む食材です。

またすい臓が炎症を起こす膵炎などに
かかったりすい臓の働きが弱くなると

リパーゼは正常に分泌されなくなります。

ダイエットのためにも
健康のためにも

すい臓に気を使う事は大切です。

特にすい臓というのは他の臓器より
一度傷ついたら回復が困難です。

インシュリンや血糖値を安定させる
役割を持つ、

糖尿病を予防する為にも
非常に大切なことです。

しっかりとすい臓を守ってあげましょう。

脂肪燃焼酵素を含む食材を食べよう

中でもグレープフルーツと
リンゴは脂肪燃焼酵素を含む
食材として特にオススメです。

有機グレープフルーツ、有機リンゴを
一日にいつでもいから食べたり、

ジュースにしたりして摂取すれば
脂肪がどんどん燃焼されるでしょう。

グレープフルーツダイエットと言うのが
以前のアメリカで流行ったのですが、

どうやらグレープフルーツと言うのは、

本当に脂肪を燃やす
酵素が含まれているそうです。

一日のいつでも良いので、

好きなだけグレープフルーツを食べると、
脂肪燃焼にスピードは上がります。

他にもビタミンCが豊富で、
クエン酸がたっぷり含まれていて、

疲労回復効果だけでなく、

高血圧や動脈硬化の予防
などに効果的です。

酸味がきつい場合は蜂蜜などで
甘みを付けても良いでしょう。

もちろん有機グレープフルーツの方が
望ましいのは言うまでもありません。

男性にとってはホルモンバランスを
乱す成分も含まれているそうなので、

食べ過ぎには注意したほうが
良いかもしれません。

そしてリンゴも素晴らしいです。

一日一個のリンゴは医者を遠ざける

そうアメリカでは言うのですが、

リンゴには食物繊維と
栄養がぎっしり詰まっていて、
血糖値を制消化し、食欲を抑えます。

最低でも一個のリンゴを
毎日食べることで、

効果的なダイエットのスピードは
あがって行きます。

ココナッツオイルの脂肪燃焼効果

100%有機で未精製の

エクストラヴァージン
ココナッツオイルを摂る。

というのもダイエットにとって
ぜひお勧めした違法法です。

良質なココナッツオイルを摂る事は、
健康面でも、ダイエットの面でも効果的です。

ココナッツオイルの成分である
中鎖脂肪酸は
 
吸収、代謝のスピードが早く
身体に脂肪を貯めにくい性質があり、

さらにその上中鎖脂肪酸は消化に伴い、

体内肪酸の燃焼を助け体脂肪の減少を
促してくれる作用まであります。

カロリーの高い脂肪ですが
体に有益な機能を果たす脂肪です。

最近では日本でもスーパーなどで
普通に売られているのも見かけます。

是非取り入れたい食材ですね。

他にも身近な食品では

味噌や納豆発酵バターなど
発酵商品にも

脂肪燃焼酵素である
リパーゼが多く含まれています。

脂肪だけでなく、

でんぷんを分解する酵素
アミラーゼ、

タンパク質を分解する酵素
など幅広い種類と役割があります。

基本的に生の食品には
身体に嬉しい食物酵素が

たくさん含まれているのですが、

体内で消化を助ける働きが基本で、
それが種類によって分解する
栄養素が違うのです。

やはりダイエット、アンチエイジング
を志す上で気になるのはお腹周りの脂肪、、

脂肪燃焼酵素が含まれる
これらの食材をうまく使いこなしてください。

unnamed
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もおススメ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。